小2年算数「ひょうとグラフ」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡教育大学附属久留米小学校教諭・廣木伸幸
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、 福岡教育大学教授・清水紀宏

小2年算数「ひょうとグラフ」指導アイデア

本時のねらいと評価規準

[本時1/2]

ねらい
データの分析に関わる数学的活動を通して、身の回りにある数量を分類整理し、簡単な表やグラフを用いて、表したり読み取ったりすることができる。

評価規準
データを整理する観点に着目し、表やグラフに表す方法を考えたり、表やグラフを読み取ったりしている。[数学的な考え方]

問題場面

2年1組のお楽しみ会での遊びたい場所と遊びのアンケート結果の一覧

お楽しみ会で遊びたい場所と遊びのアンケートの結果は、こうなりました。

大なわとびが多いです。

ドッジボールのほうが多くないですか? わかりにくいです…。

そうですね。このままでは、遊びたい遊びとその人数がわかりにくいですね。

わかりやすく表せないでしょうか。

本時の学習のねらい

お楽しみ会のアンケートけっかを、わかりやすくあらわすほうほうをしらべよう。

見通し

  • 遊びに目を付ける。
  • 同じ遊びを数える。
  • グラフに表す。

一年生のときにはどうやって表したでしょうか。

それぞれ、遊びがいくつあるか数えました。

同じ大きさの絵カードを、隙間なく並べました。

なるほど。今日はカードがないので、数を数えてグラフに〇を書いていきましょう。

自己解決の様子

A:つまずいている子

遊ぶ場所と遊びを混同して項目にしているグラフ

B:素朴に解いている子

アンケート結果を遊びごとに希望者をまとめたグラフ

C:ねらい通り解いている子

アンケート結果を遊びごとに希望者数を正しく表とグラフにまとめた図

学び合いの計画

Aの子どもに対しては、「遊び」を調べるという目的を再確認します。Bの子どもに対しては、自力解決の時間が残っていれば、表でまとめている子どもにはグラフを、グラフでまとめている子どもには表でまとめるよう促し、それぞれの特徴やよさを考えさせましょう。Cの子どもに対しては、それぞれの表現の特徴やよさを考えさせましょう。

ノート例

ノート例
クリックすると別ウィンドウで開きます

どのように表しましたか。

私は、表にしました。大なわが10人で、一番多いことがわかりました。

ぼくは、グラフにしました。クイズ大会が、一番少ないことがわかりました 。

表やグラフに表すと、どんなよさがありますか。

表に表すと、それぞれ何人いるのかが、すぐにわかります。

グラフに表すと、多いものや少ないものが、一目でわかります。

本時のまとめ

しらべたいことをえらび、ひょうやグラフにあわらすとよい。

評価問題

お楽しみ会で遊びたい場所と、その人数をわかりやすく表そう。
うんどうじょうとドッジボールのうち「うんどうじょう」に丸がついた図

期待する解答例

場所ごとに希望者数がまとめられた表
  • 体育館が一番多い。
  • 運動場と教室で遊びたい人数が同じ。
場所ごとに希望者がまとめられたグラフ

評価規準の達成

遊びたい場所に着目し、簡単な表やグラフに表したり、表やグラフを読み取ったりすることができる。

感想例

  • 表に表すと、それぞれの数が、いくつかがすぐにわかるので便利です。
  • グラフに表すと、数の大小が一目でわかるから、係活動でも使いたいと思います。

イラスト/コダシマアコ 横井智美

『教育技術 小一小二』2019年4月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号