小4社会「水はどこから」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県公立小学校主幹教諭・小髙正治
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

小4社会「水はどこから」指導アイデア
写真AC

目標

供給の仕組みや経路、県内外の人々の協力などに着目して、見学・調査したり地図などの資料で調べたりしてまとめ、それらの事業が果たす役割を考え、飲料水を供給する事業は、安全で安定的に供給できるよう進められていることや、地域の人々の健康な生活の維持と向上に役立っていることを理解するとともに、学習したことを基に、節水するために自分たちにできることを考えようとする態度を養う。

学習の流れ(10時間扱い)

問題をつくる(2時間)

○ 1日にたくさんの水を使っていることや、水の経路に視点を当てることにより学習問題をつくる。

<学習問題>
わたしたちが毎日使っている水は、どこでどのようにしてつくられ、送られてくるのだろうか。

下矢印

追究する(6時間)

○ 浄水場の水は、どこから来ているのか調べる。
○ 浄水場では、どのようにして、水をきれいにしているのか調べる。
○ 水道局で働く人々の仕事を調べる。
○ ダムや森林の働きについて調べる。

下矢印

まとめる・生かす(2時間)

○ 水がどのようにして送られてくるのかを整理し、学習問題に対する自分の考えをまとめる。
○ 学習したことを基に、節水に向けて、自分たちに協力できることを考える。

導入の工夫

「2Lペットボトル150本の実物」「校内の水の経路の調査」「学校の水道メーター表」などを使い、供給の仕組みや経路などに着目して問いを見出すことができるようにします。

第1時:家庭での水の使い方を事前に調べ、1日に1人当たりどれくらいの量を使用しているのかを知る。

<水の使い方>

家庭では・・・
・飲む ・食事 ・風呂 ・トイレ ・洗濯

家庭以外では・・・
・工場 ・農業 ・プール

1日に1人当たりどれくらいの量を使用しているのでしょう?

2Lペットボトル150本の実物画像
※2Lペットボトル150本の実物(子供・職員などに呼びかけて集めておく)

こんなにたくさん使っているんだね!

第2時:水の流れに視点を当て、学習問題へつなげる。

学校では、1日にどれくらいの量を使用しているのでしょう?

校内2か所の水道メーター表
※水道メーター表(2か所)

2ヶ月で、683㎥だから、1日で約11㎥。

1㎥ は1000Lなので2Lペットボトル5,500本分です。
学校内の水の流れを見てみましょう。

学校内の水の流れ

考えたこと・疑問に思ったことはありませんか。

・水はどこから来るんだろう。
・とってもたくさんの水を使っている。
・どこできれいにしているのだろう。
・なくならないのかな。

学習問題
わたしたちが毎日使っている水は、どこでどのようにしてつくられ、送られてくるのだろうか。

問題をつくる(1・2/10時間)

水は生活に欠かせないものであり、1日にたくさんの水を使っていることや水の流れに視点を当てることにより考えたこと、疑問に思ったことを話し合い、学習問題をつくります。

生かす(10/10時間)

学習したことを基に、節水に向けて、自分たちが協力できることなどを考えたり、選択・判断したりし、資源の有効利用について関心を高めます。

選択・判断の工夫

節水に向けての取組をグループで話し合い、分類・整理しまとめ、地域社会の一員として、できる取組を選択することで、節水について関心を高めます。

渇水を伝える新聞記事(平成13年)
渇水を伝える新聞記事(平成13年)

今までの学習で、水は限りある資源であることを学びましたね。雨が降らなければ、新聞のように水不足になるときもあります。皆さんもこの県に住んでいる一人として、どうすればいいですか。

大切に使うことが大事。無駄遣いをしない。

節水が大事。歯磨きのとき、水を止めてやっているよ。

<市の取組例>

雨水をためてトイレの水に利用している総合体育館
総合体育館 雨水をためてトイレの水に利用している。

<家の取組例>

・水をためて食器洗いをしている。
・お風呂の残り湯で洗濯をしている。
・歯磨ぎのときに水をためる。
・車を洗うとき、バケツにためた水で洗う。
・手を洗うとき、水をこまめに止める。
・バケツに水を入れて雑巾を洗う。 など

ワークシートの例

ワークシート例

まず、個人で節水について家庭での取組を付箋に書き出します。自分で何もしていない場合は、おうちの人の様子を想起させます。それから、グループになり、それぞれの取組を出し合い、分類・整理します。その後、学級全体で取組を共有し、たくさんの取組があることに気付かせます。最後に、学習したことを基に、県に住んでいる一人として(地域社会の一員として)、できそうな取組を決め、自分の考えを書きます。

単元づくりのポイント

問題をつくる段階では、実際に大量の水を1日に消費していることを実物資料などを使い、捉えられるようにします。そして、学校内の水の流れを調べ、学校外に目を向けるようにします。

生かす段階では、節水に向けて、地域社会の一員として、自分たちが協力できることなどを考えたり、選択・判断したりし、資源の有効利用に関心を高めるよう配慮することが大切です。市立体育館など地域で節水に取り組んでいること、友達の家でさまざまな節水の取組をしていることを知ることにより、節水に向けて協力できることについて考える時間にしましょう。


イラスト/横井智美、佐藤雅枝

『教育技術 小三小四』2020年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号