• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

保護者クレーム対応に効く!誠実でやわらかい教師のフレーズ13

2019/11/30

保護者からのクレームに対しては、まずその気持ちをよくきき、受けとめることが第一です。かっとして言い返したり、理屈で封じこめようとしてはいけません。よくある保護者の言葉への、誠実でやわらかい対応表現の例をあげてみました。

執筆/長谷川かほる

保護者からのクレームでは

友人同士のけんか、学習についてのクレームなど、ケース別の保護者対応についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も必見!→保護者の怒りを鎮火させるプロ教師のクレーム対応11選

保護者からのクレーム対応例あれこれ

「何度もお電話しているんですよ。」

→お電話いただいたのに、主張や会議などでなかなかタイミングが合わなかったようで、本当にもうしわけありませんでした。


「お忙しいでしょうが、もっとゆっくり、話をきいてください。」

→そんなふうに思わせてしまって、本当にもうしわけありません。今度お時間をつくっていただいて、ゆっくりお話しましょう。お母さんのご都合のよい日を教えてください。


「前の担任のA先生のときは、こんなことはなかったわ。」

→A先生はベテランの先生でしたから。私も、まだまだ未熟ではありますが、よいクラスにしていこうという気持ちは、誰にも負けないつもりです。ご一緒に最善の解決策を考えていきたいと思います。


「去年までとやり方が違う。おかしいじゃないですか。」

→子どもたちのようすも、昨年とは少し違ってきています。子どもたちの発達段階や成長のようすをみながら、実態に合ったやり方をしているつもりですが、どのようなやり方がよいとお考えでしょうか。ご意見をいただければと思います。


「ほかのお母さん方も、みんなそう言ってます。」

→お母さんお一人おひとりに私の考えをお伝えし、個別に対応させていただきます。今後のこともございますから、よろしかったらみなさんのお名前を教えていただけますか。


「どうして、すぐに改善してくれないんですか。」

→段階をふみながら、よりよい改善策を考えておりますので、少しお時間をいただけたらと思います。


「あなたじゃらちがあきません。教育委員会に電話します。」

→解決するために力を合わせなければならないのは、親御さんと私です。よりよい解決策を探すために、もっと話し合いましょう。


「校長先生はいないんですか。学校としての見解を知りたい。」

→わかりました。必ず校長に伝えます。校長は本日不在ですので、あらためてそちらのご都合をおききして、校長より説明させていただきます。


「うちの子の気持ちを、先生はわかってくれない。」

→私としては、B子ちゃんの気持ちに寄り添い、共感的に受けとめるようつとめているつもりでいましたが、B子ちゃんがもしそのように感じてしまったのなら、担任としてまだまだがんばらなければいけませんね。

保護者からのクレーム

「不安なので、私が毎日学校へ参観に行ってもいいですか。」

→お母さんのお気持ちはよくわかります。C男さんにとってそれが最善の方法か、もう少し様子を見てみましょう。もしかしたらC男さんにとって、大きく成長する絶好のチャンスかもしれません。少しお時間をください。


「うちの子には、特別に配慮してほしいんです。」

→親御さんは、みなさん「わが子は特別に」と思っていらっしゃるかもしれませんね。でも、一人だけ特別ということになると、ほかの子どもに不公平感をもたせてしまうかもしれません。D子さんにとっても、それはあまりよいことではないと思います。どうぞご理解ください。


「なぜうちの子ばかり、いろいろな仕事を担当させられるのですか。」

→そんなつもりはなかったのですが、E男さんはとても責任感があって、しっかりしているので、どうしても信頼して頼んでしまったのかもしれません。でも、クラスのみんなのために仕事をしてくれるE男さんは、本当にすばらしいです。


「私から、(うちの子にけがをさせた)Fくんの家に連絡します。電話番号を教えてください。」

→Fくんのおうちには私から連絡いたします。もしFくんの親御さんが、そちらにご連絡したいとおっしゃったら、おたくの電話番号をお教えしてもよろしいですか。


イラスト/須藤裕子

教育技術MOOK『COMPACT 64 保護者対応12か月』より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

クラス記事一覧

折り紙で教室を華やかに【1月編】お正月
折り紙で教室を飾ろう|お正月飾りと鏡もちの簡単な折り方

折り紙は、子どもたちが幼少期から親しんできたものです。友達と協力して完成する大作は、教室に飾ることで、華やかな雰囲気になり、教室の一体感も感じられるでしょう。何…

子どもの自己肯定感を引き出す「評価カード」ちょっとしたコツ

評価活動を進めていく時、まずは多様な評価資料を収集することが求められます。大別すると「教師による評価」と自己評価や相互評価カードなどを活用した「子どもによる評価…

子ども同士がつながるアクティビティ
学校のお楽しみ会で「子ども同士をつなぐ」手軽なゲーム2種

異学年との交流や、お楽しみ会など、子どもたちが同調して楽しめます。準備物も不要で、どこでもできる、子ども同士がよりつながるゲームを2つ紹介します。

小学校の年末お楽しみ会を盛り上げる!楽しいゲーム5選

絶対盛り上がるお楽しみ会のアイディアを紹介します。一年生にとって二学期は、初めての行事をたくさん経験し、集団生活にも慣れてきた頃かと思います。残り三学期を楽しく…

小学校お楽しみ会演出の3ステップ

子どもたちが夢中になるお楽しみ会。そこでの学びを充実させるためには、事前の「自治的な計画」、当日の「楽しい演出」、事後の「主体的・対話的な振り返り」が必要です。…

2019/12/7

通知表わたしの成功談&失敗談

担任の誰しもが、自分の学級の子供たちの成長を願いながら作成する、学期末の通知表。この方法がオススメ! というテクや、受けとった子供や保護者を落ち込ませてしまった…

疑問も解決!盤石の小一二学期通知表記入例
通知表所見クレームゼロの法則

残業ゼロ、しかも保護者からのクレームもゼロになる通知表所見を書くコツを伝授!現代の教師が身を守るための「誰にどう読まれても誤解されない」「次学期への意欲につなが…

保護者面談で信頼を得る8つのポイント

「保護者と何を話せばいいのかわからない」、「会話が続かず気まずい雰囲気が流れる」など、保護者面談に苦手意識を持つ先生も多いのではないでしょうか。ベテラン教師も昔…

保護者クレーム対応に効く!誠実でやわらかい教師のフレーズ13

保護者からのクレームに対しては、まずその気持ちをよくきき、受けとめることが第一です。かっとして言い返したり、理屈で封じこめようとしてはいけません。よくある保護者…

2019/11/30

小学校保護者クレーム11選:正しい対応をこまやかに解説

小学校教師を悩ませる保護者からのクレーム。対応を間違えると些細な言葉が火種となって炎上し、精神的にも時間的にも圧迫することになりかねません。これまであらゆる修羅…

もっと見る