• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

あなたのクラスの学級目標、大丈夫ですか?

2019/3/25

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長)

イラスト/熊アート
イラスト/熊アート

学級目標は、合い言葉ではありません

ある小学校を訪問した時、次のような学級目標を見て、愕然としたことを思い出します。

『チャーハン、虹色、あんまんクラス』

全く意味がわからないので、担任の先生にどのような意味なのかを聞いてみました。

すると、「チャーハン」は、様々な具材が入っているので一人ひとりの個性を生かすことを表し、「虹色」は、様々な色が光り輝くので、誰もが活躍できることを示し、「あんまん」は、甘くて温かいことから優しさを表しているとのことでした。

確かに、その意味合いからすれば、子どもたち一人ひとりを大切にしたいという思いが詰まっている言葉であることは否めません。しかも、この言葉は学級会で集団決定したということなので、子どもたちはこの言葉に愛着をもっていることと思います。

また、ある中学校では、『One for All, All for One.』(ひとりはみんなのために みんなはひとりのために)との定番の言葉が学級目標とされていました。
どちらも思いは詰まっています。しかし、学級目標と学級の合言葉は違うのです。

学級目標とは、学校教育目標を受けて、知育、徳育、体育の視点で「教師の指導方針・子ども達の理想の学級への思い・保護者の学級への願い」を盛り込んで、学級活動(2)で扱うのが基本となっていることを踏まえたいものです。

児童の個人目標が、単なる壁面飾りになってませんか?

適切な手順で学級目標を設定しても、その実現に向けた個人目標がどのように設定されているかということが学級経営上、とても大切な視点になってきます。

ある小学校の六年生A子さんの個人目標は次のようになっていました。

(知)「算数をがんばる」
(徳)「友達と仲良くする」
(体)「マラソンをがんばる」

六年生になってもこの目標なのかと、寂しい気持ちになりました。また、それを指導せずに平然と掲示している担任の先生の指導力に疑問を抱きました。このような個人目標を立てた場合には、その多くが夏休みまでこのまま教室の飾りとして掲示されているのだと思います。

行動目標としての具体的な目標設定が何よりも大切になります。「算数の計算問題を一日5題ずつ毎日復習する」など、できたかどうかが明確になる目標とし、少なくても一か月ごとに自己評価を行い、目標を再検討していくことが求められるのだと思います。

「楽しくて明るい教室掲示」の弊害とは?

ある小学校三年生の教室に入った時、黒板の上下左右に色とりどりの掲示物が貼られていました。「楽しくて明るい」と言えばそのとおりですが、学習するには何とも落ち着かない教室だと感じました。

ここで質問です。

(問)教室全体の掲示の仕方、色づかいはどのようにすることがよいのでしょうか。

明るい掲示は大切ですが、どこに何を掲示するか、またどのような色合いの掲示にするかという視点をもつことが必要です。黒板の周囲となる教室前面の掲示は、できるだけ少なくすることが基本です。特に通常学級にも数人いるとされる発達障害のある子どもの中には、掲示物で集中を妨げられる子もいます。また、台紙となる色画用紙の色合いについては、学年によっても異なりますが、一般的には落ち着いたグリーンやクリーム、ベージュなどを用いるとよいでしょう。


『小一~小六教育技術』2014年4月号~2016年2/3月号連載「正襟危座--伝えたい--耳に痛いかもしれないけれど、教室で大切な基礎基本」より

関連する記事

クラス記事一覧

子供たちが学習・生活しやすい環境を整えよう

子供たちが学校生活のなかで、一番多くの時間を過ごす教室。その教室の環境も、子供たちが不安なく落ち着いて生活を送るための大切な条件です。この時期にもう一度、自分の…

2019/7/19

多様な子供の理解と支援~LGBTなどの子の場合~

最近、LGBT、性的マイノリティ、性同一性障害という言葉をよく耳にしませんか? なかなか可視化はしづらいけれど、割合から推測すればクラスの中に1人~2人いるであ…

一人一人の毎日をしっかり見取る! ベテラン教師6つの技

クラスで一番困っている子、苦しんでいる子は、毎日違います。その日、クラスで一番頑張っている子も、毎日違います。毎日、一人一人を見取る努力をし、できるだけ理解して…

2019/7/14

夏休み前の生徒指導は「安全」「健康」「計画」で

いよいよ子供たちが楽しみにしている夏休みが始まります。こんなときこそ生徒指導が大事。長い夏休みをどのように過ごすかで、二学期のスタートがスムーズになるかどうかが…

一学期後半のあるあるトラブル対応術・一年生編

一学期後半に入るこの時期、一年生の学級で起きがちなトラブル例を挙げ、 その対処法についてアドバイスします。【CASE 1】学習中に勝手に水分補給をしている【CA…

一学期後半のあるあるトラブル対応術・二年生編

一学期後半に入るこの時期、二年生の学級で起きがちなトラブル例を挙げ、 その対処法についてアドバイスします。【 CASE 1】外遊びが中止になり、子どもが落ち着か…

通信簿を見る子どものイラスト
1年生 はじめての通知表 子どもと保護者が喜び合えるものにしよう!

「通知表」に初めて出合う子供たち。保護者は、わが子が評価される楽しみと同時に、不安も感じています。「初めて」だからこそ、子供たちに対しても保護者に対しても、通知…

生徒指導
子どもの自立を促す生徒指導とは

一学期も終盤を迎え、学級のルールも浸透してきたころでしょうか。中には、うまくいっているところと、そうでないところもあるでしょう。そこで、子どもたちと一緒に、学級…

夏休み直前! 二学期ステップアップに向け「一学期の振り返り」を

ようやく、一学期が終わろうとしています。4月以来、走り続けた一学期。一定の成果と満足感はあるものの、何もかもうまくいったわけではないことでしょう。この機会に一学…

夏休み前のセルフチェック指導

一学期もいよいよ終盤にさしかかってきましたが、学級の様子はどうでしょうか。日々の指導には、教師の根気と見守る気持ちが必要です。細かいことでも見逃さず、「目配り」…

もっと見る