• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

一年生におすすめ、授業開始前の自由課題

2019/5/8

ちょっとした空き時間は、課題を早く終えた場合にだけ生じるとは限りません。担任が教室に入る前、担任の準備が整う前、授業開始の合図や号令がかかる前・・・そんな空き時間に使える課題のアイディアを、神奈川県三浦市教育委員会教育研究所指導主事(所属は当時)の鈴木夏來さんにうかがいました。

教室の子どもたち
写真/浅原孝子

教室を出る前に課題を出す

1時間目の後、中休みの後、3時間目の後、昼食休憩の後。体育の後、運動会練習の後。子どもたちは何をして待つことになっていますか?先生が教室に戻ったときに、休み時間のように遊んでいたり、ケンカやトラブルが起きたりしていませんか?

教室から子どもを出す前に、教室に戻ってきた後の指示を出しましょう。例えば次のように行います。

指導例①

「3時間目は算数です。算数ノートに【2とび】を練習して待ちます。算数ノートに日にちを書いた人から、中休みどうぞ」

※【2とび】は、2、4、6…と+2で数をマス目ノートに書かせる課題。10で改行させ、200がゴール。

指導例②

「1時間目は全校で外体育。運動会の練習です。2時間目は、道徳。教室に戻ったら、いつものように黒板を見てくださいね。先生が戻って来るまで何をして待つか、黒板に書いておきますから」

指導上のポイント

子どもを解放する前に、必ず指示(課題)を出すことがポイントです。万が一、指示を出すのを忘れたら、黒板に書いておきましょう。「迷ったら、黒板を見る」「黒板を見るよう、気づいた人が声を掛け合う」そんな子どもを育てたいものです。

物語教材の音読を先取り

連休明けの子どもたちは、あるいは運動会練習に疲れた子どもたちは、「もっと勉強がしたい」「練習は飽きた」などと口にすることがあります。真綿が水を吸うような絶好のチャンス。是非生かしたいものです。

5月にオススメの自由課題は、「国語の教科書の音読」です。なぜなら、応援練習等で声を出すことに慣れ、リズムよく手足を動かすことに慣れた子どもたちは、音読も同様に声を出し、抑揚を付けてリズミカルに読むことができるようになってくるからです。

準備物

・教科書、マグネットクリップ

指導例

 ①教科書任意のページを開き、マグネットクリップで挟む。
 ②黒板に留める。
 ③教科書のページと音読の指示を黒板に書く。

 ※マグネットクリップは教科書のような比較的重いものも、はさんで黒板に掲示できる。

課題は物語教材がベストです。まだ授業で扱っていなくとも構いません。不思議と声が揃ってきます。
運動会の練習が終わり、先生が教室へ向かおうとする時、教室から「おおきなかぶ」などの一斉音読が聞こえてきたら、練習の疲れも吹き飛ぶことでしょう。


『小一教育技術』2017年5月号より

関連する記事

授業記事一覧

【先生のための学校】「音読」でクラスをつくる

今回は、 14回も二年生を担任し一年生で難儀になったクラスの立て直しを何度も実現された、「先生のための学校」に所属される、ある講師の先生のお話を紹介しましょう…

【指導計画】6年理科 土地のつくりと変化①

地面の下の様子を想像して絵や言葉で表現したり、ボーリング資料や崖の写真を見るなどして気づいたことを話し合ったり調べたりする活動を通して、土地のつくりや変化につい…

2019/9/17

子どもたちを変える!魔法の音読指導

日々の音読がいつの間にか惰性化し、易きに流れていませんか? 身体を使って音読する「あいうえ音読」などの実践で知られる佐藤隆史先生の音読指導を手本にすれば、子ども…

【指導計画】1年算数 「3つの かずの けいさん」

数量の関係に着目し、挿絵と半具体物などを関連付けて考える活動を通して、3つの数の加法の式の意味を理解し、その計算をすることができるようにします。

2019/9/15

【教育技術小五小六10月号特典】「外国語の授業レポート」動画(本誌連動企画)

『教育技術 小五小六』10月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワードを入力し…

【指導計画】5年国語 日本の文化を考えよう

【教材名】「古典」を楽しむ(教育出版 五年下)の授業アイディアです。本単元では、「好きな古典作品を読んで感想をまとめる」言語活動を行います。感想には、「あらすじ…

2019/9/14

【教科調査官に聞く】国語科の新学習指導要領-改訂ポイントと授業改善の視点

小学校学習指導要領の改訂にあたり、国語科における授業改善の重要な点を、文部科学省・菊池英慈教科調査官にうかがいました。

【小六道徳】「ここを走れば」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小六の道徳「ここを走れば」の授業展開と板書の工夫…

【指導計画】1年算数「どちらが おおい」

1年算数「どちらがおおい」では、身の回りにあるもののかさに関心をもち、2つの入れ物に入っている水のかさを比較する活動を通して、直接比較、間接比較を使って、かさを…

2019/9/13

【小五道徳】「友のしょうぞう画」授業展開と板書

「考え、議論する道徳」を実践するために、板書に力を入れているのが愛知県西尾市立横須賀小学校。この小学校で行われた小五の道徳「友のしょうぞう画」の授業展開と板書の…

もっと見る