• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

想像力と創造力を鍛える自由課題★自分の別名を考えてみよう

2019/9/19

『自分の別名』なるものを、テストや宿題の氏名欄に書いて出す子に出会ったことはありませんか。テストに違う名前を書くこと自体は確かに問題ですが、その豊かで面白い発想を私たちは大切にしたいものです。そこで、自分の別名を考えてみるという課題のアイディアを、神奈川県三浦市教育委員会教育研究所指導主事(所属は当時)の鈴木夏來先生が紹介します。

執筆/神奈川県三浦市教育委員会教育研究所 鈴木夏來

自由課題 自分の別名を考える
写真/浅原孝子

「自分の芸名」

自分がもしもアイドル歌手やお笑い芸人だったらと仮定し、その名前を考えてみようというアイディアです。奇抜な名前、かっこいい名前、オシャレな名前、なんでも構いません。音楽や学級のちょっとした空き時間などに行うとよいでしょう。

準備する物

・白い紙、自由帳など

指導例

「知っているアイドル歌手やお笑い芸人の名前を言ってみましょう」

(いくつか挙げさせる)

「そうですね、今挙がった中で、たとえばピコ太郎。本名は古坂和仁(こさか・かずひと)というそうです。古坂さんがお笑い芸人であるときの名前は『古坂大魔王』。そして歌手になったときの名前が『ピコ太郎』です。皆さんがもし、お笑い芸人だったらどんな名前にしますか? あるいは、歌手だったら? 〇〇の課題が終わった人は、プリントの裏に、ちょっと書いてみてください」

指導のポイント

芸名を考えてみる

思いつかない子には、次のような例を示しイメージを持たせましょう。

◎ 好きなカタカナ+名字

 例: 「ハッピー佐藤」「スケルトン鈴木」「ダイヤモンド渡辺」

◎ ちょっと昔に多い名前

 例: 「〇子」「〇美」「〇太郎」「〇三郎」「〇右衛門」

「自分のしこ名」

大相撲ブームです。もしも自分がお相撲さんだったらなんという名前? という課題です。なかなか考える機会がないので、男女を問わずどの子も大いに悩み、真剣に考えます。また、しこ名には小学一年生で学習する基本的な漢字が数多く登場するので、漢字の学習にもなります。体育で「力くらべ」「すもう」などの学習前に行っておくと、本番で大いに盛り上がるでしょう。

準備する物

・白い紙、自由帳など

指導例

「知っているお相撲さんの名前を言ってみましょう」

(いくつか挙げさせる)

「そうですね。今挙がったお相撲さんの名前、これを“しこ名”と言います。お師匠さんやお世話になっている人と相談して決めるそうです。もしも自分がお相撲さんなら、どんなしこ名にしますか。かっこいい名前や素敵な名前を考えましょう」

指導のポイント

しこ名の漢字は未習のものもありますが、漢字に興味・関心を持つチャンスですので、積極的に漢字を使わせましょう。よく使う漢字を黒板に例示するのもよいでしょう。男子は強そうな名前、女子は可愛い名前をつける傾向がありますが、もちろん自由であり、決まりはありません。

しこ名を考えてみる

★留意点

下品な名前や他人を傷つけるような名前は避けるよう指導しましょう。


イラスト/宇和島太郎

『小一教育技術』2017年9月号より

関連する記事

クラス記事一覧

保護者面談で信頼を得る8つのポイント

「保護者と何を話せばいいのかわからない」、「会話が続かず気まずい雰囲気が流れる」など、保護者面談に苦手意識を持つ先生も多いのではないでしょうか。ベテラン教師も昔…

保護者クレーム対応に効く!誠実でやわらかい教師のフレーズ13

保護者からのクレームに対しては、まずその気持ちをよくきき、受けとめることが第一です。かっとして言い返したり、理屈で封じこめようとしてはいけません。よくある保護者…

2019/11/30

小学校保護者クレーム11選:正しい対応をこまやかに解説

小学校教師を悩ませる保護者からのクレーム。対応を間違えると些細な言葉が火種となって炎上し、精神的にも時間的にも圧迫することになりかねません。これまであらゆる修羅…

折り紙で教室を華やかに【12月編】クリスマス
折り紙で教室を飾ろう|クリスマスのサンタとポインセチア

小学生ができる簡単な折り方を写真付きでていねいに紹介します!季節を感じさせる折り紙がある教室環境は、教室が明るくなる、クラスのみんなで協力してつくることで学級の…

支援12月号イメージ
自己肯定感を高める教師の声かけ術

不適切な行動を起こしやすい子は自己肯定感が低いという特徴が多くみられます。特に支援が必要な子どもには、自己肯定感を高めることが重要となってきます。その指導行為は…

問題を相談し合う子どもたち
確実にウケる学級レク『シリーズ資料編』【ことば遊び】

遊びを通してことばのセンスを磨いたり、ルールを守って遊ぶ大切さを学べる「ことば遊び」を紹介してきた『ことば遊びシリーズ』。 今回は、ことば遊びで使える資料をまと…

発達が気になる子の、教育虐待を疑うケースとは

保護者との会話や保護者会などで、子どもの意思や実力に合わない目標設定をしている度がすぎた保護者の意見をきくことはありませんか? もしかしたら「教育虐待」にあたる…

集会や異年齢でも楽しめる じゃんけん遊び2選

じゃんけんは何も用意せずにでき、誰にでも公平に勝つチャンスがあるスリリングな遊びです。 本記事では、全校児童やクラスのレクリエーションなど、大人数のグループでも…

小一担任のホンネ11月荒れ
教室が荒れる原因わかっていますか?

一学期は問題がなかったのに、なぜか二学期以降に学級づくりが困難になってきた……そんな経験はありませんか? ここでは、とくに小学校一年生のクラスについて、なぜ二学…

2019/11/13

学級崩壊を体験した教師から学ぶ立て直しのワークフロー

学級崩壊を体験した小学校教師の体験談から、リアルな立て直しのワークフローが見えてくる貴重な記事です。学級崩壊はどの先生にも起こりうることです。もし、あなたの学級…

もっと見る