小1算数「大きい かず」指導アイデア

執筆/東京都公立小学校主任教諭・渡辺五大
編集委員/文部科学省教科調査官・笠井健一、東京都公立小学校校長・長谷豊

本時のねらいと評価規準(本時7/14時)

ねらい

数表から並び方の規則性を捉え、数の規則性や構成を説明することができる。

評価規準

位の数字に着目して、数表の数の並び方のきまりを考え、説明している。

もんだい
しかくに はいる すうじは なにかな。

数表がばらばらになってしまいました。しかも、虫に食われています。

たいへんです。

虫に食われて分からなくなってしまった数字はいくつでしょう。

上の●は 13 です。

真ん中の●は 22 です。

どうして、みんなは分かるのかな。

数が、順序よく並んでいるからです。

学習のねらい

かずの ならびかたには どんな きまりが あるかな。

見通し

どんなきまりがあるのかな。

左から右に、数が増えている。

上から下にも、数が……。

自力解決の様子

A 素朴に解いている子

答えは言えるが、わけが書けない。


ねらい通りに解いている子

表を横に見ると、1ずつ増えていることに気付いている。


C ねらい通りに解いている子

表を縦に見ると、10ずつ数が増えていて、縦の列は一の位の数が同じになっている。


きまりが見付けられない子供には、11.12.●だけに着目させ、数の並び方を考えさせます。

次に、隣同士で自分の考えを説明し合い、それぞれの考え方の共有化を図り、全体で虫食いの数字の答えを「13」「22」と確かめます。

全体発表とそれぞれの考えの関連付け

数字の並び方や大小に着目したときの気付きから、数表のどの数でもそれについて言えるかどうか、発表のなかで確かめていきます。

一の位が2の数に着目してみると、縦に見ることができ、10 ずつ大きくなるという並び方や、数の大きさに気付かせることができます。十の位が6の数についても、横に見ると1ずつ大きくなっているというように気付かせて、だんだんと自由な見方で数表を見させるようにします。

そこで確かになったことを「きまり」としてまとめていきましょう。デジタル教科書がある場合は、子供の発表に数表を使用すると、視覚的にも見付けた「きまり」の共通点が分かりやすくなります。

ノート例

どんなきまりが見付かったかな。

縦に見ると、数が10ずつ増えたり減ったりしています。

横に見ると、十の位の数が同じで、縦に見ると、一の位の数が同じです。

学習のまとめ

上の関連付けた共通点が、学習のまとめになります。ここで見付けたきまりをほかの場面でも使っていくことで、学んだことのよさを実感することができます。

評価問題には、バラバラになったほかの数表を提示し、「きまり」が使えるかどうかを確かめる機会をつくりましょう。

  • 横に見ると、数が1ずつ増えています。
  • 横に見ると、十の位の数が同じです。
  • 縦に見ると、数が10 ずつ増えています。
  • 縦に見ると、一の位の数が同じです。

評価問題

みつけた きまりを つかって、しかくに はいる すうじを あてよう。

子供に期待する解答の具体例

  • 35 → ● → 55 だから、縦のきまりで、45 です。
  • 45 → ● → 47 だから、横のきまりで、46 です。
  • 36 → 46 → ● だから、縦のきまりで、56 です。
  • 55 → ● → 57 だから、横のきまりで、56 です。

イラスト/横井智美

『教育技術 小一小二』2021年12/1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

授業改善の記事一覧

雑誌最新号