• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

英語の交流を通して自己理解や他人理解を深める 【小5外国語15分ワークシート】

2019/4/20

聞くことの必然性がある「インプット」の活動や、他教科での知識を生かすなど、本当に自分の思いの入った「アウトプット」をするためのワークシートをご紹介します。
15分程度のモジュール授業にも使いやすくなっています。ぜひお役立てください!

アルファベットのジェスチャーゲームをする子どもたち
イラスト/沼田健

ワークシート1:いろいろイマジネーション

「図画工作」と関連付けた活動を紹介します。児童は、低学年のときから図工の授業の中で、「色」をテーマとした絵や造形、鑑賞の学習を経験しています。この活動では、「気持ち」や「季節」などを「色」で表し、英語で交流することで、自己理解や他者理解を深めます。これらの題材は、抽象的な感覚が芽生える高学年の児童の発達段階にも合っています。

いろいろイマジネーションのワークシート
いろいろイマジネーションのワークシート

PDFファイルのダウンロードはこちらから→LINK

基本の活動の流れ

いろいろイマジネーションの4コマ漫画
いろいろイマジネーション イラスト/沼田健
  1. 「感情や様子」を表わしたり尋ねたりする英語表現や “What color do you like?” のフレーズなどの復習をする。
  2. 教師が “I’m happy.What color do you like?” などと児童に質問し、児童は「幸せ」からイメージする色をワークシートに塗る。
  3. 児童は自由に教室を立ち歩き、ペアを作って “I’m happy.What color do you like?” と質問し合い、その色を選んだ理由を交流する。(※理由は日本語でよい。英語で言えそうであればチャレンジさせてもよい)
  4. 席に戻り、「同じ色でも、自分とは違う理由」や「自分のイメージとは違った意外な色」などをグループやクラス全体で交流する。

使用表現

〇 I’m happy/sad/angry/fine. など
〇 What color do you like? I like ~ .
〇 Spring 〇 Summer 〇 Autumn 〇 Winter

活動のポイント

「なぜその色を塗ったのか」という「理由」を話し合うことで、児童の「聞きたい」「話したい」という思いを引き出すことができます。活動の流れ 4.の交流の時間を大切にしたいものです。

プラスアルファ

「感情や様子」の色の活動の後は、“Spring. What color do you like?” などの英語表現で、「季節の色」で質問し合うと、さらに多様な考え方を交流させることができます。
ちなみに中国では「五行思想」に基づき、春を青(青春)、夏を赤(朱夏)、秋を白(白秋)、冬を黒(玄冬) と言います。各国の文化や考え方の影響で色のイメージが異なることを伝えるのも面白いです。

その他の質問として、
■ Today, what color do you like?
■ This class, what color do you like?
などのフレーズでも、多様な意見交流ができます。

ワークシート2:協力ボディ・アルファベットクイズ

アルファベットの大文字を、身体を使って表現する活動を通して、文字の形や友達の名前の綴りに慣れ親しむことができます。また、4人グループで相談しながら即興でアルファベットをつくる活動を通して、「よりよい人間関係づくり」につなげることもねらいとしています。

協力ボディ・アルファベットクイズのワークシート
協力ボディ・アルファベットクイズのワークシート

PDFファイルのダウンロードはこちらから→LINK

基本の活動の流れ

協力ボディ・アルファベットクイズの4コマ漫画
協力ボディ・アルファベットクイズ イラスト/沼田健
  1. ワークシートを見ながら、「アルファベット・ソング」をクラス全体で歌う。(※ワークシートは4 人で1 枚使用。A ~ Z までが楕円形に書かれているので、どこからでも歌うことができます。B から「BCDE…」のように歌ったり、Z から「ZYXW…」と逆から歌ったりする活動を取り入れると、高学年の知的好奇心を喚起することができる)
  2. 即興で4 人グループをつくる。「あまり関わったことがない友達」「男女バランスよく」など、担任の声掛けが大切。
  3. 活動の「めあて」を確認し、教師とボランティアの児童のデモンストレーションを見て、活動の内容を理解する。( ※「E」などが分かりやすい)
  4. “Let’s make “Y” with our bodies in one minute.” などの教師の指示を聞き、時間内に4人で相談してアルファベットをつくる。使うのは身体全体でも、指や手のように身体の一部分でもOK。(※必ずしも4 人全員で一つのアルファベットをつくらなくてよい。4 人で相談して同じ表現方法であれば、1人やペアで表現してもよい)
  5. 出題された全てのアルファベットに〇を付け、それらから思いつく友達の名前の綴りを、4人で相談してシートに記入する。
  6. クラス全員で声に出して綴りを確認した後、一斉にその友達の名前を呼ぶ。

活動のポイント

「アルファベットの向き」などの気付きや、工夫された表現方法は全体の前で紹介するとよいでしょう。また、普段目立たない児童の名前を出題すると、「よりよい人間関係」につながります。

プラスアルファ

活動に慣れてきたら、児童同士で出題し合うと面白いです。また、「既習の英単語」をお題にすると、「文字や単語の認識」にもつながります。


執筆/宮城県仙台市立公立小学校教諭 尾形英亮先生
『小五教育技術』2018年5月号より

関連する記事

授業記事一覧

専門家に聞く 縄跳び指導のコツ

7重跳びのギネス世界記録保持者として縄跳びの世界で有名な森口明利さん。京都大学工学部から大学院に進み、企業に就職するも退職して縄跳びのプロに転身したという異色の…

2019/5/19

イラスト/イクタケマコト

子どもの博識に「先生、知らなかったな」と言えますか?

子どもたちの活発な調べ学習の中で、教師が知らないようなことまでつぶさに調べてくる子もいます。「先生、これ知ってる?」と痛いところを突かれたとき、「もちろん知って…

小五道徳授業

【教育技術小五小六6月号購入者特典】「道徳の授業レポート」授業動画(PR)

『教育技術 小五小六』6月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載…

【ブックレビュー】『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』

来年度からいよいよ、中学年に外国語活動が、高学年に教科として外国語が正式に導入されます。文部科学省教科調査官の直山木綿子先生が外国語教育について語った『なぜ、い…

漢字を通してコミュニケーション!声に出して読む新式漢字ドリル

つぶやき漢字研究会主宰・学力研理事 久保齋さんが発案した「つぶやき漢字ドリル」 。書き順に沿い、声に出しながら書くことで、コミュニケーションをとりながらゲーム感…

2019/5/12

これからの外国語教育 Small Talkの進め方

新学習指導要領において外国語の正式な教科への指定により、2020年の全面実施へと大きく舵をきる外国語教育。そこでは、“実際に英語を使用して互いの考えや気持ちを伝…

教室の子どもたち

一年生におすすめ、授業開始前の自由課題

ちょっとした空き時間は、課題を早く終えた場合にだけ生じるとは限りません。担任が教室に入る前、担任の準備が整う前、授業開始の合図や号令がかかる前・・・そんな空き時…

2019/5/8

塗り絵2

日本の情景を調べて塗り絵!「鎌倉大仏」「日本三景 天橋立」【プリント配付OKぬりえ】

調べて塗ることで、社会や地理の勉強にもなる、日本の名所や情景を塗り絵にしました。ここでは「鎌倉大仏」と「日本三景 天橋立」。画像をクリックするとA4サイズの印刷…

2019/5/8

塗り絵01

日本の情景を調べて塗ろう!「桜」「宮島の厳島神社」【プリント配付OKぬりえ】

調べて塗ることで、社会や地理の勉強にもなる、日本の名所や情景を塗り絵にしました。ここでは「桜」と「宮島の厳島神社」。画像をクリックするとA4サイズの印刷ができ、…

2019/4/26

熊アート

学習指導案のその表記、ちょっと待って……

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 目次 学習指導案で「~させる」は使役的な意味に捉えられる評価の表記で「~について理解できたか」は評価となりえ…

もっと見る