• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

新一年生を暇にさせない課題「知っている〇〇の名前」を書こう

2019/3/18

入学してすぐ、新一年生には、ちょっとした空き時間が次々と生まれます。特に、身体測定や各種検査には、担任が付き添う必要があり、教室を留守にしがち。そんな空き時間に使える課題のアイディアを、神奈川県三浦市教育委員会教育研究所指導主事(所属は当時)の鈴木夏來さんにうかがいました。

教室のこどもたち

空き時間に使える!課題のアイディア

4月。はじめて一年生を担任した先生は、教室内の子どもたちの「差」が想像以上に大きいことに、愕然とすることでしょう。こちらが1時間でやることを想定して用意したプリントについて、1分も経たずに終えてしまう子もいるからです。

そうした子に対し、次のプリントを与えても、また瞬時にやってしまうだけ。したがって、追加指示の必要がない、半永久的に続く課題を用意することが大切です。そこで有効なのが、「知っている○○の名前」というネタです。

準備するのは、裏紙、白い紙、ノートなど書くものだけです。

指導例
これから、保健室で健康診断があります。終わって教室に戻ってきたら、この白い紙に【知っているやさい】の名前を書いて待ちましょう。いくつ書けるかな?

板書例
しっているやさい

・きゃべつ

・とまと 

・きゅうり

※ 書き方がわかるように、例を数点挙げ、板書しておきます。さらに箇条書きの「・」を下に入れておくとよいでしょう。

ひらがなをまだ習っていないとか、カタカナを使ってもよいのか、などと、あれこれ悩む前にまずは課題を出してみましょう。誤字脱字があろうと、楽しんで書く姿を見られるはずです。

「知っている」が指導のポイント

この取り組みは、「知っている」という「冠」を付けるのがコツです。課題を早く終えるような子は、そもそも知識が豊富であり、何かを「知っている」ことに自信を持っていたり、「知りたい」という欲求を強く持っていたりします。
そこで、「知っている」という言葉を入れ、その子の好奇心や挑戦心を刺激するのです。これで、「やらされ課題」から、「主体的な課題」へと変わります。

実際の指導場面例

各教科においても、たとえば生活科(スタートカリキュラム)で学校探検を行っている場合、知っている「先生の名前」「特別教室の名前」「遊具の名前」等を自由課題のテーマとすると盛り上がります。生き物探しや動植物の観察の授業の場合は、知っている「虫の名前」「花の名前」にすると、学びが深まります。

また、国語と関連して、上位語・下位語の学習にもつながります。設定課題の「やさい」や「むし」は上位語で、具体例の「だいこん」や「カブトムシ」は下位語となります。

「知っている○○の名前」の例

○○にあたる部分は、ほかにも次のようなものが考えられます。
「魚」「鳥」「乗り物」「文房具」「お仕事」「外国」「恐竜」「偉人」「野球選手」「サッカー選手」「お相撲さん」「妖怪」「ポケモン」など。

※ 板書時はひらがな、またはルビ付きのカタカナ・漢字で表記

「○○」を考えさせる

「知っている○○の名前」について、慣れてきたら、「○○」の部分を各自で考えさせても楽しいでしょう。電車や重機について詳しい子もいれば、ペットが好きな子もいます。子どもに提案させることで、子どもの好みや傾向を把握でき、今後の話題や指導に生かすことができます。

『小一教育技術』2017年4月号より

関連する記事

授業記事一覧

専門家に聞く 縄跳び指導のコツ

7重跳びのギネス世界記録保持者として縄跳びの世界で有名な森口明利さん。京都大学工学部から大学院に進み、企業に就職するも退職して縄跳びのプロに転身したという異色の…

2019/5/19

イラスト/イクタケマコト

子どもの博識に「先生、知らなかったな」と言えますか?

子どもたちの活発な調べ学習の中で、教師が知らないようなことまでつぶさに調べてくる子もいます。「先生、これ知ってる?」と痛いところを突かれたとき、「もちろん知って…

小五道徳授業

【教育技術小五小六6月号購入者特典】「道徳の授業レポート」授業動画(PR)

『教育技術 小五小六』6月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載…

【ブックレビュー】『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』

来年度からいよいよ、中学年に外国語活動が、高学年に教科として外国語が正式に導入されます。文部科学省教科調査官の直山木綿子先生が外国語教育について語った『なぜ、い…

漢字を通してコミュニケーション!声に出して読む新式漢字ドリル

つぶやき漢字研究会主宰・学力研理事 久保齋さんが発案した「つぶやき漢字ドリル」 。書き順に沿い、声に出しながら書くことで、コミュニケーションをとりながらゲーム感…

2019/5/12

これからの外国語教育 Small Talkの進め方

新学習指導要領において外国語の正式な教科への指定により、2020年の全面実施へと大きく舵をきる外国語教育。そこでは、“実際に英語を使用して互いの考えや気持ちを伝…

教室の子どもたち

一年生におすすめ、授業開始前の自由課題

ちょっとした空き時間は、課題を早く終えた場合にだけ生じるとは限りません。担任が教室に入る前、担任の準備が整う前、授業開始の合図や号令がかかる前・・・そんな空き時…

2019/5/8

塗り絵2

日本の情景を調べて塗り絵!「鎌倉大仏」「日本三景 天橋立」【プリント配付OKぬりえ】

調べて塗ることで、社会や地理の勉強にもなる、日本の名所や情景を塗り絵にしました。ここでは「鎌倉大仏」と「日本三景 天橋立」。画像をクリックするとA4サイズの印刷…

2019/5/8

塗り絵01

日本の情景を調べて塗ろう!「桜」「宮島の厳島神社」【プリント配付OKぬりえ】

調べて塗ることで、社会や地理の勉強にもなる、日本の名所や情景を塗り絵にしました。ここでは「桜」と「宮島の厳島神社」。画像をクリックするとA4サイズの印刷ができ、…

2019/4/26

熊アート

学習指導案のその表記、ちょっと待って……

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 学習指導案で「~させる」は使役的な意味に捉えられる評価の表記で「~について理解できたか」は評価となりえ…

もっと見る