小6国語「プロフェッショナルたち」指導アイデア

関連タグ

教材名:「プロフェッショナルたち」(東京書籍)

指導事項:〔知識及び技能〕(2) イ 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)オ・カ 
言語活動:ア

執筆/京都府公立小学校教諭・本城脩平
編集委員/前・文部科学省初等中等教育局教科調査官・菊池英慈 京都市総合教育センター研修主事・藤本鈴香

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、文章を読んで、そこに書かれた人物の生き方や考え方から自分の将来や生き方について考え、その考えたことを文章全体の構成や展開などを明確にして表現する力を育てていきます。

自分の将来や生き方について考えたことをまとめるためには、教材文「プロフェッショナルたち」や伝記・自伝等の人物の生き方を描いた作品を読み深め、自分の将来や生き方に生かしたいところや憧れるところ、その理由、根拠となる叙述を明確にすることが必要となります。また、自分が考えたことが明確に伝わるように、文や文章を整えることが大切です。

②言語活動とその特徴

本単元で取り組む言語活動として「自分の将来や生き方について考えたことをキャリアパスポートの1ページにまとめること」を位置付けます。新しく始まったキャリアパスポートの取組は、自分の目標や頑張りを記録し、自身の変容や成長を自己評価できるように工夫されたポートフォリオのことです。

単元のゴールをキャリアパスポートの1ページにまとめることで、これまでの自分の経験や体験と文章の内容を結び付けて自分の考えをもち、より明確に自分の考えをまとめる力を育成することができます。

単元の展開(8時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①教師自作のモデルをもとに、学習課題を設定し、学習計画を立てる。

【学習課題】
憧れる生き方について自分の考えをキャリアパスポートの1ページに残そう

第二次(2~7時)

②教材文の中から一番憧れる人物を選ぶ。自分が読んでみたい伝記・自伝等を選ぶ。

③教材文や自分が選んだ伝記・自伝等を読み、自分の将来や生き方に生かしたいところや憧れるところを見つける。

④⑤教材文や自分が選んだ伝記・自伝等を読んで見付けた自分の将来や生き方に生かしたいところや憧れるところを交流し、自分の考えを明確にする。
→アイデア1 対話的な学び

⑥自分の考えをキャリアパスポートの一ページにまとめる。
→アイデア2 主体的な学び

⑦まとめたキャリアパスポートの1ページを読み合い、自分が考えたことが明確に伝わるように、文や文章を整える。

第三次(4時)

⑧完成したキャリアパスポートの1ページを交流し合い、単元を振り返って身に付いた力を認識する。
→アイデア3 深い学び

アイデア1  交流を繰り返す中で、自分の考えをまとめることができるようにしよう

対話的な学び

自分の考えを明確にするためには、教材文を読んで見付けた自分の将来や生き方に生かしたいところや憧れるところを何度も交流し合い、「なぜ憧れたのか」「どこからそう考えたのか」を明確にすることが大切です。交流を繰り返す中で、自分の考えをまとめることができるようにしましょう。

交流を繰り返す中で、自分の考えをまとめることができるようにしましょう。

▼ペア交流のモデル

勝俣さんの「せめなければ道は開けない」という言葉に一番憧れました。シャチのカレンやセイウチのムックの命と向き合う中で、海獣医師としての覚悟をもった姿がすごいと思いました。

最初は海獣を専門にみる獣医師が少なくて、全て手さぐりの状態で失敗や困難もたくさんあったんだね。でも、勝俣さんがそれを一つ一つ乗り越えたから、救える命が増えたんだね。

そうだね。命を救いたいという強い思いはずっと変わらないと思ったよ。最後の「根っこはゆるがなくて動かない」というところにも、それがよく表れているね。自分も、勝俣さんのように「信念」を大切にした生き方をしていきたいと思いました。他の人物を選んだ友達は、どんなところに憧れたのかな。

・同じ人物を選んだ友達
・違う人物を選んだ友達
など交流相手を替えながら、ペア交流を繰り返しましょう。

交流のイメージがもちにくい場合は、教師のペア交流のモデル動画などを活用することも有効です。

アイデア2 キャリアパスポートを活用し、主体的に自分の生き方を考えよう

主体的な学び

主体的に教材文を読み、自分の将来や生き方に生かしたいところや憧れるところを見付け、自分なりの考えをまとめるためには、学んだことが実生活につながることを子どもたち自身が意識できるようにすることが大切です。

そこで、ここでは新しく始まったキャリアパスポートを活用します。キャリアパスポートの一ページに、今の自分の考えを残すというゴールを設定することで、単元を通じて主体的に学習へと取り組むことができます。

▼キャリアパスポートの1ページの例

キャリアパスポートの一ページの例

アイデア3 完成したキャリアパスポートの1ページを交流しよう

深い学び

単元の最後に完成したキャリアパスポートの1ページを交流し合うことで、意見や感想を共有し、自分の考えを広げることができるようにします。そのために、完成したキャリアパスポートの1ページに付箋紙などを活用して、友達の意見や感想を付け加えるようにします。

私は、勝俣さんの生き方に一番共感しました。海獣医師として「命」を守ろうとする覚悟や信念が伝わり、自分もこれからそんな覚悟や信念を大切にした生き方をしたいと思いました。

私は、板金職人の国村さんの生き方に憧れました。どんなに難しい仕事でも,あきらめずに完成させる姿、今も現場に立ち続ける職人としての姿に心が打たれました。

どんな困難にも向き合って自分を磨き続ける姿は、どの人物にも共通しているね。総合的な学習の時間に出会った地域の方にも同じような思いを語ってもらったことがあったね。やっぱり僕は困難に立ち向かえる人になりたいな。

イラスト/斉木のりこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2021年2月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号