• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

教師に高いEQ(感じる力)が必要なわけ

2019/7/31

EQという言葉を知っていますか? EQ(Emotional Inteligence Quotient)とは、心の知能を測定する指標で、「心の知能指数(感情知能)」とも呼ばれ、現在注目されている概念です。これからの教師には、このEQの高さが求められてくるといいます。

執筆/山形県村山市立袖崎小学校校長 佐藤幸司

山形県村山市立袖崎小学校校長 佐藤幸司先生
山形県村山市立袖崎小学校校長 佐藤幸司先生

EQに向き合おう

今まで、教師のセンスや人間力という言葉で語られることが多かったのでしょうが、心の知能指数(EQ)は学習や訓練によって高めていくことが可能だということが最近の研究結果でわかってきました。

昨今、AI(人工知能)が目覚ましい進歩を続けています。マニュアル通りに正確に教える授業などでは、人間はAIにはかなわないかもしれません。

けれども、相手の気持ちを感じ、思いやる心や臨機応変に対応できる柔軟さ(すなわち、それは心の知能指数の高さと言えます)は、人間だけがもち得るものです。

私たち教師は、日々、人間(子ども)相手に仕事をしています。人間は、感情の生き物と言われます。子どもであればなおさら、感情の起伏が激しかったり、ほんの少しの誤解で深く傷ついたりすることもあります。ですから、教師は高いEQがなければ子どもの感情を理解し、真意を伝え諭すことはできません。

最近の若い教師は、まじめに自分の仕事に取り組み、優秀な人が多いと感じています。採用枠の少ない時代に試験を突破し、憧れの教師になったのだと思います。その身に付けた知識や技能を、子どもたちの成長のためにうまく働かせるために必要なのが、EQなのです。自分のEQを高めていきましょう。

EQの高め方

1.感情的・威圧的な指導を超える

学校生活の大部分は授業時間で占められています。ですから、秩序が保たれた授業を行うのは、子どもたちが安心して学校生活を送るための大きな要因です。

では、授業の秩序づくり、すなわち学習のルールを定着させるとき、どのような指導を行うべきでしょうか。

よく目にするのは、ルールを破った子を厳しく叱るやり方です。悪いことをしたら叱る。これは、当然のことです。秩序づくりには、教師の威厳も必要です。

けれども、教師が大声で怒鳴りつけてばかりいると、今度は子どもが教師に対して安心感をもてなくなります。それが、教師への不信感や反発という形で進展してしまうこともあります。

怒鳴るのは、感情的な行為であり、すぐ感情的になる人は、幼稚に見られます幼い子ども相手に、教師が幼稚に見られる行為を頻繁に行ってはなりません。それは、EQの低い教師の愚行です。

すぐ感情的にならない指導
すぐ感情的にならないようEQを高めよう

秩序づくりで心がけたいのは、頑張っている子を認め、ほめるという教師の姿勢です。

「子どものよさを認め、ほめる」というブレない指導を続けていくと、叱らなくても授業の秩序を築くことができます。ピリッとした秩序が保たれ、それでいて温かさが感じられる学級をつくっている先生は、例外なく認め上手・ほめ上手です。

認め上手・ほめ上手に

2.否定語ではなく肯定語で指導する

叱るという行為は、子どもに否定語を浴びせかけることではありません。肯定語で叱ることだって、十分可能なのです。

小学校の1時間の授業は45分です。授業の終盤、30分を過ぎたあたりから、姿勢が悪くなった子がいました。「姿勢が悪い。だらしないぞ」と言うのは、否定語による叱り方です。そんな時はまず、椅子を引いて、両足をべったり床に着け、背筋をしゃんと伸ばさせます。

子どもを信頼した声かけをする先生
子どもを信じる気持ちを大切に

その後は、時々その子の様子を見ながら、声をかけたり、指名して発言させたりしていきます。そして、最後まで頑張れたことを認めてあげます。子どもを信じる気持ちをもつと、肯定的な叱り方が見えてきます。

良心に語りかける指導とEQの高まり

子どもたちは、みんな「よい子になりたい」と思っています。「悪い子になりたい」なんて思っている子は、一人もいません。それは、誰にでも良心があるからです。

良心とは、よいことをしようとする心の働きです。子どもの心に響く指導とは、すなわち良心に語りかける指導です。

何か悪さをした子がいたら、「何やっているんだ!」と怒鳴りつけるのではなく、「こんなことをしてどういう気持ちだった? うれしかった?」と聞いてあげてください。子どもは、「嫌な気持ちだった。本当は、こんなことをしたくなかった」と答えるはずです。教師の言葉が子どもの心に響きます。

子どもに確かな学力を付けることは、もちろん大切です。同時に(ある意味それ以上に)大切なのは、心の育成です。

EQの高い教師は、子どもを信じ、子どもの良心に語りかける指導を行います。教師のEQは、子どもたちとの信頼関係の深まりに比例しながら高められていきます。

『小三教育技術』2018年9月号より
イラスト/terumi

関連する記事

クラス記事一覧

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

4年3組学級経営物語(15)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ゆめ先生が担当する4年2組では、魔の10月からか、「靴隠し」や「反抗的な生徒」な…

信頼関係を保ち、子どもの不登校を解決!「保護者あるある」

信頼を損なわずに、保護者からの相談を解決するにはどうしたらよいでしょうか? ここでは、「子供が学校に行きたくないと行っている」という連絡があったときの対応例を紹…

提出物チェック術
子どもの提出物チェック&コメント術

学習ノート、日記、ワークシート、連絡帳等々・・・。毎日の提出物を迅速かつ的確にチェック、コメントすることは、子どもたちを伸ばす上で大切な仕事です。とは言え、大き…

いじめ・仲間はずれの解決は学校チームで!「保護者あるある」

日頃から相手に共感し、信頼関係を築こうとしているか? それが保護者対応の際、トラブルに発展してしまうかどうかの分かれ道。今回は、「いじめにあっている」と訴えがあ…

子どものケンカ!クレームを「相談」に変える解決法とは!?「保護者あるある」

保護者とのパイプをしっかり築けていれば、トラブルは「クレーム」ではなく、「相談」になります。ここでは、「子供同士のケンカ」のシーンを例に、保護者対応の取り組み方…

【思春期のからだ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちへの性教育はとても大切。高学年の担任は、気持ちのコントロー…

【思春期のこころ編】高学年女子の心と体の指導法

高学年の女子は、大人の女性へと成長していく途中にあり、心も体も大きく変化する時期です。思春期の子供たちのメンタルヘルスはとても大切。高学年の担任は、気持ちのコン…

4年3組学級経営物語(14)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。「魔の10月」に戸惑い、悩みながらも、全力で立ち向かう若手教師たち。よりよい学級…

学期ごとの集会活動例
《二学期の学級経営》絆が深まる集会活動~魔の10月を吹き飛ばそう~

二学期は、「集団の中の自分」という意識を高めたい学期です。集団力を高めるとともに、一人ひとりを大切にした集会活動に取り組むことで、学級のさらなるパワーアップをめ…

もっと見る