小6国語「私たちにできること」指導アイデア

関連タグ

教材名:「私たちにできること」光村図書

指導事項:〔知識及び技能〕(1)カ 〔思考力、判断力、表現力等〕B(1)ア・イ・ウ
言語活動:ア

執筆/京都府公立小学校教諭・樫原貴博
編集委員/前・文部科学省教科調査官・菊池英慈 前・京都府公立小学校校長・藤本鈴香

小6国語「私たちにできること」指導アイデアのイメージイラスト

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元では、具体的な事実や考えを基に、筋道の通った文章になるように文章全体の構成や展開を考える力の育成を目指します。

また、目的や意図に応じて書くことを選び、集めた資料を分類したり関係付けたりして、伝えたいことを明確にすることや、事実と感想、意見と区別して書くなど、自分の考えが伝わるように書き表し方を工夫することも大切です。

②言語活動とその特徴

本単元では、「身近な問題を取り上げて、具体的な事実や考えを基に、提案する文章を書く」という言語活動を位置付けます。身近な問題をテーマにすることで、子供たちは積極的に調べたり書いたりできると考えられます。

また、取り上げる問題が、自分たちで達成したり、仕上げたりすることが可能となるものにすることにも留意しましょう。総合的な学習の時間で扱ったことと関連付けて提案することも考えられます。

提案する文章とは、問題がある状態のものを解決に導くという目的があります。その意味でも適切に問題を設定することが重要です。提案する文章として書いたものを基に実践することで、学んだことが役に立ったという自己有用感を得ることも期待できる言語活動です。

単元の展開(10時間扱い)

主な学習活動

第一次(1・2時)

①自分たちの周りにある様々な問題を出し合い、「身の回りの問題について、解決策を提案し、よりよいくらしにする」という学習課題を設定し、学習計画を立てる。
→アイデア1

【学習課題】自分たちの暮らしをよりよいものにするため、身の回りの問題について、解決策を提案する文章を書こう。

②提案文のモデルを見て、提案文の書き方を考える。

第二次(3~9時)

③提案する文章を書くための資料を集める。

④問題点や解決策など具体的な事例を取り上げながら、提案内容についてアドバイスし合う。
→アイデア2

⑤提案文の構成を考える。

⑥提案文の下書きをする。

⑦下書きを検討して推敲し、清書する。

第三次(10時)

⑧書いた提案文を友達と交流する。
→アイデア3

⑨学習を振り返り、自分に身に付いた力を確かめる。

アイデア1 自分の考えを座標軸で整理し、書きたいことや目的を明確にしよう

高学年の書くことの学習では、書く目的や意図が重要になります。何のために書くのか、自分の考えは何なのかを明確にすることで、子供たちが主体的に書こうとする姿につながっていきます。

書くことが苦手な子供は、何を書けばよいか思い付かないことがあります。下の座標軸の例のようにして考えを整理すると、この中から提案のための資料を選ぶこともできます。

▼座表軸

座表軸

付箋紙を使って、操作できるようにしましょう。また、この座標軸に貼付した付箋紙をもとにグループで話し合い、提案する文章にしていきたいことを選んでいきましょう。

アイデア2 提案する内容をグループで話し合い、内容をよりよいものにしよう

提案する内容をグループで話し合い内容をよりよいものにしよう。

提案内容について、グループごとに話し合います。この時、同じような内容で提案する子供たちでグループを作るなど意図的に設定します。子供たちの話合いが深まっていくためには、グループ構成を検討し、考慮することが大切です。

話合いを進めるために、話合いの柱を大切にします。例として、次のような柱が考えられます。

  • 提案内容が問題解決に対して効果的か。
  • 提案が実現した時の効果が示されているか。また、その効果が本当に得られるのか。

提案内容を三つ思いついたのだけれど、どれが効果的だと思いますか。

ポスターの掲示は、急いでいると内容を忘れますよね。効果は薄いかもしれませんね。

見回りパトロールのアイデアはよいと思います。でも、このままだと自分たちしか意識できないですね。

例えば、パトロールを当番制にしてはどうですか。それだとみんなが活動できます。

なるほど。そうすると、みんなが気を付けるようになりますね。

アイデア3 提案文評価シートでお互いに評価し合い、学習の振り返りをしよう

書いた提案文を交流する時は、話して伝えるだけでなく、評価シートなどを活用します。提案文の内容と表現の二つの観点で評価しましょう。単元の始めに、単元で付けたい資質・能力を子供と共有しておくと、評価シートの内容が、ねらいに沿ったものになります。

評価シートを活用すると、後で見直せるので、振り返りの時に効果的です。自己評価だけでなく他者からの評価も合わせることで、自分のことをより客観的に振り返ることができます。自分に何ができて何ができなかったか認識することで、次の学習に生かしていくことができます。

このように学びをつなげることを意識すると、子供たちの学習がより深まっていくでしょう。

▼提案文評価シート

提案文評価シート
クリックするとPDFがダウンロードできます

イラスト/斉木のりこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2020年6月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号