• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

前置詞・canが使える英語ゲーム2種|15分外国語活動アクティビティ

2020/2/17

小学校高学年向けの外国語アクティビティのアイディアを2種紹介します。
必要感のあるコミュニケーション場面を作り出すための活動や、様々な表現に慣れ親しめるような活動を具体的にご提案。

15分程度のモジュール授業にも使いやすくなっています。
印刷やダウンロードもできますので、ぜひお役立てください!!

外国語15分アクティビティ
イラスト/沼田健

ワークシート1: 同じ部屋を完成させよ!

インフォメーションギャップという言葉を知っていますか。会話をする2人のあいだに情報の違いがあり、それを伝え合う必要が生じたとき、本当のコミュニケーション場面が生まれます。インフォメーションギャップとは、この「情報の違い」のことを言います。

外国語活動の授業や帯活動でも、このインフォメーションギャップを意識することで、必要感のあるコミュニケーション場面を作り出すことができます。新教材We Can! 1 のUnit7 では、部屋の中にあるものを紹介する音声を聞き、それぞれが誰の部屋なのかを当てる活動や、自分が選んだ部屋を友達と伝え合う活動等が設定されています。

今回のシートは、その補充教材としてご活用いただける内容になっています。

同じ部屋を完成させよ! ワークシート
同じ部屋を完成させよ!・ワークシート PDFダウンロードはこちらから

事前の指導

★ワークシートを配付し、 各自シートの下部を切り取る。

教師が事前に5つの物を配置したシートをいくつか作っておき、児童が質問し教師が答えた通りに道具を置く活動をする。(ALT とHRT でのデモンストレーションを見せるところから始めるとより良い)

Where is the egg ?

It’s on the chair.

Where is the watch ?

It’s on the table.

上記のようにして5つのやりとりが終わったら、答えを見せる。

シートを使っての活動の流れ

同じ部屋を完成させよ!
同じ部屋を完成させよ! イラスト/沼田健

① ペアを作り、一方(A)がシートの部屋の中に物を配置する。もう一方(B)には見せない。
② Bが、Where is the(  )? と尋ね、Aが答える。[繰り返す]
③ お互いのシートを見せ合い、どれだけ合っていたかを確認する。
④ A・Bの役割を交代して続ける。

活動のポイント

この活動の難しいところは、on・in など前置詞が変わることです。We Can! 1 の94ページにあるイラストを活用するなどして、児童の視覚的な理解を促してください。

ワークシート2: なりきり自己紹介「できること」

外国語活動の授業では、「自分のこと」「言いたいこと」を言う活動を多く設定したいものです。ただ、それだけだと「何度も使う」や「様々な表現にふれる」という経験をさせにくいという課題もあります。

そこで、今回紹介するのは「なりきる」ことで様々な表現に慣れ親しむことができる活動です。

自分自身のことを話している時には使わない表現を話したり、聞いたりすることができます。

なりきり自己紹介 ワークシート
なりきり自己紹介「できること」・ワークシート PDFダウンロードはこちらから

活動の流れ

なりきり自己紹介 活動の流れ
なりきり自己紹介「できること」 イラスト/沼田健

(1) ワークシートを配布し、シートの見方を知る。

 ○⇒できる × ⇒できない

(2) 教師が人物に関する3つのヒントを示し、それが誰のことなのか考えて当てる。

(例)① I can play soccer.
   ② I can cook.
   ③ I can play the piano.

Kanae!

Collect.

何度か繰り返すことで、表の見方に慣れるとともに、can/can’t の表現を十分に聞かせる。

(3) 活動のデモンストレーションを見る。
 ( ALTとHRTのやりとりを見ながら児童も考える)

Can you do Judo?

Yes, I can.

Can you play soccer?

No,I can’t.

Toshiko !

〈ルール〉

  • 質問は2つできる。
  • 2つの質問後、答えを予想して、答え合わせをする。
  • 1問ごとに役割を交代する。

(4)実際になりきって、やり取りをする。

活動のポイント

この活動は、動作を表す表現(play soccer 等) に十分慣れ親しんでから行うことをオススメします。また(3)で活動の理解が不十分な時は、代表児童とALT でのデモンストレーションを入れるなどして、流れをしっかり理解したうえで(4)の活動を始めるようにしてください。


監修/文教大学教育学部教授・金森強
執筆/埼玉県公立小学校教諭・蜂谷太朗

『小五教育技術』2019年1月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『授業の工夫』の記事一覧

小6体育「体つくり運動」指導のポイント

小6体育「体つくり運動~体ほぐしの運動~」指導のポイントです。体ほぐしの運動は、手軽な運動を行い体を動かす楽しさを味わうことで、自分や友達の心と体の状態に気付い…

国語のマンネリに喝!授業にアクセントを作る技16【♯三行教育技術】

時数の多い国語だからこそ、子どもを飽きさせない授業を行いたいもの。漢字、音読などルーティンになりがちな活動をどうエキサイティングするか、学級経営にも良い影響を及…

菊池省三の教師力UP道場:授業の「ぼんやり参加」がなくなる!黒板の使い方とは

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、 ラビ子、ツネ夫、タヌ吉の3人、いえ3匹の教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝…

小1算数「なかまあつめ」指導アイデア

小1算数「なかまあつめ」の単元の指導計画です。集合の要素の個数の大小を、おはじきなどの媒介物による1対1対応によって判断することができるようにします。

小5国語「登場人物どうしの関わりをとらえ、感想を伝え合おう」指導アイデア

小5国語「登場人物どうしの関わりをとらえ、感想を伝え合おう」の指導計画です。交友関係の広がりが顕著となるこの時期において、子供たちが興味をもって読んだり考えを話…

ラビ子ツネ夫タヌ吉
菊池省三の教師力UP道場:授業に必要な「4つの力」まとめ(後編)

省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝授するお話の第9回。「最初の10秒間構成力」「…

新学習指導要領への実施に向け、新年度までに万全の最終準備を

新年度を目前に控えたこの時期、全国の小学校では、例年どおりの新学期への準備に加え、新学習指導要領全面実施に向けた最終の確認も進められていることでしょう。この2年…

小2年算数「ひょうとグラフ」指導アイデア

小2年算数「ひょうとグラフ」指導アイデアです。お楽しみ会のアンケート結果を題材に遊びたい場所と遊びについて、結果の読み取り、表やグラフを用いた整理方法を学びます…

小4算数「角の大きさ」指導アイデア

小4算数「角の大きさ」の指導計画です。角の大きさを回転の大きさと捉え、それを任意単位を用いて表すことをねらいとします。身近なものを基準として、そのいくつ分と考え…

菊池省三の教師力UP道場:授業に必要な「4つの力」まとめ(前編)

菊池省三先生が伝説の授業の達人(鳥?)であるフクロウのショーゾー先生となって、教師のタマゴたちに「生きた授業技術」を伝授するお話。 第8回は、これまで学んできた…

もっと見る