小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小2体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」の単元を扱います。

執筆/愛知教育大学附属名古屋小学校教諭・井上歩
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   愛知教育大学 ・鈴木一成

単元名

へんしん! 鉄棒遊び名人!
「変身・変振・変心」に着目した、鉄棒を使っての運動遊び

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
鉄棒を使った運動遊びの行い方を知るとともに、支持しての揺れや上がり下り、易しい回転をすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
支持する部位や数、姿勢などを変える簡単な遊び方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
鉄棒を使った運動遊びに進んで取り組み、順番やきまりを守り、誰とでも仲よくして運動をしたり、場や鉄棒の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

鉄棒を使った運動遊びでは、手や腹、膝で支持したり、ぶら下がったり、揺れたり、跳び上がりや跳び下りをしたり、易しい回転をしたりする楽しさに触れられるようにします。そのためには、まずは、体のいろいろな部位を使った簡単な遊び方で楽しみます。

次に、支持姿勢を変化させたり(変身)、体の揺らし方を変えたり(変振)して、簡単な遊び方を工夫して楽しみます。器械運動と関連の深いこれらの動きを運動遊びのなかに意図的に取り入れることで、中学年への学習へつながるようにします。

また、子供たちが新しい動きを見付けたり、友達と取り組める遊びを工夫したりする運動遊びを楽しく行うためには、きまりを守り誰とでも仲よく運動遊びをしたり、場や器械・器具の安全に気を付けたりすることも大切です。

鉄棒を使った運動遊びが苦手な子供への配慮として、回転補助具やサポーターを使用したり、地面にマットを敷くことで落下への恐怖心を減らしたりして、安心・安全な場をつくります。この場づくりは、まずは不安を安心に変え、次に「やりたくない」から「やってみたい」に変え、そして「変身」と「変振」の面白さや達成感を味わったり自信を付けたりして、気持ちや考えが変わるという、「変心」を念頭に置くことが大切です。

また、感染症対策に関しては、地域の感染状況に応じて、一つの鉄棒ごとに使用できる人数に制限を設けたり、取り組む順番や向きを明確に決めたりするなどの工夫が考えられます。

単元計画(例)

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 単元

楽しく運動遊びをしよう

体のいろいろな場所を使って、鉄棒を使った運動遊びを楽しもう

単元の前半は、手・腹・膝で支持する簡単な遊び方を教師が紹介することで、楽しく鉄棒を使った運動遊びを行っていきます。

支持する体の部位を一つに限定するのではなく、体のいろいろな部位を使って取り組むようにします。また、ペアでのじゃんけん遊びの活動を取り入れることで、単元後半に行ういろいろな姿勢変化の動きに結び付けるための素地を養っていくことができます。

恐怖心がある場合は、支持姿勢を保持したまま、声によるじゃんけんから始めます。その後は、「片手でじゃんけんができるかな」「両手はどうかな」と、遊び感覚で支持する部位や数を変更していきます。姿勢を矯正するのではなく、楽しみながら学ぶようにします。

【手による支持】

だんごむし

何秒間続けてできるかな? 5秒、10秒と目標を決めて取り組んでみよう!

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

足抜き回り

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

慣れないうちは、足の裏を鉄棒にひっかけてから行ってみてもいいよ!

【手と膝による支持】

ぶたの丸焼き

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

【手と腹による支持】

つばめ

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

後ろ跳び下り

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

【腹による支持】

ふとん干し

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

【膝による支持】

こうもり

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

●じゃんけん遊び

声や手を使ったじゃんけんに挑戦してみよう! 次に、3回中何回勝てるかを競ったり、あいこになることを楽しんだりしてみよう! その様子を撮影し合おう! 

※輪を使って撮影場所を決めておくと安全です。また役割分担も明確になります。

ぶたの丸焼きじゃんけん

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

ふとん干しじゃんけん

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

こうもりじゃんけん

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア
6月 イラスト

●鉄棒の握り方
親指をしっかりとひっかけて、握ります。

 

●マットを敷くこと
屋外、屋内にかかわらず、地面や床にマットを敷くことで、子供が安心して取り組めるようになります。

●鉄棒の高さの選択
高い鉄棒で行うことができれば、技能がすぐれているという評価はせずに、子供が安心して取り組める鉄棒の高さを選ぶようにしましょう。
 
 
  

1 人 1 台端末を活用した指導アイデア

・さまざまな支持姿勢やじゃんけん遊びの様子を動画撮影します。
・単元中盤から後半では、振動の振れ幅に着目して、撮影した動画を見返し、体の動かし方を考えるための材料とします。

※教師が子供に声かけを行ったり、問い返したりするなどの活動を取り入れることで、子供に視点を与えることができます。

小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(鉄棒を使った運動遊び)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しく運動遊びをしよう」はこちら

イラスト/斉木のりこ

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1 国語科「ききたいな、ともだちのはなし」全時間の板書&指導アイデア
・小4体育「水泳運動」指導アイデア②
・小6体育「水泳運動(クロール 平泳ぎ 安全確保につながる運動)」指導アイデア①
・小6体育「水泳運動(クロール 平泳ぎ 安全確保につながる運動)」指導アイデア②
・小2体育「水遊び」指導アイデア①
・小2体育「水遊び」指導アイデア②
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「水遊び(水の中を移動する運動遊び、もぐる・浮く運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「水泳運動(浮いて進む運動、もぐる・浮く運動)」指導アイデア①
・小3体育「水泳運動(浮いて進む運動、もぐる・浮く運動)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号