• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

2019/9/1

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成と学期めあてのアップデートを紹介します。見通しをもって二学期をスタートしましょう。

執筆/熊本県熊本市立公立小学校教諭 渡辺猛

学級めあて
撮影/大庭正美

カリキュラム・マネジメントの観点

今回の指導要領の改訂で大きく取り上げられているものに、「カリキュラム・マネジメント」があります。「社会に開かれた教育課程の創造」という点で、非常に重要なポイントです。見通しをもった学級経営をするためにも、このカリキュラム・マネジメントの観点が必要です。

二学期以降のカリキュラム一覧をつくることをお勧めします。と言っても、そんなに難しく考える必要はありません。次の手順と表を参考にしてください。こうすることによって、二学期全体の大まかな流れがイメージできます。

1.縦軸に「行事・教科等」、横軸に「月」を配列した表をつくる。
2.月ごとに行事名や各教科等の単元名・題材名を記入する。
3.教科書や資料、行事の計画案(今年度のものがまだできていない場合は、昨年度のもの)に目を通し、つながりがありそうなものをチェックする。
4.つながりのある単元や題材を、矢印でつなぐ。

カリキュラム一覧表の例  クリックすると別ウィンドウで開きます

つまり、一つの授業を単体として捉えるのではなく、他教科とのつながりを意識して授業を組み立てるために、一覧表が資料となります。例えば、「修学旅行」という行事に関連して、「道徳」や「特別活動」「国語」などの授業で、「どういう力を育てられるか」「育てなければならないか」を、事前に考えることができるということです。

学校によってはすでに作成済みのところもあるかと思いますが、自分の学級の実態に合ったものにアレンジすることも可能ですので、見直しをしてみるとよいかもしれません。

めあてもアップデートしていこう

一方、子供たちには、「二学期を通してどんなことを頑張りたいか、どんな自分になりたいか」を考えさせなければなりません。これが、子供にとっての「二学期のめあて」となります。ところが、実際の教室をのぞいてみると、学期はじめに「二学期のめあて」を書いて、掲示したものの、掲示した後はそのままになっていることもあるようです。つまり、めあてを立てさせて、それで安心し、評価をしていないということです。

めあての振り返り
イラスト/佐藤雅枝

そもそも、長い二学期の間、学期はじめに決めた目標がずっと達成できないままその学期を終わる、というのはいかがなものでしょうか。

これでは、学期はじめにせっかく立てた目標が、単なる「お題目」になってしまいます。そうならないように、定期的に評価(チェック)するシステムをつくりましょう。次のような手順で行うと、子供たちの主体的な活動によって、定期的にチェックできます。また、新しいめあてを立てることもできるようになります。 最後に、「めあてカード」の例を載せておきます。是非、参考にしてみてください。

1.回数や時間を入れた、評価可能な目標を、設定させる。
2.達成状況をチェックするために、週の最終日の帰りの会にチェックの時間を組み込む。
3.達成できなかったら目標を継続し、達成できたら新しいめあてを決めさせる。
4.チェックできるようカードをつくる。カードは厚紙に貼り、引き出しに入れておく。

めあてカード例
めあてカード例 クリックすると別ウィンドウで開きます

〈参考文献〉『カリキュラム・マネジメント入門』田村学編著(東洋館出版社刊)

『教育技術 小五小六』2019年9月号より

関連する記事

クラス記事一覧

小一担任のホンネ11月荒れ
11月が荒れるホントの理由

11月はクラスが乱れがちになる時期と言われます。なぜ11月になるとクラスが荒れるのか、子どもたちの指導にどんな困難が生じやすいのか、小一担任経験者の先生方に伺い…

2019/11/13

学級崩壊立て直しのワークフロー

小学校の11月は1年で最も荒れやすい時期。学級崩壊はどの先生にも起こりうることです。もし、あなたの学級が崩壊してしまったら、どのように立て直しを図るべきでしょう…

「11月の荒れ」を日々の授業の工夫で防ぐ

人間関係が深まる二学期は、いじめやトラブルも起こりやすい時期。クラスの荒れを予防できるような授業づくりの工夫について、ベテランの先生から教えていただきました。

「11月の荒れ」を防ぐ!子供とのコミュニケーション~授業編~

クラスが乱れがちな11月。今年度の後半を子供たちと楽しく過ごすために、クラスを落ち着かせる「子供との関わり方」について考えます。この記事では、授業での子どもとの…

子ども同士の絆を強化するミニゲーム&アクティビティ図鑑

「子どもたち同士の絆を強めたい!」しかし、一朝一夕にはいかないもの。絆は仲間と目的を共有しながら繰り返し活動する中で、少しずつ強まっていくものです。そこで、10…

【11月荒れ】どうしても無理なときの緊急避難法

11月は1年で最も荒れやすいといわれています。その兆候はどんなものでしょうか? 荒れてしまってから立て直す方法はあるのでしょうか? ベテラン教師である多賀先生か…

2019/11/9

《二学期の学級経営》「10歳の壁」について考えよう

「10歳の壁」(文部科学省は「9歳の壁」としています)とは、子どもが大人に成長するために乗り越えなければならないハードルです。今回はこの「10歳の壁」について考…

学級崩壊の原因と3つの対策

11月は1年で最も学級崩壊しやすいといわれています。その原因や兆候にはどのようなものがあるのでしょうか? 荒れてしまってから立て直す方法はあるのでしょうか? ベ…

2019/11/7

【11月荒れ】荒れの原因と、もっとも有力な初期対応
【11月荒れ】荒れの原因ともっとも有力な初期対応

11月は1年で最も荒れやすいといわれています。その兆候はどんなものでしょうか? 荒れてしまってから立て直す方法はあるのでしょうか? ベテラン教師である赤坂先生か…

2019/11/6

暴言を吐く子、暴れる子へのケア

クラスの環境に慣れ自己主張をしだす子や、保育園や幼稚園時代と違い、自由にやりたいことができない環境に我慢の限界が来てしまう子も出てくる小一の11月。もしかしたら…

もっと見る