• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

スモールステップでABCに親しむ 【小5外国語15分ワークシート】

2019/5/30

聞くことの必然性がある外国語の授業での「インプット」の活動や、他教科での知識を生かすなど、本当に自分の思いの入った「アウトプット」をするためのワークシートをご紹介します。今回は、おもにアルファベット文字や英語読みの数字をゲーム感覚でタッチして学べるシートを提案します。
15分程度のモジュール授業にも使いやすくなっています。印刷やダウンロードもできますので、ぜひお役立てください!!

スモールステップでアルファベットに親しむ
イラスト/沼田健

ワークシート1:数字 DE タッチ

ご紹介するのは数字を使った活動の応用です。ほとんどの子が1から10までの数字を簡単に言うことができます。しかし、11を超えた途端に一気に難しくなるようです。それは、1~10と比べて日常的に耳にする機会が少ないからです。

このシートを使っての活動では、計算を取り入れることにより、ただ数字の言い方を知るだけでなく、聞いたことを理解し、頭の中で処理して答えます。答えは、英語で言えなくてもタッチすればOKなのがシートを活用するよさです。子供たちが安心して活動に取り組めるよう、スモールステップで進めていきましょう!

基本の活動の流れ

数字DEタッチ
先生「これから先生の言う数字に+5したところをタッチしてね」
子ども「楽しそう」
子ども「ワクワク」
先生「3」
子ども『8』
先生「次は計算です。先生が言う計算の答えをタッチしてみてね」
子ども「難しそう……」
先生「8 times 3 is...」
子ども『24』
数字DEタッチ イラスト/沼田健

★ワークシートを配布する
1. 数字の言い方を確認する。
2. プラスでタッチ。
 教師が言う数に、指定した数を足したところにタッチする。
 (やり方の説明は日本語でOK)
3. 計算DE タッチ
 教師が言う計算式を聞いて、電卓のようにタッチし、最後に答えの数字をタッチする。

+  plus   - minus
×  times  ÷ divided by

(例) 8 plus 3 is 11. 8 minus 3 is 5.
    8 times 3 is 24. 8 divided by 4 is 2.

使用する表現・語彙

〇1 ~ 30 までの数字の言い方
〇計算の言い方(上記参照)

活動のポイント

慣れてきたら、子供の代表者に活動の流れ 2~3の教師役を任せてもいいですし、ペアでの活動にしてもいいでしょう。
また、子供たちの様子によってはこのシートを使わず、教師が言う計算式の答えを子供が答える活動や、リズムに合わせて教師が言う数字の2倍の数を子供が答える活動などにも発展させることができます。

ワークシート2:アルファベットタッチ

アルファベットについては継続的に触れ、子供たちが慣れ親しむことができるようになることが求められています。
とはいえ、ただの暗記のような活動や、ひたすら書いて練習するような活動ではいけません。

ここで紹介するのは、アルファベットを順番通りにタッチするというとても簡単な活動に活用できるワークシートです。私たち大人にとっては簡単に感じるアルファベットですが、子供たちにとってはそう簡単なものではありません。楽しみながら繰り返し触れることで、少しずつ慣れ親しんでいけるようにしましょう。

基本の活動の流れ

アルファベットタッチの4コマ漫画
アルファベットタッチ イラスト/沼田健

★ワークシートを配布する
1. 教師が黒板にアルファベットカードを示しながら(書きながら)言い方を確認する。(ALT に発音してもらうとよい)
2. 子供は、自分でシートにタッチしながらA ~ Z までを確認する。
3. 教師の歌に合わせてアルファベットにタッチする。(A ~ Z の順)【ABC の歌】
4. 教師(ALT)が発音するアルファベットにタッチする。小文字の時は単語になるように発音する。

使用する表現・語彙

A~Zまでのアルファベット 大文字・小文字

活動のポイント

実態に合わせ、大文字・小文字のシートを使い分けたり、活動の順番を工夫したりしてください。また、子供たちが不安に感じることがないよう、ゆっくり丁寧に進めることをオススメします。

ワークシートをよく見ると…

実はこのワークシート、小文字版はアルファベットの4線上の位置によって文字の周りの形を変えています。発展的な活動として、その仲間分けについて子供たちと一緒に考えても面白いですね。


監修/文教大学教育学部教授 金森強先生
執筆/埼玉県川口市立公立小学校教諭 蜂谷太朗先生
『小五教育技術』2018年6月号より

関連する記事

授業記事一覧

【指導計画】5年体育 表現運動「対決だ!激しい攻防・追いつ追われつ」

表現運動は、自己の心身を解き放し、リズムやイメージの世界に没入して、なりきって踊ることが楽しい運動であり、互いのよさを生かし合って仲間と交流し、踊る楽しさや喜び…

2019/8/18

視写を生かしたシンプルな国語授業で語彙力、文法力を伸ばす

体全体で文の内容を読み、それを書き写しながら意味を理解していくこと。それが視写です。視写にしっかり取り組めば、子どものやる気と集中力が高まったり、先生にとっては…

『ドラえもん』で授業を! 漫画を教材として活用しよう

「漫画は授業の教材として魅力がある」――そう語るのは、漫画を活用した授業実践で注目され、「学年別ドラえもん名作選」の監修者でもある、早稲田大学系属早稲田実業学校…

2019/8/15

【指導計画】5年国語 多様な情報を読み取り、自分の考えを深めよう

本単元では、自然保護のあり方に対して課題意識をもち、意見文にまとめていきます。意見文は、自分の立場を明確にしたあと、その立場から調べたことや考えたことを読み手に…

2019/8/13

くり~ごんぎつねが猟師にとどけたもの
【指導計画】4年国語「ごんぎつね」読んで考えたことを話し合おう

4年生国語「ごんぎつね」の指導計画です。叙述を根拠に話し合うことで、作品に対する理解を深めることができるようにします。また、読後の感想をまとめ、話し合うことで、…

2019/8/11

【指導計画】6年理科「月と太陽」

新・学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」に完全対応。6年生理科「月と太陽」をテーマに、生活経験を本単元で育んだ見方・考え方を働かせて関連付けて考えられるよ…

2019/8/8

【指導計画】4年体育 体つくり運動(多様な動きをつくる運動–移動・力試し・組み合わせ)

「体つくり運動」は、体を動かす楽しさや心地よさを味わいながら、体の基本的な動きを培うことのできる運動です。「体ほぐしの運動」では、誰もが楽しめる手軽な運動を行う…

2019/8/7

「対話的な学び」が深まる学校にするため管理職がすべきこと

ここ十年で間違いなく増えてきた、生徒たちの対話によって学びを深めていく方法。しかし、本当に効果的な対話になっているのか、それとも単なる会話に終わっているのか、指…

【指導計画】3年体育 みんなで Run! Run! Run! ~かけっこ&リレー~(走の運動)

走の運動は、かけっこ・リレー・小型ハードル走で構成されています。本単元では、意欲的に学習に取り組めるような活動の場を用意して、いろいろな競走を経験するようにして…

2019/8/5

【指導計画】1年算数「10より大きいかず」

「10より大きい数」の単元では、10 のまとまりに着目して、20 個より少ないブロックの数え方について考える活動を通して、「10 のまとまりといくつ」に分けて数…

2019/8/3

もっと見る