小4社会「まちなみを守り生かす川越市」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県公立小学校教諭・堀祥子
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

目標

蔵造りのまちなみを保護・活用している川越市について、川越市の位置や自然環境、人々の活動や歴史的背景、人々の協力関係などに着目して調べ、その特色を考え、川越市では、人々が協力し、特色あるまちづくりや観光などの産業の発展に努めていることを理解できるようにするとともに、学習問題の解決に向けて意欲的に追究しようとする態度を養う。

学習の流れ(8時間扱い)

問題をつくる(3時間)

○ 埼玉県の歴史ある建物を保護している地域の位置や名称を調べる。 
〇 川越の2枚のまちなみの写真を比較し、読み取ったことを基に学習問題をつくる。

<学習問題>
川越のまちなみは、だれが、どのようにして蔵づくりのまちなみに変えたのでしょうか。

○ 学習問題に対する予想を考え、学習計画について話し合う。

追究する(4時間)

○ 年表から蔵づくりのまちなみになるまでのできごとを調べる。
○ 蔵づくりのまちなみの様子について調べる。
○ 地域の「蔵の会」の会長さんから、まちなみを保存するための取り組みやその思いを調べる。
○ 市のガイドラインや市役所の人の話から、まちなみを守るためのきまりについて調べる。

まとめる(1時間)

○ 学習してきたことを基に、地域の人や市役所の人たちの取り組みについてまとめる。

導入の工夫

同じ位置で撮られた現在と過去の2枚の写真の順序を問い、比較することで、あえて古いまちなみにつくり直したことを考え、学習問題をつくるようにします。 

第1時

埼玉県の特色ある地域の位置や名称を調べます。

第2時

2枚の写真を比べて、どちらが古い写真でしょうか?

同じ位置で撮られた現在と過去の2枚の写真

①は車が走っているわ。電線もあるわね。

②のほうは、人力車が走っているし、建物もさらに昔っぽいね。

どちらが、昔なのかな。

40年ほど前から現在に至るまでどんな変化があったか?

実は、①の写真が今から40年ほど前の写真です。

昔は、看板があったけれど、今はないね。

①と②の間に、何かあったに違いない。

今のほうが蔵や人力車もあって、タイムスリップしている感じだね。

どのようにして、この蔵づくりのまちなみをつくったのかな。

問題をつくる(2/8時間)

蔵造りのまちなみがある川越市一番街の現在と過去の様子を比較し、共通点や相違点について話し合い、問題意識を高めます。

学習問題
川越のまちなみは、だれが、どのようにして蔵づくりのまちなみに変えたのでしょうか。

まとめる(8/8時)

学習してきたことを基に、図にまとめ、伝統的な文化などの地域の資源を保護・活用している川越市の特色をまとめます。

まとめ方の工夫

地域と市役所のつながりを図にまとめ、観光客数の増加のグラフと関連付けることで、蔵造りのまちなみを保護・活用し、観光に生かしていることを考えることができます。 

第8時

過去から現在までの変化にはどんな協力があったか
観光客数の変化グラフ

地域の「蔵の会」の人たち
・自分たちで約束をつくって、蔵づくりのまちなみを守る取り組みを始めた。
・川越まちなみ委員会に参加し、話し合った。

川越市役所の人たち
・まちなみを守るための条例やガイドラインをつくった。
・川越まちなみ委員会に参加し、話し合った。

まとめと、観光客数のグラフを関連付けると、どのようなことが言えますか?

観光客数が増加して、今では、700万人以上となり、1990年から比べると約2倍だね。

川越市は蔵づくりのまちなみを守ることで、観光客数も増え、観光に生かしているんだね。

単元づくりのポイント

ここでは、県内の特色ある地域として、歴史ある建造物やまちなみを市町村などの行政だけでなく、地域・市民の団体や商工会などさまざまな立場の人々が協力してまちづくりに取り組んでいることを捉えられるようにすることが大切です。

また、内容(4)の県内の伝統や文化との違いを意識して単元づくりをしていくことが重要です。


イラスト/横井智美、佐藤雅枝

『教育技術 小三小四』2021年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号