• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

子どものケンカ!クレームを「相談」に変える解決法とは!?「保護者あるある」

2019/10/12

保護者とのパイプをしっかり築けていれば、トラブルは「クレーム」ではなく、「相談」になります。ここでは、「子供同士のケンカ」のシーンを例に、保護者対応の取り組み方とポイントを紹介します。

執筆/東京都小平市立鈴木小学校校長・井口修

1 電話をかける前に確認

先生からきた電話に焦る保護者

先生・学校側の対応
電話をかける前に、その子の近況報告をする(よいところをほめる)ために、最近のがんばりを思い返したり、メモや覚書などを確認したりする。

保護者の気持ち
また、叱られたり嫌みを言われたりするんだろうな…。もう、どうしたらいいのか、分からない…。保護者は気持ちが落ち込んでいる状態。

2 和やかな会話の流れをつくる

先生からの電話の内容が苦情ではないので保護者は驚き

先生・学校側の対応
いきなりトラブルについて話すのではなく、まずはよいところ、成長している点などを話して、和やかな会話の流れをつくる。肯定的な話なので、先生も話をしやすいし、保護者も話を聞きやすくなる。

保護者の気持ち
「苦情の電話じゃないの⁉」とビックリ。

3 「一緒に考えたい」と提案

悪かった点を冷静に保護者に伝える

先生・学校側の対応
悪かった点について冷静に伝え、「今後、どう指導していくか一緒に考えたい」と提案。

保護者の気持ち
うちの子、「ダメでどうしようもない子」じゃないのね。よいところを分かってくれているから、悪かった部分は素直に受け止められそう…。

4 時間に余裕も生まれる

先生の対応が信頼できるものだと話す保護者

先生・学校側の対応
保護者の間で「信頼できる先生」という評判になり、先生と保護者全体との関係が良好ムードに。学級経営がよりスムーズになり、トラブル解決のために割いていた時間を授業の準備や教材研究に充てられるなどのメリットにもつながる。

保護者の気持ち
「うちのクラスの先生はいい先生、信頼できる先生」と気持ちが明るくなる。

日々の「よいところさがし」を大切に!

やんちゃで、ケンカなど友達同士のトラブルが多い子の保護者は、周囲から苦情を言われたり叱られたりすることが多く、保護者自身がまいっていたりピリピリしていたりしていることも多いようです。

すると、子どもを叱りすぎたり、「うちの子は、乱暴でダメな子」と思い込んだりして、さらに子どもを追い詰めるような負の連鎖に陥る心配もあります。

そういう場合こそ、子供のよいところを事前に伝えることが大切です。誰だってほめられたり、認められたりすると、うれしいもの。ですから、若い先生は、クラスの子供たち一人ひとりについて、10個以上よいところや最近のがんばりを挙げられるようにしておきましょう。うれしい話の電話をこまめにしておけば、トラブル時に、電話をかけるのも嫌ではなくなります。

ちなみに、「よいところさがし」をする際は、「泣いている友達をなぐさめてくれた」「最近、字をていねいに書くようになった」など、小さな変化や成長でよいのです。それを見逃さず、座席表や週案簿などにすぐにメモしておくのがポイントです。

構成・文/ひだいますみ、イラスト/新崎三幸

『教育技術小三小四』2019年10月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

新学習指導要領時代に求められる学級経営力とは?

どんな大規模校も、あるいは小規模校も、学校は一つひとつの学級の集合体として成り立っています。ゆえに、学校をよくするということは、それぞれのクラスの運営状況を向上…

ふりかえりながら”寄せ””詰め”の三学期「学級仕舞い」

一学期の「学級開き」に対して、三学期は「学級仕舞い」。「学級仕舞い」で大切にしたいのは、「もう一歩の成長」のための再確認です。その再確認は、どういうものか。生活…

子どもの悩みを解き去る「教師の心」で立ち向かえ【4年3組学級経営物語23】

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。児童同士で起きたケンカトラブルで、口を閉ざす子どもたち。ケンカの解決には、ケンカ…

最高の学年末を迎えるための話し合いと掲示物のアイディア【3分動画】

2月のこの時期、「なんだが学級経営がうまくいかない」と悩んだり、「もうすぐ学年末なのにトラブルが続いている」と、焦っている先生はいませんか? そこで、本誌でもお…

【ぬまっち流】納得度の高い通知表を作成する
通知表所見は子どもに協力をお願いして納得感を高める【ぬまっち流】

三学期に入り、そろそろ通知表と向き合う時期がやってきました。ユニークな実践で知られるカリスマ教師、「ぬまっち」こと沼田晶弘先生から、子供の本音を加味し時間をかけ…

学年末に向けてやってみたいこと15のアイディア【#三行教育技術】

普段の日常を大切に過ごす? 印象的なイベントを仕掛ける? 立つ鳥跡を濁さずを意識する? 自分の強みで学校に貢献してみる? ♯三行教育技術より、学年末に意識してい…

子どもの評価と保護者の評価のギャップを使った保護者会【ぬまっち流】

子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介。
今回は、自己評価と他者評価のギャップを使った、…

小学生のケンカ仲裁:質問箱に一日平均30件の人気教師の答えとは?

インスタグラムの質問箱には、全国の先生方から一日平均30件の質問が寄せられるという、京都教育大学附属桃山小学校教諭の樋口万太郎先生に、よく聞かれる質問と、その答…

子供を見取るルーティン②~全員を見取る仕掛けと声かけの具体例~
子供を見る目を鍛える|全員を見取る仕掛けと声かけ

「子供たちを『見る』ために、毎日していること」「場面場面で気になる子の見取りとアプローチ」「子供を見る目の鍛え方 若手へのアドバイス」といったテーマで、百戦錬磨…

子どもを思う、やさしい気持ちを取り戻したい時の【♯三行教育技術】

忙しいと、子どもの心を受け止める余裕がなくなってしまうもの。でも、教師の言葉ひとつで、一喜一憂してしまうのが子どもたち。
♯三行教育技術(Twitterで【技…

もっと見る