小2算数「1000より大きい数をしらべよう」指導アイデア(1/11時)《ペットボトルキャップの数を数える》

執筆/神奈川県公立小学校主幹教諭・純岡尚史
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、島根県立大学教授・齊藤一弥

本時のねらいと評価規準(本時1・2/11時)

ねらい

ペットボトルキャップの数を数える活動を通して、数のまとまりに着目し、10000未満の数の数え方と命数法、記数法、4位数の位取りのしくみを理解する。

評価規準

数のまとまりに着目し、10000未満の数の数え方と命数法、記数法、4位数の位取りのしくみを理解する。

もんだい
たかしさんの学校では、ペットボトルキャップをあつめています。ペットボトルキャップ800こで、ワクチン1人分にかえることができます。
(45リットルの容器いっぱいのペットボトルキャップを見せ、数えたいという目的意識をもたせる)

いくつぐらいあると思いますか。また、どうしてそう思ったのですか。

800個ぐらいだと思います。容器いっぱいだから。

片手いっぱいで10個ぐらい。だから、500個ぐらい。

見えるところだけでも、100個はありそうだから、もっとあると思う。

いくつあるのか、みんなで数えてみたい。

どうしたら、正しく数えられそうですか。

学習のねらい

数が正しいかを一目で正確にわかるように、グループで工夫して数えましょう。

見通し

10や100のまとまりをつくると数えやすいよ。

列にそろえて並べると、最後に数えるだけで分かるよ。

自力解決の様子

A つまずいている子

一つずつ数えている。


B 素朴に解いている子

10とは関係ないまとまりや、10のまとまりだけをつくって、数えている。


C ねらい通りに解いている子

10のまとまりと、100のまとまりをつくって数えている。

学び合いの計画

子供は、これまでに1000までの数について10や100のまとまりをつくりながら数える活動を通して、数の読み方や書き方を学習しています。

本単元では、数の範囲を10000まで拡張して十進数の理解をいっそう深めることがねらいです。

二年生では、具体物と数とを結び付けて大きな数を数えたり比べたりできるようになっていることをさまざまな場面で使うようにしていくことが大切です。

授業では、子供に数えたいという思いや数える必要感をもてるような文脈を描きながら、日常生活に活用しようとする態度を育てていきます。

ノート例

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

どのようにペットボトルを数えましたか?

5のまとまりで数えると、423個でした。

1つずつ数えると、431個でした。

10のまとまりで数えると、446個でした。

3と5のまとまりをつくると、422個でした。

10 と100 のまとまりで、487個でした。

一目で数が分かるのは、どの数え方ですか。

1つずつや3のまとまりは合っているか微妙。

10のまとまりをつくると、数が分かりやすい。

100のまとまりをつくると、さらに見やすい。

全部を合計するといくつになるか、位取り表に入れて調べてみましょう。

百の位も10個集まると、新しい位がほしい。

千の位をつくると、数が一目ですぐに分かるよ。

どうして新しい位をつくろうと思ったのかな。

10個集まると新しい位をつくると便利だから。

学習のまとめ

本時では、対話的な学びを通して、数が一目で分かるためにはどのような数え方がよいのかを話し合う場面を設定します。10のまとまりや100のまとまりにして着目して数えている子供を、価値付けることによって、手際のよい比べ方や数え方のよさを考えていくことができるようにします。

また、既習や類推的な考えと関連付けることで、新しい1000のまとまりについても理解できるようにします。

評価問題

1円玉貯金をしています。全部で何円ありますか。
一目で分かるように〇で囲み、どのように数えたのかを説明しましょう。

子供に期待する解答の具体例

1000のまとまりが、2こ。
100のまとまりが4こ。
10のまとまりが5こ。
1のばらが、3こ。
合わせて、2453円です。

本時の評価規準を達成した子供の具体の姿

まとまりに着目して、2453という数を数字で表現し、どのように数えたのかを説明することができる。

感想例

  • 1000より大きい数になると、新しく1000の位をつくると数えるのが楽になることが分かった。
  • 容器いっぱいでだいたい2700個のキャップがたまるので、4人分のワクチンが打てることが分かった。
  • 次からは数えなくても、容器いっぱいでペットボトルの数が分かる。

イラスト/横井智美

『教育技術 小一小二』2021年12/1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

授業改善の記事一覧

雑誌最新号