子供に「学校に行く理由」を聞かれたとき、何と答える?

連載
沼田晶弘の「教えて、ぬまっち!」【毎週土曜10時更新】
関連タグ

国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭

沼田晶弘

沼田晶弘先生ンラインセミナー開催決定! 
詳しくはこちら→沼田晶弘先生「新年度を成功させるためのヒント」講演会

独自の学級経営&教科指導で注目を集める、「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生。
今回は、もし子供に「どうして学校に行かなければいけないの?」と質問されたとき、沼田先生ならどう答えるのか、聞いてみました。

撮影/下重修

学校へ行くメリットと、行かない場合のデメリットを伝える

まず最初に、「保護者が子供に普通教育を受けさせることが『日本国民の義務』」であることは伝えるだろう。

その上で、学校に行くメリット、行かない場合のデメリットの話をする。

例えば、「勉強は家で一人だけでやるより、学校でやるほうがずっと楽だよ」と伝える。

子供たちの中には、学ぶ力をすでに身に付けていて、一人で勉強をどんどん進められる子もいるかもしれない。しかし、勉強を「一人でやる」ということは実はとても大変なことだ。特に小学生の場合は、「一人で学び続ける姿勢」をつくることが最も難しい。

ボクは大人になってもまさにそういうタイプだ(笑)。「1人でゴルフの練習をやりなさい」と言われたら全然やらないけれど、「友人と週2回練習する」と決めて、練習できる場所と機会を与えられればちゃんとできる。

学校に行く意味もそこにあるんじゃないかな。

学校には、勉強をする時間や環境が確保されているし、何をどういうペースでどこまでやればよいのか学校が決めてくれる。しかも、学校には一緒に頑張る仲間もいる。しかし、一人でやる場合は、教材も時間配分も、自分で考えて決めなければならない。だから、学校に行って勉強することは大変だと思っている子供には、一人でやるほうがずっと大変なのだということに気付かせたいなと思っている。

学校は、人との関わり方を練習し、自分の本当の個性を知る場所

学校に行かないデメリットに関しては、「もし学校に行かなかったら、きっと自分のことが何も分からないよ」と伝えるだろう。

「世の中には、いろんな人がいる。そして、社会に出たら、自分の考えや性格とは全然違う人ともなんとか上手にやっていかなくてはいけない。学校は、社会に出る前に、そういういろんな人たちとどう関わっていくのかを学ぶ場でもあるよ。さらに、学校に行くことで、自分にはどんな特性があるのか、本当は何が得意なのかを知ることもできるよ」と伝えるだろう。

例えば、自分を身近な人とだけ比較し、自分は足が速い人間だと思っていたのに、規模の大きい学校に行ったらもっとたくさん足の速い人がいて、自分はあまり足が速くなかったと気付いた、なんていうことはよくある話だよね。

そう考えると、学校という場で、いろいろな人の個性を知ることによって、本当の自分の個性も知ることができると思う

もし家の中にずっといたら、自分の家族や、自分が経験した生活習慣しか知らないまま大きくなることになる。そのまま大人になっても、「自分はお金を稼ぐ方法を確立しているから、人と関わらないで生きていきます」という人もいるだろう。「自分は家族と自給自足をするので、他の人の個性や文化など知らなくていい」という人もいるかもしれない。

しかし、もしも少しでも「人と関わって生きていきたい」と思うのなら、学校生活を通して、少しずつ人との関わり合い方を練習していた方がいいんじゃないかな。

教師が学び続ける姿勢と魅力を、子供に見せることが重要

ただし、当然人と関われば、トラブルは起きるよね。関わる人全員と100%うまくつき合えるわけではないからだ。でもトラブルを経験した人と経験したことのない人では、人間的な成長で言えば、恐らく大きな差ができるだろう。そういう意味でもボクは、子供が「社会性」を身に付けるためには、学校で『ぶつかり稽古』をするのが一番だと思っている

ただし、子供たちにしっかりとした基礎学力や社会性を身に付けさせるためにも、トラブルも含めてよい経験になるように先生のマネジメント力が重要になる。

そのためには先生自身が社会性を身につけ、一人ひとりの個性の受け止め方や、人と人との関わり方に関しても学び続ける必要があると思う。

そして、先生も学校以外の世界をよく知っておくべきだ。可能であれば、学校以外で自己研鑽する場を持っているとよいと思う。

ボクは現在オンラインサロンを主催しているのだけれど、学校関係者以外の参加者も多く、様々な視点からお話を聞けるので学ぶことが多い。また、ボク自身が学んだり、視野を広げることで、子供たちにいろんな世界を伝えられると思うし、少しでも子供たちの可能性を広げてあげることにつながればよいなと思っている

春休みなどの長期休みは、学校以外の人と出会ったり、自己研鑽をする絶好のチャンス。

最近はオンライン講座も増えているから、気軽に参加しやすいよね。

先生は教えるだけの人ではなく、先生自身も学び続ける人であるという姿勢を子供たちに見せることで、子供たちに対し、「学ぶ意義」、さらには「学校に通う意義」への理解を深めてあげることができるんじゃないかな

  • ↑メールアドレスだけで、カンタンに投稿できます。
  • いただいた内容を一部引用、要約してサイトに掲載させていただくことがあります。
沼田晶弘先生
沼田晶弘先生

沼田晶弘(ぬまたあきひろ)●1975年東京都生まれ。国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭。東京学芸大学教育学部卒業後、アメリカ・インディアナ州立ボールステイト大学大学院にて修士課程を修了。2006年から現職。著書に『「変」なクラスが世界を変える』(中央公論新社)他。 沼田先生のオンラインサロンはこちら>> https://lounge.dmm.com/detail/2955/

取材・構成・文/出浦文絵

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
沼田晶弘の「教えて、ぬまっち!」【毎週土曜10時更新】
関連タグ

国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭

沼田晶弘

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号