• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

子どもへの指示出しは、命令?依頼?促し?

2019/4/17

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

先生と生徒のクイズ大会的なイメージイラスト
イラスト/熊アート

子どもたちを立たせるときの号令は?

教室で座席に座っている子どもたちを立たせる際に、どのような言葉をかけますか。

  1. 「立ちなさい」
  2. 「立ってください」
  3. 「立ちましょう」

その場面によって異なることは当然ですが、教師としてそれぞれの言葉を意図的に使い分けているかどうかということが大切になります。

若い先生方に多く見られるのは、
「2.立ってください」という言葉であるように感じます。しかし、本当にそれでよいのでしょうか。 

例えば、「1.立ちなさい」は行動を指示し、『命じる』場合に使います。

「2.立ってください」は、行動のお願いをし、『依頼する』場合に使います。

「3.立ちましょう」は、強い指示ではなく、本人が行動するように『促す』場合に使います。

したがって、一般的には、「3.立ちましょう」と言葉をかけることがよいのです。

号令のかけ方と教師の立ち位置

体育等で子どもたちに指示する際に、「前へ、ならえ」という号令をかけます。

この言葉は、本来、二つに分かれています。「前へ」が心の準備をするための『予令』であり、「ならえ」が行動を命じる『動令』となります。したがって、二つの言葉の間には、時間的な間がなければならないことになります。

また、教師の立ち位置は、とても重要です。

体育のマット運動等で子どもたちの活動を教師がグループごとに見る際には、できる限り子どもたちに背中を見せず、全体が見える位置に立ちながら移動できるように配慮することが大切です。

授業が一問一答になってないか

一つの発問に対して、教師の求める答えが出るまで、子どもを指名し続けたり、一人の子どもが正解したら、次の質問に移るような一問一答の発問になっていませんか? このような問答のやりとりでは、子どもたちが「学び合い、高め合い、認め合う」学習にはなりえません。

ここで問題です。

(問)
一問一答でない授業の進め方には、どのようなものがあるのでしょうか。

教師が発問した後、正解が出るとすぐに次の発問に移ってしまうような場合に、一問一答の授業展開となるケースが多くみられます。

仮に、最初の子どもの発言で正解が出たとしても、その発言に対して、答えを導く際の考え方や手順、手法等について関連する意見を他の子どもたちから引き出すことが教師の役割です。

いわゆる子ども同士の「関連発言」を重視していくことが一問一答からの脱却の基盤となります。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

関連する記事

クラス記事一覧

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

気になる子をセンスよく支援 トラブル対処編

日頃から教室で不適切な行動や事件が起こらないように気を付けていても、実際はトラブルが起こることもあります。今回は、トラブル対処法のヒントを解説します。正しい知識…

9月の「荒れない」学級づくり ~ケース別対応策~

夏休み明けは、生活リズムや学習習慣が崩れ、クラスが荒れやすいと言われます。ここでクラスをしっかり整えておくために、この時期にありがちな不安について、ケース別に対…

もっと見る