• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

外国語15分アクティビティ|書くこと

2019/7/28

子どもたちはアルファベットを書くことが、とても大好きです。ここでは、オリジナルの辞書作りや食べ物のコースメニューを作って友達と交流する活動を通して「書くこと」に意欲的に取り組める外国語授業のアイディアを提案します。

15分程度のモジュール授業にも使いやすくなっています。印刷やダウンロードもできますので、ぜひお役立てください!!

外国語 ワークシート 子供イラスト
イラスト/沼田健

ワークシート1:マイディクショナリーを作ろう

新学習指導要領、それに伴う新教材を使用しての指導が始まって数ヶ月、「書くこと」の指導はどのようにされているでしょうか。「書くこと」が入ったからといって漢字練習のように、「A・B・C・・・」を繰り返し書くような活動では、子どもたちの意欲は下がるばかりです。 しかし、実際のところ子どもたちは「英語(単語や文)を書いてみたい」という思いを強くもっているようです。

そこでご紹介するのは、毎時間授業で登場した単語を1~2つ選んで書き溜めていく、「マイディクショナリー」です。同様の実践を続けていくと、こちらが想像する以上に「書く」ことに意欲的な様子が見られますよ。

●シートの説明

外国語ワークシート 枚ディクショナリーを作ろう
マイディクショナリーを作ろう・ワークシート PDFダウンロードはこちらから

シートの下に4線上に書いたアルファベットがあります。これは1つ1つのアルファベットを、正しく表記するためのお手本となります。

「ディクショナリー」になる部分は、イラストまたは文字を書く部分と、単語をアルファベットで書く部分とで構成されています。子どもの実態や確保できる時間に応じて、使い分けてください。

●活動の流れ

マイディクショナリーを作ろう イラスト/沼田健

★ワークシートを配付する

① 出てきた単語の絵カードを黒板に貼る。
② 絵カードの下に文字を書く。カードに文字の表記があればそのままでもよいが、大きく4線上に書くと子どもが写しやすい。
③ 自分が書きたいものを選んでシートに書く。
④ 書いたものを友達と見せ合う。

●実践のポイント

4線が書いてある短冊を作っておき、それをラミネートしておくと、ホワイトボードマーカーで書いたり消したりできるので便利です。

ディクショナリーがどんどん貯まることで子どもたちは達成感をもって取り組むことができるはずです。「書きたいものを選んで書く」というところが、最も重要なポイントです。授業の終末での実践がおすすめです。

ワークシート2:コースメニューを作ろう

外国語活動の授業では、様々な食べ物の言い方が出てきます。日頃からよく耳にするものもあれば、授業で初めて知るものもあります。様々な活動の中で、子どもがそれに慣れ親しむことができるようにする必要があります。

ここでは、子どもたちが自分の好みに合わせてコースメニューを作り、それを交流する活動を紹介します。

ファミリーレストランなどでも、自分で組み合わせを考えるだけでワクワク感がアップします。授業でも、「自分が好きなものを選ぶ」という活動があると、意欲はグーンと高まります。

コースメニューを作ろう・ワークシート PDFダウンロードはこちらから

●活動の流れ

コースメニューを作ろう イラスト/沼田健

★ワークシートを配付する

① タッチゲームを行う。「先生が発音した食べ物にタッチしましょう」
② 教師のコースメニューを予想する。「先生が作ったメニューを予想しましょう」
  ◇答え合わせをする
  I like ○○(A)、○○(B) and ○○(C).
③ 自分のコースメニューを作る。
 「A・B・C の中から1 品ずつ選びましょう」
④ 教室を回って友達と交流する。
◇ ALT とデモンストレーションをする
 「まずは、先生たちで見本を見せます」

ALT:I like ○○(A)、○○(B) and ○○(C).
HRT:I like ○○(A)、○○(B) and ○○(C).

◇ルールを確認する
・「教室を回って、友達と自分が作ったメニューを紹介し合いましょう」
・「同じ数によってタッチの仕方が違います」

●実践のポイント

教師が楽しそうにデモをすることが何より大切です。ファミレスでのリアルなエピソードを話すなどして、子どもたちが「楽しそう」「やりたい」と思うような言葉かけを意識してみましょう!


監修/文教大学教育学部教授 金森強先生
執筆/埼玉県川口市立公立小学校教諭 蜂谷太朗先生
『小五教育技術』2018年9月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

授業記事一覧

小学4年体育『キャッチソフトバレーボール』指導のポイント

四年生の体育でのネット型ゲームの紹介です。ネット型ゲームは、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、得点を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動です…

2019/12/8

1年体育(鬼遊び)「にげろ! おいかけろ!! わくわく どきどき おにあそび」

小学1年生の体育での鬼遊びを紹介します。鬼遊びは、一定の区域で逃げたり追いかけたり、相手の陣地を取り合ったりしながら勝敗を競い合うゲームです。区域や用具などを工…

2019/12/7

小学校低学年のぬりえ|クリスマス【プリントOK】

12月はツリーやサンタをモチーフとしたクリスマスの時期にぴったりなぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の…

遊びながら漢字テストで100点を取る方法【プリントつき】

一年生の漢字は全員が満点を取れなくてはなりません。「集めて、遊んで、使ってみて」学年のまとめに向けて楽しく漢字を習得させる工夫を白川静漢字教育賞受賞者の栗林育雄…

【ぬまっち流】道徳はニュースから「なぜ?」を引き出す
道徳はニュースから「なぜ?」を引き出すのがよい理由

ユニークな実践で知られるカリスマ教師、「ぬまっち」こと沼田晶弘先生が、実際に起こるニュースを題材に「なぜ?」を突き詰める力を養う実践を紹介します。道徳の教科書か…

寒さに勝つ体育授業「いろいろおにごっこ」3つの解決ポイント

小学校の冬。それは、難しくなってくる勉強、日々厳しくなる寒さ・・・クラスにうっすらと鬱々とした空気がただよってくる時期。そこで、それを打破するのが、楽しい体育の…

スモールステップ+ほめる指導ですべての子がなわとびできる

埼玉県なわとび協会事務局長の戸田克先生が監修した、なわとびハウツー学習漫画が出ました。ドラえもんがキャラクターとして使われた子ども向けの本ですが、指導者が読んで…

3年体育(ネット型ゲーム)心をつなごう!キャッチソフトバレーボール

小学3年生の体育「ネット型ゲーム」は、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、自陣から相手コートに向けてボールを返して、得点を競い合うという運動特性があり…

2019/12/3

音楽評価|担任のモヤモヤに専科が答えます!

編集部に届いたお便りで、「女性というだけで音楽を担当することが多いのですが、専門外のため、特に、創意工夫の評価がイマイチ分かりません。」というご意見をいただきま…

リズムなわとびで学級づくり
動画付き!リズムなわとびで学級づくり

冬場の体力づくりに適した「なわとび」と、表現活動の「ダンス」を組み合わせたリズムなわとびは、仲間と協力して練習し、完成度を高めていくことで、学級づくりにもつなげ…

もっと見る