小6 国語科「いちばん大事なものは」板書例&全時間の指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小6国語科「いちばん大事なものは」(光村図書)の板書例、活動例、予想される子供の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小六 国語科 教材名:いちばん大事なものは(光村図書・国語 六)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/山梨大学大学院准教授・茅野政徳
執筆/神奈川県川崎市立はるひ野小学校・田中真琴

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、自分が大事にしたいと思うものや考え方と、それを選んだ理由を伝え合う中で、思考に関わる語句を適切に使用し、自分の考えを伝えたり、質問して相手の意図や考えを的確に捉えたりする力の育成を図ります。

2. 単元の評価規準

単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

本単元における言語活動は、3人一組のような小グループでの話合い活動を指します。
例えば、3人グループでの話合いでは、話し手は大きな声を出す必要がなく、二人に向かって伝えればよいので、心理的負担も少なく、話すことに苦手意識がある子でも取り組みやすいでしょう。
また、質問や感想、話し手の考えに対する意見などを伝える際には、聞き手が二人であれば、「私もそう思う」など同意が得られたり、「でもぼくは……」と異なった考え方を知れたり、「…についてはどう思う?」など新たな視点を得られたりするでしょう。
ペアでの話合いだと、同意だけで終始する、話合いが平行線のまま深まらずに終わってしまう、といったことがあるかもしれません。逆に人数が多ければ、一人が話す機会はその分減りますし、多様な考えが出たとしても深まりが得られないまま、終わってしまうことも起こりえます。話し合う内容、時間の長さ、話す目的など、その場に応じた形態を考える必要があるでしょう。

この単元では、話合いを通して自分の考えを広げたり深めたりすることが重要です。そのためには、限られた時間の中、話し手も聞き手も満足感を得られる、3人1組の小グループを推奨しています。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 話し合うことのよさを体感する

自分の考えを話して終わり、友達の考えを聞いて終わりでは、話合い活動とは言えません。なぜ話し合うのか、話し合うとどうなるのか、子供たちが見通しをもっておくこと。また、話合いによって「新たな気付きが得られそうだ」「友達がどう思うか知りたいな」と期待がもてること。この2点が重要です。そのためには、子供たちにとって魅力あるテーマを設定し、話し合うことで考えが広がったり深まったりするというイメージがもてるようにしましょう。

今回は導入として、教師側から「みんなはどう思う?」と、あるテーマを投げかけます。
「夏休みと冬休みならどちらが好きか」のような二者択一のテーマ、あるいは「無人島に一つ持っていくとしたら何?」といった、さまざまな意見が出やすいテーマなどです。
意見を出し合う前に自分の考えをノートに書きます。そして発表し合った後、考えが変わった子に、だれの意見でどう変わったのかを発表してもらいます。
また、意見は変わらずとも理由が増えた子もいるでしょう。その姿をしっかりと価値付け、全体で共有していきます。「一人で考えるよりはるかに多くの考えが得られる」「自分が思いもよらなかった見方があるんだ」などと、話し合うことのよさ、友達に自分の考えを聞いてもらうことの心地よさを経験できるようにしていきます。

〈対話的な学び〉 自分の考えを明確にもつために

この単元では「いちばん大事なもの」がテーマとして設定されていますが、もちろん学級の実態によって、変えることも必要です。
「考え方」のような抽象度の高いテーマは話合いがしづらいものです。話し合うことに慣れていない、考えを伝えるのが苦手な子が多い、というような実態があれば、「大切にしている宝物」のような具体的なテーマを設定することにより、自分の考えがまとめやすくなるでしょう。
また、「大事だと思うものはどれか」など、教師が前もっていくつか選択肢を用意しておく方法もあります。「あいさつ」「笑顔」「言葉づかい」など、子供たちが大切だと思っているもの、理由がいくつか考えられるものを提示することで、取り組みやすさが格段に高まるでしょう。

自分の考えをもっているからこそ友達の考えを聞いて比べたくなりますし、友達に対して自分の考えを伝えたくなります。話し合う大前提として、まずは一人一人が明確に自分の考えをもつことができるよう、手立てを講じていきましょう。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)一人一人の考えを出し合い可視化する

本単元では、導入に学級全体で話し合う場を設定しました。その活動で端末の機能が利用できるでしょう。円グラフや様々な色の付箋などを用いれば、話合いの前後で学級全体での割合の変化や意見の数の変化が画面上で可視化され、話し合うことで考えが広がったり深まったりするという効果を実感できます。学級全体での活動なので、全員が発言することは難しいですが、端末を利用すればだれもが参加できますし、意見が変わった子を捉えやすくなります。時間短縮にもなりますので、このような場面では積極的に利用していきたいものです。

6. 単元の展開(2時間扱い)

 単元名:いちばん大事なものは

【主な学習活動】
1時2時
① 学級全体で一つのテーマについて話合い、話合いの見通しをもつ。2時間目にグループで話し合うテーマについて、自分の考えをノートやワークシートに書く。〈 端末活用(1)〉
② 3人程度の小グループで互いの考えを聞き合う。グループのメンバーを替えて同様に交流し、前のグループの話合いでどんな考えが出されたかを共有する。

全時間の板書例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例
モニター例
モニター例

〇 意見を交流する際には積極的に質問するよう促し、以下のような質問が出た際には、相手の考えを深く理解しようとする行為であることを全体で共通理解し、質問の質が上がるように導くとよいでしょう。理由や具体的な内容は説得力につながります。発言回数の多い児童や、影響力の強い児童の考えに流されないためにも、理由や具体的な内容などをもとに判断するよう、促しましょう。

① どうしてそう思うのですか。(理由を尋ねる)
② どのようなことを行うのですか。(具体的な内容について尋ねる)
③ やってみたことはありますか。(経験を尋ねる)

〇 話し合ったことで考えが広がったり深まったりした児童の感想を聞く。

〇〇さんの理由を聞いて、折り紙を教えてあげると、会話も増えるし、親しくなれると思いました。

最初はおにごっこが楽しそうだと思っていましたが、□□さんの経験を聞いて、一緒に作った折り紙の作品を残しておけるのはよい思い出になると思ったので、折り紙に考えを変えました。

一緒に遊ぶのがいいと思ったけど、〇〇さんと△△さんの意見を聞いて、ペアを作って一緒にできる折り紙や読み聞かせがよいと思いました。

遊ぶことが一番かなと思っていたけど、給食当番や掃除を手伝うことも、仲良くなる方法の一つだと思いました。


【2時間目のワークシート例 】

2時間目のワークシート例
▶︎ワークシートのダウンロード

〇 目標に迫る話合いにするために

(1)グループ構成
「大事に思うもの」とその理由については、1時間目の最後に児童が書いたノートやワークシートを集めておきます。だれがどのような考えをもっているのか把握しておくことで、2時間目の小グループのメンバー構成に生かすことができます。意見や理由が重複していないメンバーでグループを構成することが理想です。

(2)活動中の教師の関わり
話合い活動中に教師は、活発に話合いが行われているグループや、友達の意見に対して新たな視点を見出している児童、友達からの質問や意見を聞いて自分の意見について再考している児童を見取っておくようにします。グループを替える際にそのようなグループや子供の姿を紹介することで、学級全体が話合いの目指す方向性をより具体的に理解することができるでしょう。

話合いが滞っているグループには、具体的な例や経験について話し合うよう促すなど、積極的に関わる必要があります。
児童が「友達に聞いてもらってよかった」「考えを伝え合うっておもしろいな」と感じられるよう、話合いの様子を価値付けたり、停滞している場合には話合いに参加したりするなど、適切に関わることが大切です。

評価について

本時は「互いの立場や意図を明確にしながら計画的に話し合い、考えを広げたりまとめたりしている。」という〔思考・判断・表現〕を評価対象とします。前時で確認した「理由や経験などを尋ねる質問」や、「考えの相違点に気付き、それらを明確にしようとする質問」をしている児童の姿は、「互いの立場や意図を明確にしながら計画的に話し合っている」と判断できるでしょう。
相手の意見を参考にして「確かに」「やはり」と自分の考えにより多くの根拠を見出したり、「いや、でも」「その場合だと、」と自分の考えについて多面的に捉えようとしたりしている児童の姿は、「考えを広げたりまとめたりしている」と判断し、Bの状況とします。

話合いの活動中は机間指導を行いながら、上記に示したような発言をしている児童を見取っていきます。児童一人一人を見取っていくことは難しいため、話合いの際に用いるワークシートの「話し合って考えたこと」の欄を評価していくとよいでしょう。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1生活「あきを さがそう」指導アイデア
・小1 国語科「くじらぐも」板書例&全時間の指導アイデア
・小2生活「うごくうごく わたしのおもちゃ」指導アイデア
・小5 国語科「たずねびと」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「利用案内を読もう」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「いちばん大事なものは」板書例&全時間の指導アイデア
・小6 国語科「熟語の成り立ち」全時間の板書&指導アイデア
・小4理科「雨水のゆくえ」指導アイデア
・小4理科「とじこめた空気や水」指導アイデア
・小3理科「音のふしぎ」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号