小1 国語科「こんなことがあったよ」全時間の板書&指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小1国語科「こんなことがあったよ」(光村図書)の全時間の板書例、発問、想定される児童の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

 小一 国語科 教材名:こんなことがあったよ
(光村図書・こくご 一上)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/相模女子大学学芸学部 子ども教育学科専任講師・成家雅史
執筆/お茶の水女子大学附属小学校・廣瀬修也

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、「書き言葉」によって自分の体験や思っていること、考えていることを表現します。
読み手にわかりやすく伝えるには、文字としてどう書けばよいかを考え、実際に書く力を身に付けたい単元です。

学習指導要領解説国語編B書くこと(1)アには「経験したことや想像したことなどから書くことを見付け、必要な事柄を集めたり確かめたりして、伝えたいことを明確にすること。」と記されています。
この「伝えたいことを明確にすること」がポイントです。何を伝えたいのかをはっきりしないままだと、読み手に伝わりやすい表現にはなりません。必要に応じて、教師が児童の伝えようとしていることを汲み取り、声かけをするとよいでしょう。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元での言語活動は、自分が経験したことを書き言葉によって伝えることです。「書くことは考えることでもある。」という言葉があります。まず、書こうとすることによって児童の思考が促されます。

「これまでの経験で楽しかったことや印象に残っていることを発表し合う」「文章に書いて読み合うという学習課題を知る」「書き方を知る」「経験したことを知らせる文章を書く」「書いたものを読み合う」「学習を振り返る」、以上が本単元の流れとなります。

「書くこと」が主な言語活動となりますが、「話すこと・聞くこと」「読むこと」も関わってきます。書くためには、題材を思い浮かべる必要があります。「最近、学校やお家で楽しかったことはありますか?」と問うことで、すぐに想起できる児童もいるでしょう。一方で、なかなか思い出せない児童もいます。単元の導入において、お互いの話を共有することで、自分の経験を思い浮かべるきっかけにしたいと思います。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 出来事を伝える楽しさを知る

1年生にとっては「初めて」がたくさんあります。その初めて経験したときのワクワクした気持ちを伝える楽しさを、本単元で感じてほしいものです。4月当初から、登校してすぐに「今日学校に来るときに、すっごく大きな犬を見たよ」「昨日ね、家でピザを焼いたんだよ」というように、話し言葉で経験したことを伝えようとする姿が見られたかもしれません。話すことによって、自分の経験を伝えようとしているのです。それに加えて、文字によって自分のことを伝えることができることを体感し、伝わったときの喜びを感じることが、「主体的な学び」につながります。

〈対話的な学び〉 経験したことを伝え合う

「書くこと」における対話的な学びはどこにあるのでしょうか。
まず、書くことの前段階として、楽しかったことや印象に残ったことを伝え合います。伝えて終わりではなく、聞いたことに対して質問をする時間も設けましょう。
例えば、ある子が「昨日、家でぶんぶんごまを作りました」と発表したとします。そこで、聞いていた子たちが「どうやって作るのですか」「何を使って作るのですか」という質問をします。すると、ぶんぶんごまの作り方が学級全体に共有され、さっそく作り始める児童もいるかもしれません。経験を共有することで、その後の学びが広がっていくことに、「対話的な学び」があると言えるでしょう。

また、経験したことを描いた絵や文章を見合いながら話を広げるのもよいでしょう。経験したことを絵と文章でかき上げたらお互いに見合います。「もっと知りたいことはありますか」と声をかけ、児童同士で話ができる場を設定していきます。「対話的な学び」が生まれるための教師のしかけが重要となります。

〈深い学び〉 書き方のよさを共有する

児童一人一人が書いているとき、書いたことを共有するときに深い学びが生まれます。まず、何を書くかを選びます。決まったら、どのように書くかを考えます。「日付があった方がわかりやすいか」「誰と過ごしたのか書いた方がいいか」等を考え、分かりやすく伝えるための文章を考えます。

書いた内容を共有するとき、児童は様々なことを思ったり考えたりするでしょう。
「あ、私も同じ公園で遊んだことある」「この作品はどうやって作ったんだろう」「この遊び、僕もやってみたいな」といった内容についての考えをもつ児童がいるかもしれません。それに加えて、「最初に日付が書いてあると分かりやすいな」「花にたとえているのがいいな」といった書き方についても目を向けることで、言葉に対する見方を見直すことができます。言葉の見方・考え方を共有することも、国語における「深い学び」へとつながります。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

カメラ機能を活用する

出来事を伝えるとき、実物を見せることでより伝わりやすくなります。1年生でも、スピーチをする祭に、実物を提示しながら話をするという事例が多くあります。1人1台の端末が導入されたことにより、児童自身が撮影した写真を提示することが可能になりました。自分の経験を紹介し合うときに、端末で撮った写真を見せながら話をする活動が考えられます。「校庭にアジサイが咲いていました。いろいろな色があってとてもきれいでした」という話と同時に、端末で写真も提示することで、聞いている周りの子たちはどんな様子なのかをイメージしやすくなります。

本単元では、絵と文章に表すことによって、自分の経験を伝え合います。可能であれば、児童が端末で撮影した写真をプリントアウトして、絵と一緒に掲示することも考えられます。もちろん、児童が描く絵のよさもありますので、絵と写真をバランスよく提示することも考えるとよいでしょう。

6. 単元の展開(6時間扱い)

 単元名: みたこと、きいたこと、やったことをつたえよう

【主な学習活動】
・第一次(1時
① 学校や家庭で経験したことを発表し合う。発表が終わったら、きいてみたいことを質問する。

・第二次(2時3時4時
② p.96の絵日記を見て、書く内容をつかむ。
③ 学校であった出来事を、文章や絵でかく。〈 端末活用
④ 休みの日にあった出来事を、文章や絵をかく。〈 端末活用
※実態に応じて、端末で撮影した写真をプリントアウトしたものを貼ってもよい。

・第三次(5時6時
⑤ 書いたものを読み合い、感想を交流する。
⑥ 学習を振り返る。

全時間の板書例、教師の発問・児童の発言例

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例
「主体的な学び」のために

「伝えることの楽しさを知る」ことを、本単元における主体的な学びとしています。
1年生にとって、見るもの聞くものは初めてのものが多いでしょう。その「初めて」を経験したときに「誰かに言いたい!」と感じる子が多いものです。そして、実際に経験したことを話したときに、周りの友達が反応してくれることで、伝えることの楽しさを実感します。楽しさを実感すると、「また伝えたい」「今度はあのことを話したい」「友達はどんなことを話すのかな」と意欲的になることでしょう。これが「主体的な学び」のきっかけにもなると考えられます。最初は、教師が質問をすることで話が広がるようにするとよいでしょう。

また、友達の話を聞くことで「自分も話してみようかな」と思い始める児童もいます。ともに学んでいることで、伝えようとする意欲が喚起されることもあるのです。

今日は、学校やお家であった出来事を伝え合います。楽しかったことや、これをみんなに言いたいなという事はありますか。

この間の土曜日に、折り紙でお花を作りました。

折り紙で作ったのですね。作ってみて感じたことはありますか。

お花を作ったのは初めてだったから、お花の形にするのが難しかったです。

Aさんに、他に聞いてみたいことがある人はいますか。

だれに折り方を教わったのですか。

お母さんに教わりました。あと、本も見ました。

何色の折り紙を使ったのですか。

青とピンクと黄色です。


他にも、出来事を伝えたい人はいますか。

今日の中休みに、校庭で鬼ごっこをしました。

鬼ごっこをやって思ったことや感じたことはありますか。

鬼に1回もつかまらなかったから嬉しかったです。

では、Bくんに質問したい人はいますか。

どういう鬼ごっこをしたのですか。

氷鬼です。

何人で遊んだのですか。

10人で遊びました。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例
「主体的な学び」のために

児童は未知なものに出会ったり、心が動く出来事があったりしたときに「誰かに伝えたい」と思います。この「伝えたい」という思いが、主体的な学びにつながります。
1年生は、日常生活の中でたくさんの経験をしています。出会ったことを自然と伝えようとする児童もいますが、中には自分からは伝えようとしない児童がいるかもしれません。あるいは、話すことでしか伝えられないと思っている児童もいるでしょう。そこで、教師から「出来事を伝える文章を書こう」と投げかけます。「主体的な学び」のためには、教師の関わりも必要なのです。

最初は、教科書の絵日記を参考にしながら書き方を知る時間を設けるとよいでしょう。題名・名前の書き方、文の始めは一文字空けること、また読点や句点を打つ場所等、書き方の指導もこの学習で行うことができます。「書き方を知る」ことも、児童の主体性を育むことに必要なことです。

書く内容を確認しましょう。「したこと・みたこと、みつけたもの・きいたこと・おもったこと」といったように、書くための観点を示します。思ったことの他に、感じたことや考えたことと示してもよいでしょう。

また、誰に対して書くのかも考えます。今回は、教室掲示を想定しているので、同じ学級の友達や先生に向けて書くという相手意識も持てるように学習を進めていきましょう。


【3時間目の板書例 】

3時間目の板書例
「主体的な学び」のために

本時では、学校であった出来事について書いていきます。学校での出来事は児童にとって身近なものであり、また共通体験している事柄も多いので読み手も共感しやすいというメリットがあります。学年を問わず、自分にとって身近な事柄が話題になったときに、児童の主体性が発揮されます。

本時では、書くときのコツとして「いつ・どこで・だれが・なにを・どうした」という観点を示します。これも、書き方を知ることによって主体的な学びとなることをねらっています。

まずは、一人の子が経験したことを板書で示し、書き方を具体的に共有する時間を設けるとよいでしょう。1年生にとって、具体的な物を見ることによって「自分も書いてみたい!」という意欲が喚起されます。

学校であったことを書いていきましょう。最近、学校であったことで伝えたいことは何かありますか。

校庭で鬼ごっこをしました。

給食で初めておかわりをしました。

アサガオが咲いてきたので嬉しかったです。

体育でボールを上手に投げられるようになりました。

楽しいことやできるようになったことがたくさんありますね。
その出来事を文章で書いていきます。「いつ・どこで・だれが・なにを・どうした」がわかるよう、また、そのときの自分の気持ちを書くようにしましょう。

その順番通りに書くのですか。

「いつ」は、文章の最初にあった方がわかりやすいです。
思ったことや考えたことは最後に書くようにしましょう。

Bくんは、いつ鬼ごっこをしたのですか。

昨日の中休みです。

誰と遊んだのですか。

Aくんたちとです。

鬼ごっこをして、どんなことを思いましたか。

1回も鬼につかまらなかったので嬉しかったです。


【4時間目の板書例 】

4時間目の板書例
「深い学び」のために

自分の経験を伝えるとき、話すことで伝えるのが得意な児童もいれば、書くことで伝えるのが得意な児童もいます。
本単元では、発表した内容を文章で表すという話し言葉での伝達と、書き言葉での伝達の両方を言語活動として設定しています。経験を話すとき、書くときではそれぞれ児童の思考が異なっていると言われています。書くことに焦点を当ててみると、児童は「何について書こうかな」「どうやって書き始めようかな」「どんな順番で書こうかな」と、様々なことを考えながら書くという行為に向かうのです。
この考えるときに「深い学び」が生まれていると言えます。出来事をゆっくり振り返ってみると、そのときの様子や気持ちを思い出すでしょう。そして、書くための言葉を選ぶときに「伝えるためにぴったりの言葉は何かな」と児童は自問自答しています。なかなか書けずにいる児童には、教師も一緒になって出来事を振り返るとよいでしょう。

昨日は、学校であったことを書きましたね。今日は、休みの日にあったことを書きましょう。

土曜日でも日曜日でもいいんですか。

どちらでもいいですよ。

私は、土曜日にぶんぶんごまを作りました。

ぶんぶんごまって何?

ひもで回すこまのこと

こまを作れるの?

作り方はCさんに発表してもらいましょうか。


折り紙で鶴を作りました。

学校の休み時間にも、折り方を教えあっていましたね。

公園で縄跳びをしました。

僕も縄跳びできるよ。

友達とトランプで遊びました。

トランプでどんなゲームをしたのですか。


今発表した事をやっているとき、どんなことを考えたり感じたりしましたか。

上手に回せて嬉しかったです。

最後の羽を開くところが難しかったです。

二重跳びがなかなかできなくて悔しいです。

七並べをやったんですけど、一番に揃えられて嬉しかったです。

そのときに考えたり感じたりしたことも書けると、読んでいる人にとってもわかりやすいですね。


【3・4時間目の端末活用例 】

本単元では、上半分に絵、下半分に文章を書くという絵日記方式で経験を伝える活動を設定しています。絵の代わりに、端末で撮影した写真をプリントアウトして貼ることも考えられます。
あるいは、撮影した写真を見ながら、出来事を思い出す時間を取ることも、児童が情景をイメージしやすい手立てと言えます。

端末で撮影する前に、児童に使い方のルールを示すことはもちろん、何の目的で使用するのかも一緒に確認することが大切です。「出来事を伝えるため」に端末を使っていることを確認し、端末で撮影した写真を提示することで自分の伝えたいことがより伝わりやすくなる、という発表についての知識もここで身に付けられるとよいでしょう。


【5時間目の板書例 】

5時間目の板書例
「対話的な学び」のために

本単元における「対話的な学び」は、導入での経験の伝え合い、本時における文章の読み合いで生まれます。ここでは、読み合いのときに、どのようなことを伝えればいいかを児童に伝えます。
「いいと思ったことを伝えよう」と、投げかけるだけだと、「絵が上手ですね」「字が丁寧でいいと思います」というように、内容とは違うことを伝えることも考えられます。どのような観点を示すかも、1年生の国語において大事になります。

質問をすることで対話が生まれやすくなります。そこで、「もっと知りたいことを質問しよう」と声をかけます。本単元では文量がある程度決まっていること、書き言葉ではまだ伝えたいことを伝えきれない児童がいることも考慮して、対話によって話を掘り下げていく時間とします。どんなことを質問すればよいかわからないという子がいるかもしれないので、最初に教師が見本を見せるのもよいです。

今日はいよいよ書いた作品を読み合いますよ。
まずは、隣の人と交換して読み合いましょう。
読み終わったら、おもしろいと感じたことを伝えたり、もっと知りたいことを質問したりしましょう。

昨日、図工の時間に校庭の絵を描きました。芝生の絵を描くのが難しかったです。
次は、教室の絵を描きたいです。

芝生を描いているのが良いと思います。
どうして芝生を描こうとしたのですか。

芝生の緑がきれいだったからです。

・・・。

他に知りたいことはありますか。

ちょっとわからない。

じゃあ先生が代わりに質問しますね。
次は教室の絵を描きたいみたいですね。他にも描きたいものはありますか。

ウサギの絵を描きたいです。

学校で飼っているウサギを描きたいんだね。
1年生の教室の近くにいるから、すぐ描きに行けるね。

何色の色鉛筆を使って描いたのですか?

5色です。芝生には緑と黄緑を使いました。


家でけん玉をして遊びました。

自分のけん玉ですか。

お兄ちゃんのけん玉を貸してもらいました。

何の技をやったのですか。

もしカメです。

何回できるのですか。

10回くらいかな。

Dさんはけん玉を持ってきているみたいだから、休み時間に見せてもらおう。


【6時間目の板書例 】

6時間目の板書例
「深い学び」のために

単元の終盤に振り返りを書くことが多いと思います。児童は何のために振り返りを書くのか、学びを振り返ることの意味を教師が自覚しておくことが大切です。
「どんなことを自分は学べたのか」「この学習をする前と、振り返っている今ではどんな変化があったか」「学んだことを次に生かすとしたら」といった振り返りの観点が考えられます。学びはつながっていることを、1年生なりに自覚することができれば「深い学び」が生まれると考えています。
「楽しかった」という一言には、その子なりの思いが込められています。その「楽しかった」を教師が掘り下げることで、言葉による表現の楽しさを実感できるようにしたいです。

今日は、学習の振り返りをします。
出来事を書く学習をしてみて、思ったことや考えたことを書きましょう。また、友達が書いたものを読んでみて思ったことや考えたこと、次はこんなことを書きたいなということも書けるとよいですね。

書くコツを覚えたから、前よりたくさん書けるようになりました。

書くコツって何でしたか。

いつ、どこで、だれが、なにを、どうした。

あと、そのときに思ったことや考えたこと。

コツを知ると、どんどん書けるのですね。

出来事を伝えるのが思ったより難しかったです。

Dさんは、よくスピーチで出来事を話しているけど、書いてみると難しいと感じたのですね。

話すのと書くのは何か違う。

Aさんは、文の中にそのときに話したことが書いてあって良かったです。

Aさんは、どんなことを書いたのですか。

かくれんぼで見つかったときに、「見つかっちゃった!」って言ったのを覚えていたから、それを書きました。

なるほど。話したことを書くと、そのときの様子がわかりやすくなりますね。

たてわりの6年生に読んでほしいです。

今回は、だれに読んでほしいと思って書きましたか。

友達、先生。

あと、お家の人。

誰に読んでほしいかを考えて書くと、書くことも違ってくるかもしれないですね。


児童が書いた作品について

本単元では絵日記の形式で経験したことを書いています。第5時(足りなければ第6時の10分程を使います)でお互いに共有し、振り返りも書きます。その後は、教室に掲示していつでも見られるようにしておくとよいです。可能であれば、他クラスの友達に見せる、たてわり班の上学年に見せる活動も考えられます。上学年に見せたいときには、担任同士の連携も大事です。1年生が見せに行ったら、感想を言ってもらうようにお願いをしておきましょう。自分が書いたものについて、感想を言ってもらうことは1年生にとって喜びであり、大きな自信になります。その自信が、今後の主体的な学びへとつながっていきます。

また、掲示期間が終わったら家に持ち帰り、家の人に見せるようにするとよいでしょう。保護者は、学校での様子を知りたがっていると思います。我が子がどんな事を経験し、また何を思っているのかを保護者が知るきっかけにもなります。学びは教室だけに閉じずに、開いていくことで、児童の意欲が高まっていくでしょう。

イラスト/横井智美、小野寺裕美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小4外国語活動 Unit 7「What do you want?」指導アイデア
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア②
・小5外国語 Unit 7「Welcome to Japan.」指導アイデア①
・小6 国語科「狂言 柿山伏」「柿山伏について」板書例&全時間の指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 7「This is for you.」指導アイデア
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア①
・小4体育「ゲーム(ゴール型ゲーム)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(跳び箱を使った運動遊び)」指導アイデア②
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア①
・小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マットを使った運動遊び)」指導アイデア②
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号