• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

英語交流で自己理解や他人理解を深める 【小5外国語15分ワークシート】

2019/4/20

外国語授業での「インプット」と「アウトプット」を効果的に行うためのアイデアとして、今回は自分の好きな色などの考えを説明したり、相手の話を理解するといった、英語を使った相互理解に使えるワークシートをご紹介します。
15分程度のモジュール授業にも使いやすくなっています。ぜひお役立てください!

アルファベットのジェスチャーゲームをする子どもたち
イラスト/沼田健

ワークシート1:いろいろイマジネーション

「図画工作」と関連付けた活動を紹介します。児童は、低学年のときから図工の授業の中で、「色」をテーマとした絵や造形、鑑賞の学習を経験しています。この活動では、「気持ち」や「季節」などを「色」で表し、英語で交流することで、自己理解や他者理解を深めます。これらの題材は、抽象的な感覚が芽生える高学年の児童の発達段階にも合っています。

いろいろイマジネーションのワークシート
いろいろイマジネーションのワークシート

PDFファイルのダウンロードはこちらから→LINK

基本の活動の流れ

いろいろイマジネーションの4コマ漫画
いろいろイマジネーション イラスト/沼田健
  1. 「感情や様子」を表わしたり尋ねたりする英語表現や “What color do you like?” のフレーズなどの復習をする。
  2. 教師が “I’m happy.What color do you like?” などと児童に質問し、児童は「幸せ」からイメージする色をワークシートに塗る。
  3. 児童は自由に教室を立ち歩き、ペアを作って “I’m happy.What color do you like?” と質問し合い、その色を選んだ理由を交流する。(※理由は日本語でよい。英語で言えそうであればチャレンジさせてもよい)
  4. 席に戻り、「同じ色でも、自分とは違う理由」や「自分のイメージとは違った意外な色」などをグループやクラス全体で交流する。

使用表現

〇 I’m happy/sad/angry/fine. など
〇 What color do you like? I like ~ .
〇 Spring 〇 Summer 〇 Autumn 〇 Winter

活動のポイント

「なぜその色を塗ったのか」という「理由」を話し合うことで、児童の「聞きたい」「話したい」という思いを引き出すことができます。活動の流れ 4.の交流の時間を大切にしたいものです。

プラスアルファ

「感情や様子」の色の活動の後は、“Spring. What color do you like?” などの英語表現で、「季節の色」で質問し合うと、さらに多様な考え方を交流させることができます。
ちなみに中国では「五行思想」に基づき、春を青(青春)、夏を赤(朱夏)、秋を白(白秋)、冬を黒(玄冬) と言います。各国の文化や考え方の影響で色のイメージが異なることを伝えるのも面白いです。

その他の質問として、
■ Today, what color do you like?
■ This class, what color do you like?
などのフレーズでも、多様な意見交流ができます。

ワークシート2:協力ボディ・アルファベットクイズ

アルファベットの大文字を、身体を使って表現する活動を通して、文字の形や友達の名前の綴りに慣れ親しむことができます。また、4人グループで相談しながら即興でアルファベットをつくる活動を通して、「よりよい人間関係づくり」につなげることもねらいとしています。

協力ボディ・アルファベットクイズのワークシート
協力ボディ・アルファベットクイズのワークシート

PDFファイルのダウンロードはこちらから→LINK

基本の活動の流れ

協力ボディ・アルファベットクイズの4コマ漫画
協力ボディ・アルファベットクイズ イラスト/沼田健
  1. ワークシートを見ながら、「アルファベット・ソング」をクラス全体で歌う。(※ワークシートは4 人で1 枚使用。A ~ Z までが楕円形に書かれているので、どこからでも歌うことができます。B から「BCDE…」のように歌ったり、Z から「ZYXW…」と逆から歌ったりする活動を取り入れると、高学年の知的好奇心を喚起することができる)
  2. 即興で4 人グループをつくる。「あまり関わったことがない友達」「男女バランスよく」など、担任の声掛けが大切。
  3. 活動の「めあて」を確認し、教師とボランティアの児童のデモンストレーションを見て、活動の内容を理解する。( ※「E」などが分かりやすい)
  4. “Let’s make “Y” with our bodies in one minute.” などの教師の指示を聞き、時間内に4人で相談してアルファベットをつくる。使うのは身体全体でも、指や手のように身体の一部分でもOK。(※必ずしも4 人全員で一つのアルファベットをつくらなくてよい。4 人で相談して同じ表現方法であれば、1人やペアで表現してもよい)
  5. 出題された全てのアルファベットに〇を付け、それらから思いつく友達の名前の綴りを、4人で相談してシートに記入する。
  6. クラス全員で声に出して綴りを確認した後、一斉にその友達の名前を呼ぶ。

活動のポイント

「アルファベットの向き」などの気付きや、工夫された表現方法は全体の前で紹介するとよいでしょう。また、普段目立たない児童の名前を出題すると、「よりよい人間関係」につながります。

プラスアルファ

活動に慣れてきたら、児童同士で出題し合うと面白いです。また、「既習の英単語」をお題にすると、「文字や単語の認識」にもつながります。


執筆/宮城県仙台市立公立小学校教諭 尾形英亮先生
『小五教育技術』2018年5月号より

関連する記事

授業記事一覧

外国語授業で学級づくり ~アルファベットに親しもう~

外国語活動の授業の中で、アルファベットに慣れ親しむことができる活動を紹介します。活動を通して友達との仲が深まり、学級づくりの一環としても役立ちます。

【指導計画】6年算数 場合の数(1)

4人でリレーを走る順番が全部で何通りあるかを調べ、順列について、落ちや重なりがないように、図や表を用いたりして、順序よく筋道立てて考えることを学びます。

2019/11/19

【指導計画】5年国語 図書すいせん会をしよう

5年国語「読むこと」「読書」の単元です。本を推薦するには、推薦者が対象となる作品の特徴をよく理解し、その面白さを他の読み手にも伝わるように表現することが大切です…

2019/11/18

【指導計画】1年算数 「ひきざん」(2)

小一算数の「ひきざん」の授業で、10 のまとまりに着目し、具体物の操作、言葉、式を使って考え、説明する活動を通して、減加法を理解することができるようにする。

2019/11/17

帝京大学大学院教授・赤堀博行
明確な指導観をもち、授業改善につなげる「特別の教科 道徳」

小学校では2018年度、中学校では2019年度からスタートした「特別の教科 道徳」。検定教科書の導入など、変わった点も多い中、教科化1年目を終えた小学校ではどん…

【指導計画】1年算数「ひきざん」(1)

1年算数の授業アイディアです。今回は「ひきざん」の前半を扱います。10 のまとまりに着目し、具体物を用いて計算の仕方を考える活動を通して、減加法を理解することが…

2019/11/15

【教育技術小五小六12月号購入者特典】「外国語の授業レポート」動画(PR)

『教育技術 小五小六』2019年12月号本誌に掲載されている「外国語の授業レポート」特集と合わせて視聴するための授業動画です。本誌記事中に掲載されているパスワー…

小一図工 自然の材料で動物づくり

小学校一年生の図工のアイディアです。校庭や学校周辺には、色とりどりの落ち葉や木の実を見かける季節。落ち葉や木の実をたくさん使っておしゃれな動物を作り、キャンバス…

2019/11/15

小六理科のプログラミング教育
誰でもできるプログラミング教育~小六理科 電気の性質や働き~

いよいよ来年度からプログラミング教育が始まります。どのように導入していったらよいか。高学年で必修となる6年理科のプログラミングの授業実践例を紹介します。プログラ…

小一算数 ペアワークで「子どもが教える」ことで定着する

学習の定着率を上げるためには「他の人に教える」ことが一番。(アメリカ国立訓練研究所が発表している「ラーニングピラミッド」という学習定着率を表す資料の中にあります…

もっと見る