• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

英語を聞く必然性はこうつくる【小5外国語15分ワークシート】

2019/3/23

2018年4月から始まった新学習指導要領の移行措置。「読むこと」や「書くこと」への注目が高まっていますが、公表された新教材を見ると、「聞くこと」をこれまで以上に大切にしていることがわかります。聞くことの必然性がある「インプット」の活動や、他教科での知識を生かすなど、本当に自分の思いの入った「アウトプット」をするためのワークシートをご紹介します。15分程度のモジュール授業にも使いやすくなっています。ぜひお役立てください!

外国語活動をする子どもたち
イラスト/沼田健

ワークシート1:熟語 DE フィッシング

ひとつ目にご紹介するのは、子どもにとってなじみの深い、英語での「数字の言い方」と漢字の知識を生かして使うワークシートです。教師の発音を聞き取って熟語を組み立てる活動から始まり、子どもが問題を作成したり、それを使って友達と問題を出し合ったりできる内容です。それぞれの学校・学級の実態に応じてご活用ください。

熟語DEフィッシングのワークシート
熟語DEフィッシングのワークシート

PDFファイルのダウンロードはこちらから→LINK

基本の活動の流れ

熟語DEフィッシングの4コマ漫画
熟語DEフィッシング イラスト/沼田健
  1. ワークシートを配付し、1 ~ 15 までの数字の、英語での言い方を確認します。
  2. 答えがわかったときには立って発言すること。答え合わせは全員で一斉に言うことを約束事とします。
  3. 教師の発音する数字を聞いて、その順番で漢字を並べ、できる熟語を考えます。
  4. 答え合わせをして、慣れてきたら子ども同士で出題し合わせます。

使用する表現・語彙

数字の言い方(1 ~ 15)
one, two, three, four, five, …

10までの数字でルールを確認

はじめは、特に子どもになじみの深い1 ~ 10 の数字を使って熟語を作り、流れを確認します。
ルールの理解が難しいようなら日本語で指示をしても構いません。無理にオールイングリッシュにせず、子どもが安心して活動に取り組めるようにしましょう。

慣れてきたら自発的な学びに

活動のルールを理解し、数字の言い方に慣れ親しむことができたら、問題を作るところから子どもに任せてみましょう。2 ~ 3 分、問題を作る時間を設定し、その後ペアで出題し合います。
きちんと聞かないと答えがわからないので、「聞くこと」の必然性のある活動になり、相手の発話をしっかり聞く時間にもなります。

ワークシート2:Who am I ?

外国語活動の学習は「母語でのコミュニケーションを補う」役割もあります。
誕生日や好きな食べ物など、高学年になるとなかなか友達に聞くことは少なくなります。しかし、外国語の授業でそれを尋ねる表現を学習すると、子どもたちは嬉しそうに尋ねて回ります。
実際に子どもたちの様子を見ていると
「□□さん、来月誕生日なんだね。」
「○○くんと好きな食べ物が同じだ。」
など、様々な気付きが生まれてくることが多くあります。

自己紹介カードのワークシート
Who am I?自己紹介カードのワークシート

PDFファイルのダウンロードはこちらから→LINK

外国語活動の授業が、学級のあたたかい人間関係づくりにおいて大きな役割をもつことが見えてきます。
ここで紹介するワークシートは、まさにその部分に特化して使えるものです。
年度初めにこのシートを書かせ(日本語でOK)、集めておきます。その内容について、教師が簡単な英語で伝え、それが誰なのかを当てるという活動をします。

既習の表現はもちろん、「I like ~.」「My birthday is ~.」などの表現は、ジェスチャーを用いるなど工夫すると未習でも理解できます。

基本の活動の流れ

Who am I?の4コマ漫画
Who am I? イラスト/沼田健
  1. ワークシートを配付し、外国語活動の時間や教室でのスキマ時間などにシートを埋めさせておく。
  2. シートに記載されている内容をもとに、教師が英語で紹介してそれが誰なのかを考える。

使用する表現・語彙

好きな○○(色・食べ物・テレビ番組 等)
I like ~.
誕生日
My birthday is ~.
誕生日に欲しいもの
I want ○○.
質問・答え
Who am I ? The answer is ~.

監修/文教大学教育学部教授 金森強先生

執筆/埼玉県川口市立公立小学校教諭 蜂谷太朗先生

『小五教育技術』2018年4月号より


関連する記事

授業記事一覧

専門家に聞く 縄跳び指導のコツ

7重跳びのギネス世界記録保持者として縄跳びの世界で有名な森口明利さん。京都大学工学部から大学院に進み、企業に就職するも退職して縄跳びのプロに転身したという異色の…

2019/5/19

イラスト/イクタケマコト

子どもの博識に「先生、知らなかったな」と言えますか?

子どもたちの活発な調べ学習の中で、教師が知らないようなことまでつぶさに調べてくる子もいます。「先生、これ知ってる?」と痛いところを突かれたとき、「もちろん知って…

小五道徳授業

【教育技術小五小六6月号購入者特典】「道徳の授業レポート」授業動画(PR)

『教育技術 小五小六』6月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集。特集ページには、購入者特典のウェブ版映像付録を見られるパスワードが掲載…

【ブックレビュー】『なぜ、いま小学校で外国語を学ぶのか』

来年度からいよいよ、中学年に外国語活動が、高学年に教科として外国語が正式に導入されます。文部科学省教科調査官の直山木綿子先生が外国語教育について語った『なぜ、い…

漢字を通してコミュニケーション!声に出して読む新式漢字ドリル

つぶやき漢字研究会主宰・学力研理事 久保齋さんが発案した「つぶやき漢字ドリル」 。書き順に沿い、声に出しながら書くことで、コミュニケーションをとりながらゲーム感…

2019/5/12

これからの外国語教育 Small Talkの進め方

新学習指導要領において外国語の正式な教科への指定により、2020年の全面実施へと大きく舵をきる外国語教育。そこでは、“実際に英語を使用して互いの考えや気持ちを伝…

教室の子どもたち

一年生におすすめ、授業開始前の自由課題

ちょっとした空き時間は、課題を早く終えた場合にだけ生じるとは限りません。担任が教室に入る前、担任の準備が整う前、授業開始の合図や号令がかかる前・・・そんな空き時…

2019/5/8

塗り絵2

日本の情景を調べて塗り絵!「鎌倉大仏」「日本三景 天橋立」【プリント配付OKぬりえ】

調べて塗ることで、社会や地理の勉強にもなる、日本の名所や情景を塗り絵にしました。ここでは「鎌倉大仏」と「日本三景 天橋立」。画像をクリックするとA4サイズの印刷…

2019/5/8

塗り絵01

日本の情景を調べて塗ろう!「桜」「宮島の厳島神社」【プリント配付OKぬりえ】

調べて塗ることで、社会や地理の勉強にもなる、日本の名所や情景を塗り絵にしました。ここでは「桜」と「宮島の厳島神社」。画像をクリックするとA4サイズの印刷ができ、…

2019/4/26

熊アート

学習指導案のその表記、ちょっと待って……

文・稲垣孝章(元・埼玉県東松山市立公立小学校校長) 学習指導案で「~させる」は使役的な意味に捉えられる かつて、指導担当学校訪問で多くの授業を参観していました。…

もっと見る