• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

保護者と信頼関係をつくる第一歩! 家庭訪問を成功させるポイント

2019/4/16

通学路を確認したり、各家庭の雰囲気を知ることができる家庭訪問。保護者との信頼関係を築けるような実りあるものにしたいですよね。そのために、準備や話すべき内容などの再確認をしておきましょう!

葵先生、家庭訪問を成功させるポイントってなんですか?
家庭訪問には、①生徒指導上の問題が起こったときに、保護者と話をするために行く。②子どもの家庭生活の様子を把握しに行くために行く。この2種類があるのよ。今回は、②の家庭訪問のポイントを教えるわ。

家庭訪問前にしっかり準備

① 家族構成(両親・兄弟姉妹・同居の祖父母・その他の家族)について、家庭連絡調書をよく読み、頭に入れておきましょう。

② 事前に、各家庭の都合や兄弟関係の訪問日時を調べて、訪問スケジュールを立てましょう。そのとき、子ども一人ひとりの実態を考え、訪問時間枠の取り方を工夫することが大切です。

持ちものは? 緊急時の連絡は?

子どもの家がわかる校区地図、筆記用具、携帯電話(訪問時刻に遅れそうな時は、学校に電話して、次の家に連絡してもらう。携帯電話から直接の連絡は避けた方がよい)。

家庭訪問時の話の内容は?

①「私は、〇〇さんの担任の△△です」

自己紹介を手短に。今回が初対面という保護者もいます。過去に担任していても、改めてきちんと名のりましょう。

②「きれいなお花ですね」

玄関先に、花が生けてあったり、家族の写真などが飾ってあったりすれば、「すてきですね」と声をかけると、その保護者との心の距離がぐっと近づきます。

③「◯◯さんのご家庭での様子は、いかがですか?」

家庭訪問は子どもの学校外の生活の様子を把握することが目的なので、できるだけ、家庭での子どもの様子を、保護者から聞き出すように努めましょう。事前に子どもから聞いたことも参考にして、話を聞き取りましょう。

④「家に帰ってからは、どのような友達と遊んでいますか?」

成長するにつれ、学校外での交友関係が広がっていきます。隣の学級の友達との関係や、塾や習い事などの友達関係についても把握できるように聞いておくことが大切です。

⑤「お話をもっと伺いたいのですが、次の訪問の予定があります。続きは、改めてお時間を取らせていただけますか」

話が長引きそうな時は、相手の気持ちを尊重しながら、次の機会を設けることを伝えましょう。次の訪問の予定があることをきちんと伝え、話を切るようにすることが大切です。

⑥「ではまた、何かありましたら、いつでも学校にご連絡ください」

話の終わりは、「保護者の声をいつでも待っています」という気持ちを伝えましょう。

家庭訪問の後はすぐに資料作成を

保護者から聞いた様々な情報は、今後の指導の重要な資料です。学校に帰ったら、忘れないうちにまとめます。必要に応じて、学年や管理職の先生にも報告するようにしましょう。

文/秋山麗子(神戸松蔭女子学院大学教授)
イラスト/伊原シゲカツ

『小四教育』2017年8月号増刊『4年の学級経営2017年版』より


関連する記事

行事記事一覧

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

スポーツの秋におすすめ! 「運動遊び」でケガを防ぐ!

運動会、マラソン大会など、二学期はスポーツ行事が多い時期。いつも以上に子供のケガに注意したいものです。子供のケガを防ぐためには、まずケガをしにくい身体をつくるこ…

校外学習等ネタコレクション
【校外学習&バスレク等】活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

もっと見る