小6国語「自然に学ぶ暮らし」指導アイデア

関連タグ

教材名:「自然に学ぶ暮らし」 光村図書

指導事項:C読むこと ウ、オ
言語活動:イ

執筆/千葉県公立小学校教諭・石井桃子
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈 千葉大学教育学部附属小学校副校長・大木圭

小6国語「自然に学ぶ暮らし」指導アイデアのイメージイラスト

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

子供はこれまでに、説明的文章を読む学習を通して、筆者の考えを読み取る力や、自分の考えを表現する力を付けてきています。本単元では、自分の考えと筆者の考えを比べながら読む力を発揮させることをねらいます。

そこで、本単元では「未来の家の設計図をつくる」という活動を設定します。まず、子供は自分が考える「未来の家の設計図」を、その後、教材文を読んで筆者が考える「未来の家の設計図」をつくります。自分の設計図と筆者の設計図を比較することを通して、考え方の違いを明確にしていきます。

②言語活動とその特徴

本単元では、未来の技術の向上による便利さと環境やエネルギーに関する問題を踏まえ、未来の家を想像して設計図をつくるという活動を行います。

この活動を通して子供は、教材文を読む前に自分の考えを明確にすることができると考えます。また、設計図という形で考えを可視化することで、筆者の考えと比較しやすくなるでしょう。

単元の展開(6時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

①これからの時代の便利さや問題を確認し、自分が考える「未来の家の設計図」とテーマをつくる。
→アイデア1 主体的な学び

②教材文を読んで学習課題を設定し、学習計画を立てる。

【学習課題】自分と筆者の『未来の家の設計図』を比較し、考えの違いを明確にしよう。

第二次(3~6時)

③教材文を読み、筆者が考える「未来の家の設計図」をつくる。
→アイデア2 対話的な学び

④教材文を読み、筆者が考える「未来の家の設計図」のテーマを考える。

⑤自分がつくった「未来の家の設計図」のテーマを筆者のそれと比較し、違いを明確にした上で、自分が考える未来の理想の暮らしを文章で書く。
→アイデア3 深い学び

⑥友達と書いた文章を読み合う。

アイデア1 教材文を読む前に自分の考えをもつ

教材文を読む前に、題材となっている「未来の暮らし方」についての子供一人ひとりの考えを明確にさせます。そうすることで、学習活動に対する主体性をもたせていきます。

教材文を読む前に自分の考えをもつ

しかし、直接的に「未来はどんな暮らし方をしていると思う?」と子供に問いかけても、子供は何と答えればよいのか戸惑ってしまうことでしょう。そこで、「未来の家の設計図」をつくることを子供に提案します。

「未来の家の設計図」をつくらせる際に気を付けたいのは、筆者の考えと条件をそろえるということです。

そのためには、子供が各自で設計図をつくる前に、「リサイクル」や「省エネルギー」の視点を全体で共有すること、実現の可能性が高い家の設計図を描くことをおさえる必要があるでしょう。各自の「未来の家の設計図」ができたら、友達と交流する時間をとります。

わたしが考える「未来の家」には、中に入っている食料の種類や量を計測し、使う電気の量を勝手に調整する『エコ冷蔵庫』があります。

アイデア2 「自然に学ぶ暮らし」を読み「未来の家の設計図」にまとめる

教科書教材「自然に学ぶ暮らし」を読み、筆者が考える「未来の家の設計図」をつくっていきます。そして、最後に、筆者が考える未来の家のテーマ(家づくりで大切にしたいこと)を考えさせます。

この活動を通して、子供は筆者の考えを視覚化して整理することができると考えます。また、家のテーマを考える活動を通して、筆者の未来の暮らしに対する思いを読んでいくことにもなると考えます。

▼筆者が考える未来の家の設計図とテーマ例

筆者が考える未来の家の設計図とテーマ例
クリックすると別ウィンドウで開きます

アイデア3 自分と筆者の「未来の家の設計図」とそのテーマを比較し、自分の考える理想的な未来の社会を文章に書く

自分と筆者の「未来の家の設計図」を比較する活動を行います。特に、テーマを比較させることが重要です。子供のつくった「未来の家の設計図」が便利さを求めたものであればあるほど、筆者との考えの違いが見えてくることでしょう。

自分と筆者の「未来の家の設計図」を比較する活動を行います。

そうして、筆者が単に「自然に優しい暮らし」を求めているのではなく、「不便さの中で自然を楽しむ余裕のある暮らし」や「自然を通じて人とつながる暮らし」の豊かさを求めていることに気付かせていきたいものです。

最後に、見えてきたことを基に、筆者の考えを踏まえた自分の考える、理想的な未来の暮らしを文章に書いてまとめます。

ぼくは、便利な暮らしが理想だと考えていました。しかし、筆者は、不便な中にも自然を感じる余裕のある暮らしを未来に描いています。これからの暮らし方には、このような心の余裕が必要なのかもしれません。

イラスト/畠山きょうこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2020年1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号