• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

保護者に信頼してもらえる懇談会にしよう

2019/4/10

大切なわが子を預ける担任について、保護者の方々は興味津々です。担任にとっては、実は参観より懇談会の方が緊張するかもしれませんね。保護者の前でしどろもどろとなる前に、しっかりと準備をしておきましょう。懇談会の流れごとにポイントをまとめました。

懇談会の様子
イラスト/伊原シゲカツ

懇談会の流れ

  1. 担任の自己紹介
  2. 参加保護者の自己紹介
  3. 学級経営の方針
  4. 該当学年の子どもたちの特徴
  5. 子どもたちの様子
  6. 1年間の行事の予定
  7. 保護者の方への協力のお願い
  8. 質疑応答

1 担任の自己紹介

学年便りや学級通信で載せたことも含め、改めて自己紹介をします。自分の好きなことや得意なことを、教師のパワーが伝わるようにはつらつと述べましょう。

大げさに言うことはありませんが、謙遜が過ぎるとネガティブな印象に映る時があります。笑顔とよく通る声で話しましょう。

2 参加保護者の自己紹介

まだ家庭訪問も終えていないと、顔と名前が一致しません。また、保護者同士も、意外に顔見知りではないという方が多くいらっしゃいます。そこで、自分の右隣から順に、というように、名前となにか一言を話してもらいます。

しかし、話をするのが苦手という方も多くいます。そこで、「わが子のいいところ」を言ってもらうというのはどうでしょうか。ぐっと親近感がわいてきます。それもなかなか話せないという方には、テーマを決めたり、名札の裏に書いてある1年間のめあてや目標を読んでもらったりするだけで、子どもの顔が浮かんでくるはずです。

3 学級経営の方針

学級目標をもとに、どのようなクラスにしていきたいのかを話します。

4 該当学年の子どもたちの特徴

該当学年の子供たちの特徴についてまとめたものを話します。

5 学級の子どもたちの様子

進級してからのクラスの様子を伝えます。ただし、落ち着きがない、学習道具の忘れが多いなどのマイナス的なことは言わず、ポジティブな印象を述べましょう。

6 1年間の行事の予定

運動会や作品展、学習発表会、全校遠足など、わかる範囲でお知らせをします。

7 保護者の方への協力のお願い

保護者の方への協力を呼び掛けます。連絡帳のサイン、音読のサイン、学習道具をそろえてもらうこと、忘れ物の声掛け、家庭学習の環境と時間の確保、登校時間のこと…など、お願いしたいことはきりがありません。

懇談会に残って参加してくださる保護者は、子どもに対する意識が高い方が多いですが、改めて、子どもたちのために、担任と保護者が協力し合えるように心をこめてお願いしましょう。

立て札
イラスト/伊原シゲカツ

〔便利グッズ紹介〕
子どもが名前と1年間のめあてなどを書き込んだ立て札を、懇談会で利用します。
学級会の時間にも使えて、とても便利ですよ!

『小四教育技術』2017年8月号増刊 『4年の学級経営2017年版』より

関連する記事

行事記事一覧

4年3組学級経営物語(16)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。 「豊かな学び」には、学習環境の豊かさ、高い知的好奇心が必要。それを実現できる「…

音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア
音楽が苦手な先生のための音楽会の実践アイディア

音楽が専科でなくて苦手な先生や、ピアノが上手に弾けない先生も心配いりません。日常の授業を使ってできそうな音楽会のネタと練習のコツについて、畠山先生からアイディア…

こんな学芸会は嫌だ!&理想の遠足【保護者アンケート】

学習発表会が11月に予定されている学校も多いことでしょう。また気候が安定しているので、校外学習に適した時期でもあります。そこで今回は、学芸会と遠足はこうあるべき…

音楽会まで短い練習時間!ここをおさえればOK

音楽会に向けて、体育館での練習が始まる時期です。教師の気持ちだけが空回りすることのないように、全員で楽しみながら本番を迎えたいものです。では、短い練習時間でどの…

ミニミニ劇の力!~楽しく学び、達成感を味わう~

ミニミニ劇は、歌に合わせて言葉を言ったり、体を動かしたり、五感を通して物語の世界を体感できます。そのため、物語の世界を深く味わうことができます。また、その創作プ…

オリジナル脚本「かにむかし」イメージ
絶対ウケる!学習発表会オリジナル脚本「かにむかし」

昔話のアレンジで、自分たちらしい劇を作ってみましょう。学習発表会などで発表してみましょう。ここでは、「さるかにばなし」をアレンジした多賀先生考案の「かにむかし」…

学習発表会を子供と創る!学芸会の劇指導

芸術の秋です。この時期、学芸会を開く小学校も多いのではないでしょうか。本誌連載「特別活動のすべて」が好評の清水弘美先生が、はじめての学芸会での劇の準備や対策につ…

【セミナー動画】子どもたちが広げる組体操の可能性(埼玉県組体操協会・戸田克)

7月に開催された「全国組体操研究発表会in東京」のセミナーを動画でお届けします。『いまこそ安全!組体操 ~「高さ」から「広がり」へ!新技50~』(小社刊)などの…

スポーツの秋におすすめ! 「運動遊び」でケガを防ぐ!

運動会、マラソン大会など、二学期はスポーツ行事が多い時期。いつも以上に子供のケガに注意したいものです。子供のケガを防ぐためには、まずケガをしにくい身体をつくるこ…

校外学習等ネタコレクション
【校外学習&バスレク等】活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

もっと見る