究極の自学ノート指導で「学びは楽しい」を子どもに刷り込む

関連タグ

興味を持ったこと、好きなことを調べてノートにまとめる「自学」。このたび発刊された『小学生の究極の自学ノート図鑑』(小学館)が話題になっています。「究極」にこだわった自学ノートとは!? その真意を著者である自学指導の達人「森セン」こと関西学院初等部教諭・森川正樹先生にお話を伺いました。

関西学院初等部教諭・森川正樹先生
関西学院初等部教諭・森川正樹先生

第1回「めざせ、究極!自学ノートコンテスト」では、応募作品を募集しています。締め切りは2020年9月30日。応募の詳細はこちらから ⇒ めざせ、究極! 第1回「自学ノートコンテスト」募集のおしらせ

「学び」を「遊び」に進めていける子供は最強

―コロナ明けに教育の在り方が変わる部分もあるかと思います。自学についてはどうでしょう。

森川 今回、コロナにより自宅学習を余儀なくされました。その際に、「学びを止めない」というスタンスをすぐにとれたのは、「自分の学びのスタイル」をもっていた子たちです。

「自学」は「自分の好きなことを追求してノート見開き2ページにまとめる」という学習スタイルで、「学ぶことは楽しい」という実感を体に刷り込ませていきます。そうすれば、今後再び学びが家庭学習やオンライン中心になったときにも、学びを止めないで生活することができるのです。

「学び」を「遊び」のように進めていける子どもは最強です。

自学ノートの実例
5年生の自学ノートの例

何に対しても「当事者意識」をもつことが大切

―「自学ノート」形式の学習の良い点とは?

森川 子どもたち各々がスキルとして、「学びをまとめるフォーマットをもつ」ということですね。ノートの見開きという制限された範囲の中で、ポイントを絞ってまとめていくスキルは大切です。また、その中に「自分の考え」を書かせるようにするので、常に「事象+自分の考え」という思考になります。それが、あらゆる物事に対して当事者意識をもつ態度を育むのです。

この「当事者意識」こそ、あらゆる学習に対して必要な〈学びのカラダ(構え)〉です。

―「自学」と学校教育はどのように連携するのですか。

森川 「自学ノート」に楽しみながら学びをまとめていける素地が身に付けば、学校で学んだことを自学ノートにまとめていくことができます。「今日の国語のお勉強を自学ノートにまとめなさい」と伝えます。子どもたちは自分なりのまとめ方で、学びを固定させることができます。

「見せるだけ」で具体的なイメージを獲得できる

―森川先生が見てきた自学作品で、印象に残っているものは?

森川 本書の中に掲載されている『2学期最後の今日の授業』という自学を書いた子の、完成して私に見せに来た時の「先生、驚くだろうな…」という表情が忘れられません。他の子もみんなそうです。

20年以上小学校教育の現場で子どもたちと接してきて、実感していることがあります。それは、「実物以上の見本はない」ということです。子どもたちに実物を提示した時は、その後の「動き」が違います。それは、実物を提示したら明確にイメージできるからです。 

本書で「究極」を取り上げたのは、読者である子どもたちの中に「あこがれ」が生じるからです。「見せるだけ」で具体的なイメージを獲得でき、大きなモチベーションを与えることができます。これが本書の一番の特徴です。先生、保護者の方は「楽しんで書いた」「一生懸命書いた」「最後まで書いた」ことを全身でほめてあげてください。

本書を通して、子どもたちが、「学びは楽しい」「学びは遊び」という人生における最大のアドバンテージを手に入れてくれることを願います。

小学生の究極の自学ノート図鑑
著・ 森川正樹
定価: 本体1600円+税/小学館
試し読みはこちら


構成/みんなの教育技術編集部

「教育技術」2020年7/8月号より

★お取り扱いネット書店

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号