小2国語「見たこと、かんじたこと」指導アイデア

教材名:「見たこと、かんじたこと」(光村図書 二年下)

指導事項:〔知識及び技能〕(1)オ 〔思考力、判断力、表現力〕B(1)ア
言語活動:(2)ウ

執筆/千葉大学教育学部附属小学校教諭・滝沢祐太
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈、千葉大学教育学部附属小学校副校長・大木圭

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元は、日常のなかで自分が見たことや、感じたことを基に詩を自由につくって、楽しむことをめざす単元です。前単元「ようすをあらわす言葉」で学んださまざまな言葉の表現を生かして、自分なりの詩をつくることが大切です。自分が見たり経験したりして感じたことを言葉にすることができる資質・能力を身に付けていきます。

②言語活動とその特徴

二年生も終盤に差しかかってくると、遠足などの学校行事やふだんの学校生活で楽しかったこと、思い出に残っていることがあるでしょう。そこで本単元では、二年生の思い出をふり返る詩をつくって友達と読み合うという言語活動を設定し、自分なりの言葉や感覚で、自由に詩を創作していくことをねらいます。

二年生の子供は、リズムのある詩や言葉遊びのような詩を楽しみながら読むことができます。しかし、詩を創作する活動は初めてで、どのように書いたらよいかわからず、詩に対して苦手意識をもってしまう子供も少なからずいることでしょう。

そこで、単元のはじめの活動で「詩の穴埋めクイズ」を行います。これは、ある詩の一部分を空欄にして、そこに入る言葉を予想するクイズです。単元が進んだら、クイズを自分でつくって、友達と出し合ってみるとよいでしょう。

この活動を通して、より難しいクイズをつくるために、さまざまな様子を表す言葉や、五感で感じたことを言葉にして詩をつくったり、ゲーム感覚で詩が表している情景を思い浮かべながら詩を読んだりすることができます。

単元の最後には、クラスの詩集をつくって読み合うというゴールを設定します。ゴールを明確にすることで、子供たちは、1回1回の学習を目標に向かって進めていくことができます。その際には、互いに書いた詩を読み合って感想を交流したり、コメントを書いたりすることができるとよいでしょう。

単元の展開(5時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

◎学習の見通しをもつ
・二年生の思い出をふり返り、楽しかったことや思い出に残っていることを基にイメージマップをつくる。
→アイデア1

【学習課題】二年生のおもいでを詩に書こう。

第二次(2・3時)

◎二年生の思い出を詩に書く。
・楽しかったことや思い出を詩に書く。
・詩に書いたことを友達と読み合う。
・クラスのオリジナル詩集を作成する。
→アイデア3

アイデア1 詩の題材となるテーマを発見するためのイメージマップづくり

子供たちは、1年間のなかでさまざまな体験をし、その都度、感情が揺れ動いたり、心惹かれるものがあったりしますが、いざ詩を書こうとすると、なかなか思い出せないことが予想されます。

年度当初に「発見ノート」などをつくって、日々不思議に思ったことや感動したことなどを書き溜めておくとよいでしょう。しかし、年間を通してそういった活動を行っていくことが難しい場合もあります。

そこで、単元の最初の時間に、二年生をふり返って、思い出に残っていることについてイメージマップを作成する活動を取り入れます。連想ゲームのように、取り上げたいテーマや行事について、思い付いた言葉や出来事を書き込んでいくことで、楽しかったことや思い出に残っていることなどについて整理することができます。

▼イメージマップ

イメージマップ

一つのテーマから複数のことを連想させるのが難しい場合は、
・見えたものはあった?
・〇〇を触った感じはどうだった?
など、様子を表す言葉が引き出せるような問いかけができるとよいでしょう。

アイデア2 詩を用いたクイズを出し合って簡単な詩を創作する

せっかく詩に書きたいテーマが見付かっても、どのように詩を書けばよいか分からないと、詩を創作する意欲をなくしてしまうかもしれません。まずは子供たちが、思いのままに詩を書く楽しさを味わえるようにすることが大切です。

そこで、教科書に掲載されている、「オクラ」の詩を用いた穴埋めクイズを行うことで、詩の創作活動に親しめるようにしていきます。まずはこのようなクイズに取り組むことで、オノマトペを用いた詩の楽しさに触れられるようにします。

▼「オクラ」の詩を用いた穴埋めクイズ

「オクラ」の詩を用いた穴埋めクイズ

次に、この詩を書き換えて、簡単な詩をつくり、友達とクイズを出し合います。例えば、みんなで育てている植物や、大切にしているペットなどについて書くように促せるとよいでしょう。クイズを出し合うという活動を行うことで、楽しみながら簡単な詩の創作に挑戦することができます。

また、より難しいクイズを出そうと、さまざまな言葉の表現を使うことも期待できます。ここで多くの言葉を取り上げ、子供たちがいつでも見られるように教室に掲示しておくと、二年生の思い出を詩に書くときの手がかりになるでしょう。

アイデア3 みんなでつくった詩をまとめたオリジナル詩集

二年生の思い出について書いた詩は、クラスの詩集などにまとめて、みんなで読み合えるようにするとよいでしょう。単元のはじめに、「クラスでオリジナル詩集を作成する」という目的意識を子供たちにもたせることで、よりよいものをつくりたいという意欲を高めることができます。

自分が書いた詩の情景を表した挿絵を描いたり、表紙を自分たちでつくったりすることで、さらに楽しく詩集づくりに取り組むことができます。

友達の作品を読んだ後には、付箋に感想を書いて交流するようにしましょう。思いのままに言葉を紡いでいける自由さが詩の面白いところであり魅力の一つです。

自分の詩以外の友達の詩にも目を向けることで、同じようなテーマでもまったく異なる点に注目していたり、異なるテーマでも似たような作品があったりすることに気付き、自分の世界を広げたり深めたりすることができるでしょう。

『教育技術 小一小二』2021年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号