• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

子どものケンカ!クレームを「相談」に変える解決法とは!?「保護者あるある」

2019/10/12

保護者とのパイプをしっかり築けていれば、トラブルは「クレーム」ではなく、「相談」になります。ここでは、「子供同士のケンカ」のシーンを例に、保護者対応の取り組み方とポイントを紹介します。

執筆/東京都小平市立鈴木小学校校長・井口修

1 電話をかける前に確認

先生からきた電話に焦る保護者

先生・学校側の対応
電話をかける前に、その子の近況報告をする(よいところをほめる)ために、最近のがんばりを思い返したり、メモや覚書などを確認したりする。

保護者の気持ち
また、叱られたり嫌みを言われたりするんだろうな…。もう、どうしたらいいのか、分からない…。保護者は気持ちが落ち込んでいる状態。

2 和やかな会話の流れをつくる

先生からの電話の内容が苦情ではないので保護者は驚き

先生・学校側の対応
いきなりトラブルについて話すのではなく、まずはよいところ、成長している点などを話して、和やかな会話の流れをつくる。肯定的な話なので、先生も話をしやすいし、保護者も話を聞きやすくなる。

保護者の気持ち
「苦情の電話じゃないの⁉」とビックリ。

3 「一緒に考えたい」と提案

悪かった点を冷静に保護者に伝える

先生・学校側の対応
悪かった点について冷静に伝え、「今後、どう指導していくか一緒に考えたい」と提案。

保護者の気持ち
うちの子、「ダメでどうしようもない子」じゃないのね。よいところを分かってくれているから、悪かった部分は素直に受け止められそう…。

4 時間に余裕も生まれる

先生の対応が信頼できるものだと話す保護者

先生・学校側の対応
保護者の間で「信頼できる先生」という評判になり、先生と保護者全体との関係が良好ムードに。学級経営がよりスムーズになり、トラブル解決のために割いていた時間を授業の準備や教材研究に充てられるなどのメリットにもつながる。

保護者の気持ち
「うちのクラスの先生はいい先生、信頼できる先生」と気持ちが明るくなる。

日々の「よいところさがし」を大切に!

やんちゃで、ケンカなど友達同士のトラブルが多い子の保護者は、周囲から苦情を言われたり叱られたりすることが多く、保護者自身がまいっていたりピリピリしていたりしていることも多いようです。

すると、子どもを叱りすぎたり、「うちの子は、乱暴でダメな子」と思い込んだりして、さらに子どもを追い詰めるような負の連鎖に陥る心配もあります。

そういう場合こそ、子供のよいところを事前に伝えることが大切です。誰だってほめられたり、認められたりすると、うれしいもの。ですから、若い先生は、クラスの子供たち一人ひとりについて、10個以上よいところや最近のがんばりを挙げられるようにしておきましょう。うれしい話の電話をこまめにしておけば、トラブル時に、電話をかけるのも嫌ではなくなります。

ちなみに、「よいところさがし」をする際は、「泣いている友達をなぐさめてくれた」「最近、字をていねいに書くようになった」など、小さな変化や成長でよいのです。それを見逃さず、座席表や週案簿などにすぐにメモしておくのがポイントです。

構成・文/ひだいますみ、イラスト/新崎三幸

『教育技術小三小四』2019年10月号より

関連する記事

クラス記事一覧

提出物チェック術
子どもの提出物チェック&コメント術

学習ノート、日記、ワークシート、連絡帳等々・・・。毎日の提出物を迅速かつ的確にチェック、コメントすることは、子どもたちを伸ばす上で大切な仕事です。とは言え、大き…

いじめ・仲間はずれの解決は学校チームで!「保護者あるある」

日頃から相手に共感し、信頼関係を築こうとしているか? それが保護者対応の際、トラブルに発展してしまうかどうかの分かれ道。今回は、「いじめにあっている」と訴えがあ…

子どものケンカ!クレームを「相談」に変える解決法とは!?「保護者あるある」

保護者とのパイプをしっかり築けていれば、トラブルは「クレーム」ではなく、「相談」になります。ここでは、「子供同士のケンカ」のシーンを例に、保護者対応の取り組み方…

【思春期のからだ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちへの性教育はとても大切。高学年の担任は、気持ちのコントロー…

【思春期のこころ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちのメンタルヘルスはとても大切。高学年の担任は、気持ちのコン…

4年3組学級経営物語(14)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。「魔の10月」に戸惑い、悩みながらも、全力で立ち向かう若手教師たち。よりよい学級…

学期ごとの集会活動例
《二学期の学級経営》絆が深まる集会活動~魔の10月を吹き飛ばそう~

二学期は、「集団の中の自分」という意識を高めたい学期です。集団力を高めるとともに、一人ひとりを大切にした集会活動に取り組むことで、学級のさらなるパワーアップをめ…

支援・環境調整
気になる子をセンスよく支援 学級の雰囲気づくり編

そろそろ大きな行事が終わり学校全体で動くことが減り、学級単体での「力」がはっきり示されるようになってきます。今回は、学級の雰囲気づくりについて解説します。正しい…

10月の落とし穴イメージ
10月の落とし穴~「荒れ」「学級崩壊」を防ぐ学級経営のターニングポイント

学級の「荒れ」や「崩壊」が最も起こりやすいのは、10月といわれています。ここで教師自らを振り返り、子どもたちの言動に注意を払い、小さな変化も見逃さない策を打つこ…

学習ゲームイメージ
クラス作りに!少しの時間でできる楽しい学習ゲーム

授業中や学活などで、5分ほどでできる学習遊び、学級レクをご紹介します。ゲームを通じて仲間意識を持ったり、学級がひとつにまとまる効果も期待できます。また、集中力が…

もっと見る