小3体育「小型ハードル走(走・跳の運動)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小3体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア 6月 バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小3体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「小型ハードル走(走・跳の運動)」の単元を扱います。

執筆/高知県高知市立公立小学校教諭・森田優里、山本菜緒
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   高知県高知市立公立小学校教頭 ・田所潤子

単元名

楽しい! できそう! いっしょに小型ハードル走

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
小型ハードル走では、その行い方を知るとともに、小型ハードルを調子よく走り越えることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題を見付け、動きを身に付けるための活動や競走のしかたを工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
運動に進んで取り組み、きまりを守り、誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、友達の考えを認めたり、場や用具の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

小型ハードル走では、小型ハードルを調子よく走り越える心地よさや、友達と競走する楽しさや喜びに触れることができるように授業を組み立てます。

低学年での走・跳の運動遊びの学習をふまえ、中学年では、小型ハードル走の行い方を知るとともに、小型ハードルを自己に合った一定のリズムで走り越えることができるようにし、高学年の学習につなげていくことが大切です。

そこで、運動を楽しく行うために、自己の能力に適した課題を見付け、動きを身に付けるための活動や競走のしかたを工夫するとともに、考えたことを友達に伝える活動を充実させることが大切なポイントとなります。

単元計画(例)

小3体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア 6月 単元

楽しく運動をしよう

いろいろなリズムで、いろいろな障害物を走り越えよう

★楽しい! できそう! いっしょにもっと! といった気持ちを大切に

楽しく運動するためには、障害物への恐怖心をなくすことが大切です。そこで、小さめの輪、段ボール、ゴムハードル、ミニハードルなどいろいろな障害物を用意し、自分で走りたいレーンを選びながら、楽しく無理なく走り越える活動から始めましょう。

一つのチームに4つの障害物を渡します。走り越えやすいように班で話し合いながら、それらを置いてみましょう。

〈いろいろな障害物のレーン全体図〉

小3体育「走・跳の運動(小型ハードル走)」指導アイデア  6月 イラスト

小さめの輪:輪のサイズは大きくても直径40cm程度
段ボール:A4コピー用紙の段ボールのサイズ
ゴムハードル:2Lのペットボトルに水または、砂を入れ、2つのペットボトルにゴムを張ったもの
ミニハードル:高さ30cmほどで、倒しても起き上がってきやすいもの(プラスチック製もある)

・障害物の個数はそろえ、各チームでインターバルを決めるように声をかけましょう。
・単元のはじめは、等間隔のインターバルでなくても構いません。
・同じ障害物のレーンが2つずつできるようにすると、どちらが走り越えやすいか考えることができます。


資料(いろいろな障害物)
※ダウンロードはこちら

指導のポイント

・苦手な子供には、高さのないシートや当たっても痛くない段ボール、ゴムハードルなどを小型ハードルとして用意しましょう。
・子供たちで準備を行えるように、オリエンテーションで障害物の置き方についてていねいに指導しましょう。
・チームのなかで、「①走る人」「②リズムを見る人」「③スターター」というように、役割分担と交代する順を確認しておきましょう。
・リズムよく走り越えることができるインターバルを見付け、友達と伝え合う場面を設定しましょう。

安全のポイント

・安全に取り組めるように、障害物の置き方と走り越える方向を事前に指導しておきましょう。倒れてしまったら、係の友達が直します。
・同じレーンを友達が走っていないことを確かめ、スターターの合図があってから、走り始めましょう。
・走っている子供との接触を避けるため、レーンとレーンの間隔は1〜2m空けましょう。また、レーンを横切らないように指導しましょう。

小型ハードルの置き方
・小型ハードルに当たると、倒れるように置く。
・すべて同じ向きに置く。
・必ず矢印の方向に走り越える。


 

活動の広げ方

・自分のチームが準備したレーンだけでなく、ほかのレーンでも走り越えてみましょう。
・自分のお気に入りのレーンを見付けて、繰り返し走り越えてみましょう。
・慣れてきたら、同じ障害物を配置した隣のレーンの友達と、競走して楽しめるようにしましょう。

1 人 1 台端末を活用した指導アイデア

●動きの確認

自己の走りを撮影して、同じリズムで走り越えているかどうかを確認します。

●変容の記録

タブレットなどにクラスの共有フォルダを作成し、動きを記録します。単元の序盤と終盤での変容を確認したり、1時間の学習内での変容を確認したりするなど、自分たちの学習をふり返ります。

小3体育「小型ハードル走(走・跳の運動)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/高橋正輝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小5算数「図形の合同と角」指導アイデア
・小5算数「整数の性質」指導アイデア
・小5算数「分数のたし算とひき算」指導アイデア
・小3算数「重さをはかって表そう(重さのたんいとはかり方)」指導アイデア
・小2算数「三角形と四角形」指導アイデア
・小4算数「倍の見方・割合」指導アイデア
・小4算数「資料整理」指導アイデア
・小4算数「式と計算」指導アイデア
・小1算数「整理しよう」指導アイデア
・小1算数「10より大きい数」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号