• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

2019/9/1

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成と学期めあてのアップデートを紹介します。見通しをもって二学期をスタートしましょう。

執筆/熊本県熊本市立公立小学校教諭 渡辺猛

学級めあて
撮影/大庭正美

カリキュラム・マネジメントの観点

今回の指導要領の改訂で大きく取り上げられているものに、「カリキュラム・マネジメント」があります。「社会に開かれた教育課程の創造」という点で、非常に重要なポイントです。見通しをもった学級経営をするためにも、このカリキュラム・マネジメントの観点が必要です。

二学期以降のカリキュラム一覧をつくることをお勧めします。と言っても、そんなに難しく考える必要はありません。次の手順と表を参考にしてください。こうすることによって、二学期全体の大まかな流れがイメージできます。

1.縦軸に「行事・教科等」、横軸に「月」を配列した表をつくる。
2.月ごとに行事名や各教科等の単元名・題材名を記入する。
3.教科書や資料、行事の計画案(今年度のものがまだできていない場合は、昨年度のもの)に目を通し、つながりがありそうなものをチェックする。
4.つながりのある単元や題材を、矢印でつなぐ。

カリキュラム一覧表の例  クリックすると別ウィンドウで開きます

つまり、一つの授業を単体として捉えるのではなく、他教科とのつながりを意識して授業を組み立てるために、一覧表が資料となります。例えば、「修学旅行」という行事に関連して、「道徳」や「特別活動」「国語」などの授業で、「どういう力を育てられるか」「育てなければならないか」を、事前に考えることができるということです。

学校によってはすでに作成済みのところもあるかと思いますが、自分の学級の実態に合ったものにアレンジすることも可能ですので、見直しをしてみるとよいかもしれません。

めあてもアップデートしていこう

一方、子供たちには、「二学期を通してどんなことを頑張りたいか、どんな自分になりたいか」を考えさせなければなりません。これが、子供にとっての「二学期のめあて」となります。ところが、実際の教室をのぞいてみると、学期はじめに「二学期のめあて」を書いて、掲示したものの、掲示した後はそのままになっていることもあるようです。つまり、めあてを立てさせて、それで安心し、評価をしていないということです。

めあての振り返り
イラスト/佐藤雅枝

そもそも、長い二学期の間、学期はじめに決めた目標がずっと達成できないままその学期を終わる、というのはいかがなものでしょうか。

これでは、学期はじめにせっかく立てた目標が、単なる「お題目」になってしまいます。そうならないように、定期的に評価(チェック)するシステムをつくりましょう。次のような手順で行うと、子供たちの主体的な活動によって、定期的にチェックできます。また、新しいめあてを立てることもできるようになります。 最後に、「めあてカード」の例を載せておきます。是非、参考にしてみてください。

1.回数や時間を入れた、評価可能な目標を、設定させる。
2.達成状況をチェックするために、週の最終日の帰りの会にチェックの時間を組み込む。
3.達成できなかったら目標を継続し、達成できたら新しいめあてを決めさせる。
4.チェックできるようカードをつくる。カードは厚紙に貼り、引き出しに入れておく。

めあてカード例
めあてカード例 クリックすると別ウィンドウで開きます

〈参考文献〉『カリキュラム・マネジメント入門』田村学編著(東洋館出版社刊)

『教育技術 小五小六』2019年9月号より

関連する記事

クラス記事一覧

サンマをきれいに食べるためPDCAサイクルを回す
サンマをきれいに食べて学ぶこと【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。10月は旬のサンマをキレイ食べ…

2019/9/21

芸名を考えてみる
想像力と創造力を鍛える自由課題★自分の別名を考えてみよう

『自分の別名』なるものを、テストや宿題の氏名欄に書いて出す子に出会ったことはありませんか。テストに違う名前を書くこと自体は確かに問題ですが、その豊かで面白い発想…

2019/9/19

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

もっと見る