• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

あなたのクラスの学級目標、大丈夫ですか?

2019/3/25

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

黒板のイメージ
イラスト/熊アート

学級目標は、合い言葉ではありません

ある小学校を訪問した時、次のような学級目標を見て、愕然としたことを思い出します。

『チャーハン、虹色、あんまんクラス』

全く意味がわからないので、担任の先生にどのような意味なのかを聞いてみました。

すると、「チャーハン」は、様々な具材が入っているので一人ひとりの個性を生かすことを表し、「虹色」は、様々な色が光り輝くので、誰もが活躍できることを示し、「あんまん」は、甘くて温かいことから優しさを表しているとのことでした。

確かに、その意味合いからすれば、子どもたち一人ひとりを大切にしたいという思いが詰まっている言葉であることは否めません。しかも、この言葉は学級会で集団決定したということなので、子どもたちはこの言葉に愛着をもっていることと思います。

また、ある中学校では、『One for All, All for One.』(ひとりはみんなのために みんなはひとりのために)との定番の言葉が学級目標とされていました。
どちらも思いは詰まっています。しかし、学級目標と学級の合言葉は違うのです。

学級目標とは、学校教育目標を受けて、知育、徳育、体育の視点で「教師の指導方針・子ども達の理想の学級への思い・保護者の学級への願い」を盛り込んで、学級活動(2)で扱うのが基本となっていることを踏まえたいものです。

児童の個人目標が、単なる壁面飾りになってませんか?

適切な手順で学級目標を設定しても、その実現に向けた個人目標がどのように設定されているかということが学級経営上、とても大切な視点になってきます。

ある小学校の六年生A子さんの個人目標は次のようになっていました。

(知)「算数をがんばる」
(徳)「友達と仲良くする」
(体)「マラソンをがんばる」

六年生になってもこの目標なのかと、寂しい気持ちになりました。また、それを指導せずに平然と掲示している担任の先生の指導力に疑問を抱きました。このような個人目標を立てた場合には、その多くが夏休みまでこのまま教室の飾りとして掲示されているのだと思います。

行動目標としての具体的な目標設定が何よりも大切になります。「算数の計算問題を一日5題ずつ毎日復習する」など、できたかどうかが明確になる目標とし、少なくても一か月ごとに自己評価を行い、目標を再検討していくことが求められるのだと思います。

「楽しくて明るい教室掲示」の弊害とは?

ある小学校三年生の教室に入った時、黒板の上下左右に色とりどりの掲示物が貼られていました。「楽しくて明るい」と言えばそのとおりですが、学習するには何とも落ち着かない教室だと感じました。

ここで質問です。

(問)教室全体の掲示の仕方、色づかいはどのようにすることがよいのでしょうか。

明るい掲示は大切ですが、どこに何を掲示するか、またどのような色合いの掲示にするかという視点をもつことが必要です。黒板の周囲となる教室前面の掲示は、できるだけ少なくすることが基本です。特に通常学級にも数人いるとされる発達障害のある子どもの中には、掲示物で集中を妨げられる子もいます。また、台紙となる色画用紙の色合いについては、学年によっても異なりますが、一般的には落ち着いたグリーンやクリーム、ベージュなどを用いるとよいでしょう。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

関連する記事

クラス記事一覧

サンマをきれいに食べるためPDCAサイクルを回す
サンマをきれいに食べて学ぶこと【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。10月は旬のサンマをキレイ食べ…

2019/9/21

芸名を考えてみる
想像力と創造力を鍛える自由課題★自分の別名を考えてみよう

『自分の別名』なるものを、テストや宿題の氏名欄に書いて出す子に出会ったことはありませんか。テストに違う名前を書くこと自体は確かに問題ですが、その豊かで面白い発想…

2019/9/19

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

もっと見る