• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

視写を生かしたシンプルな国語授業で語彙力、文法力を伸ばす

2019/8/17

国語授業において、語彙力、文法力(知識・技能)、読み取りの力(読解力)をしっかりつけ、書く力、話す力・聞く力(交流)を伸ばしましょう!  教育技術ムック「 国語力を高める音読と視写のシンプル授業」(著/吉永幸司・北村直也)では、それらの国語授業の基本を通して、しっかりとした語彙力、文法力を身に付けさせる実践を解説しています。今回は、その中の「視写を通して読む力、書く力を身に付ける」指導法を紹介します。

執筆/関西実践教育研究会代表 教育アドバイザー ・北村直也

視写は文と向き合うこと

視写はとてもシンプルな指導法です。意味を考えながら書くと、じっくり文と向き合えます。

子供は言葉をぐんぐん身につけます!

視写は、体全体で文の内容を読むことです。

意味を考えながら書き、じっくり文と向き合います。手で読むともいわれます。子供たちはぐんぐん言葉を身につけていきます。

視写は、作文力をぐんとアップさせます!

視写は、子供たちから書くことの抵抗を取り除きます。少し、続けてみてください。すぐに効果が出てきます。

視写を続けると、姿勢がよくなります!

おへその前で字を書いていくことが基本です。その時、「あしうらぺったん、背中はぴん、背中とおなかにぐう一つ」の姿勢が大切です。字を正しく書くことは、姿勢をよくしていくことです。書写の技術を鍛えることにもなります。

正しい姿勢の図解
足裏ぺったん、背中はぴん、背中とおなかにグーひとつ

授業のポイントに視写を使いましょう!

授業では、しっかり考えさせたい箇所の文章を視写させ、文の内容を深く理解させ、考えさせるようにしましょう。

先生の板書力が、飛躍的にアップします!

先生が、子供のモデルです。「板書に自信がない」と言われる先生が、少しずつ文字練習をされ、板書力を大きくアップされた姿をたくさん見てきました。一日一分文字練習で板書を向上させましょう。

子供にやる気と、集中力が生まれます!

「視写を始めると子供たちが落ち着いてくる」とよく言われます。続けていくと、普段の学習から、生活まで落ち着いてきます。それは集中して一つのことに取り組むことによる効果です。

黒板の消し方で、教室の雰囲気が美しくなります!

美しい黒板は教室の雰囲気を変えます。下の絵のように真っすぐな縦線で、美しく黒板を消すと、子供に整った黒板を見せることができます。書かれる字も、整ったものになります。

マス目ノートが基本です!

筆圧を大切にさせながら、マス目いっぱいにしっかり書かせましょう。

文のかたまり(文節)を覚え、意味を考えながら書くようにさせましょう。意味を考えずに一文字ずつ、手本を見ながら書く子がいます。字の形の練習にはよいのですが、読みとしての視写の学習効果は上がりにくくなります。

視写・音読で、言葉に触れる絶対量を増やしましょう! それが、読書力も育てます!

言葉に触れる小さな積み重ねは、言葉の力を伸ばす原動力になります。高学年になっても読書の時間に、文字をスラスラ読めない子を見かけます。文字に触れる絶対量が少ないのもその理由でしょう。

子供に語彙力、文法力をつけるには、文字に触れる絶対量が必要です。繰り返し音読や視写を行い、多くの言葉や文に触れる機会を保障しましょう。

板書での「←」の効用を活用しましょう!

「うみのかくれんぼ」(光村図書1年上)を教材にした音読と視写の授業例を紹介します。

板書例
クリックすると別ウィンドウで開きます。

板書で言葉を矢印でつなぐことは、ちょっとしたことですが、大きな効果があります。

★言葉同士の関係や結びつきが一目瞭然です。視覚的に理解されます。

板書例 「からだのいろをかえる」
         ↓
    「まわりとおなじいろ」

★言葉や文の意味を、広げたり深めたりするときに有効です。このことにより、文に含まれている豊かな世界を学びます。

板書例 「たこがかくれる意味」
         ↓
    「てきからかくれる」

ためで、てきには、おおきなさかな、サメ、イルカがいる

板書例  「たこがかくれる意味」
         ↓
    「えものをつかまえる」

ためで、えものには、小さなさかな、えび、かにがいる

この「←」を有効に使っていくと、言葉や文の仕組みが分かる文法力、語彙の意味を豊かに理解する語彙力が身につきます。

ただ、「←」の数が多い板書は、かえって分かりにくくなる場合もあります。適切な使い方が必要です。

先生の発問・指示

板書例
クリックすると別ウィンドウで開きます。

写真の板書例に沿った音読、視写を活用した授業で、発問は以下のようなものが考えられます。

これまでに習った場面を音読しましょう。
今日は「たこ」の場面を勉強します。 めあてを視写してから、音読しましょう。

今日の場面を音読しましょう。(④⑤段落)

(④段落のカードを貼る)

音読しましょう。
隠れているのは誰? どこに? 「うみのそこ」とは、どこのことでしょう。

⑤段落を音読しましょう。
⑤段落を視写しましょう。
⑤段落を音読しましょう。

「からだのいろをかえる」のは、どのように変わるのですか?(周りには、何がありますか)。 なぜ、自分の体を隠すのでしょう。その訳を考えノートに書きましょう

★はまぐりは「かくれる」、たこは「かくす」の違いにも気づかせましょう。
★「たこがまわりとおなじいろになって、からだをかくすのは」の後に書かせましょう。

発表しましょう。

(交流)

今日勉強したところを音読しましょう。 次の時間は「〇〇〇〇」の場面を勉強します。


国語力を高める音読と視写のシンプル授業
著/吉永幸司・北村直也 定価:本体1300円+税 
ISBN:978-4-09-105060-1
https://www.shogakukan.co.jp/books/09105060
ためし読みはコチラ

イラスト/やひろきよみ

『小一教育技術』2018年9月号より

関連する記事

授業記事一覧

調理の基本がわかる!小五小六の家庭科

調理は、子供たちにとって、楽しい学習のひとつです。ここでは、小五と小六の家庭科授業の基本と、それぞれの学年別で、子供が安全と衛生に気を付けて楽しく活動することが…

外国語授業で学級づくり ~アルファベットに親しもう~

外国語活動の授業の中で、アルファベットに慣れ親しむことができる活動を紹介します。活動を通して友達との仲が深まり、学級づくりの一環としても役立ちます。

【指導計画】6年算数 場合の数(1)

4人でリレーを走る順番が全部で何通りあるかを調べ、順列について、落ちや重なりがないように、図や表を用いたりして、順序よく筋道立てて考えることを学びます。

2019/11/19

【指導計画】5年国語 図書すいせん会をしよう

5年国語「読むこと」「読書」の単元です。本を推薦するには、推薦者が対象となる作品の特徴をよく理解し、その面白さを他の読み手にも伝わるように表現することが大切です…

2019/11/18

【指導計画】1年算数 「ひきざん」(2)

小一算数の「ひきざん」の授業で、10 のまとまりに着目し、具体物の操作、言葉、式を使って考え、説明する活動を通して、減加法を理解することができるようにする。

2019/11/17

帝京大学大学院教授・赤堀博行
明確な指導観をもち、授業改善につなげる「特別の教科 道徳」

小学校では2018年度、中学校では2019年度からスタートした「特別の教科 道徳」。検定教科書の導入など、変わった点も多い中、教科化1年目を終えた小学校ではどん…

【指導計画】1年算数「ひきざん」(1)

1年算数の授業アイディアです。今回は「ひきざん」の前半を扱います。10 のまとまりに着目し、具体物を用いて計算の仕方を考える活動を通して、減加法を理解することが…

2019/11/15

【教育技術小五小六12月号購入者特典】「外国語の授業レポート」動画(PR)

『教育技術 小五小六』2019年12月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワー…

小一図工 自然の材料で動物づくり

小学校一年生の図工のアイディアです。校庭や学校周辺には、色とりどりの落ち葉や木の実を見かける季節。落ち葉や木の実をたくさん使っておしゃれな動物を作り、キャンバス…

2019/11/15

小六理科のプログラミング教育
誰でもできるプログラミング教育~小六理科 電気の性質や働き~

いよいよ来年度からプログラミング教育が始まります。どのように導入していったらよいか。高学年で必修となる6年理科のプログラミングの授業実践例を紹介します。プログラ…

もっと見る