• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

合唱指導は楽しく気持ちよく

2019/6/22

小学校の合唱指導、大きな声で歌えているけれど、全体のハーモニーがいまひとつ、でも指導のポイントがよくわからない……ということはありませんか?  合唱の魅力は、必ずしも「大きな声で歌う」ことではありません。 友達の歌声を聴きながらともに歌い、ハーモニーをつくりあげる喜びを子どもたちに味わわせる指導法を、お伝えします。

合唱イメージ
撮影/金川秀人

「いい声」のイメージをもつことから

まず、歌声と話し声は違うということを、認識させましょう。声質や場所を変えて、いろいろな声を比較しながら、歌うときは、こんな声で歌うといいというイメージをもつように導きましょう。徐々に、声を合わせることが子どもたちにとって、楽しい事、喜びに感じるようになるはずです。

いろいろな声であいさつしよう

まず、いろいろな声であいさつをしてみましょう。はじめは、いつもの「おはようございます」。続いて、ロボットの声、宇宙人の声、幼児の声などいろいろ楽しみます。その後、アナウンサーの声や、ミッキーマウスの声、オペラ歌手の声といった、響く声に近い声であいさつをします。教室に美しい声が響いたところで、思いきり褒め、その声のままで歌えるかチャレンジしてみましょう。すぐに歌声に結び付けることは難しいと思いますが、理想の歌声をイメージさせることが大切です。

声が響く場所で歌ってみよう

お風呂で歌を歌うと、「よく声が響いて気分がよかった」「歌がうまくなった気がした」という経験があるかと思います。その経験を、学級全員で共有してみましょう。学校の中で声が響く場所(階段の踊り場など)を探して、歌ってみます。1人で歌うと、声が響いて上手に聞こえるはずです。しかし、学級全員で歌ってみると、声が響いてやかましくなってしまいます。そこで、全員の声が響いて、心地よく聴こえる音量を探します。そんなに大きな声を出さなくても、みんなの声が響いて心地よいという体験ができるはずです。先生は、ぜひ、「やさしい声で歌ってみよう」と助言してください。「やさしく響く歌声」のイメージを共有することが、声を合わせる楽しさや喜びにつながるのです。

合唱を練習するこどもたち
イラスト/伊原シゲカツ

イメージがつかめたら歌唱の実践へ

ここまでで、歌う声と話す声の違いがわかったかと思います。では、体と喉のウォーミングアップをして、楽しく歌うレッスンを始めていきましょう。

ゲームを取り入れて楽しく発声練習

運動をした後など、体があたたまっている状態は、発声練習におすすめのコンディションです。歌う前に、軽くストレッチをするのもよいでしょう。準備ができたら、「目標を当てるゲーム」を実践してみましょう。

ペアになって取り組みます。まず、先生は次の4つの目標を提示します。

1.口をたてに大きく開ける。
2.目をぱっちり開け、眉を上げる。
3.ほっぺを目に近づける。
4.姿勢に気をつける(両足でしっかりと立ち、上半身はリラックス)。

一人が、4つの中から自分が取り組む目標を1つ決め、達成できるように発声を行います。決めた目標は、ペアの友達には秘密です。ペアの友達は、相手の目標が何番なのかを考えながら聴き、当てます。見事当ててもらえたら、目標達成です。次は目標を変えて、楽しくゲーム感覚で練習をしましょう。

2小節交代で歌おう

何度も歌わせたいという先生の気持ちも分かりますが、子どもたちの集中力は続きません。しかし、少し方法を変えるだけで、何度でも楽しく取り組むことができます。

4人グループをつくり、A・B・C・Dを決めます。最初の2小節をAの人が歌い、次の2小節はBの人。Cの人も2小節歌い、Dの人まで歌い終わったらまた、Aの人が歌います。うまく歌えるようになったら、Bの人やCの人からスタートするなど、歌う順番を変えてもいいですね。自分の番でしっかりと歌えるように子どもたちは集中して取り組むはずです。グループではなく、学級全体で取り組むのもよいでしょう。1人で1曲歌うのはとても勇気がいりますが、2小節だけなら、そして順番に回ってくるなら、子どもはがんばって歌います(この活動を時々取り入れていると、歌のテストをしなくても歌唱の評価ができますよ)。

さあ、2つのパートを重ねてみよう!

歌うコツがつかめてきたら、二部合唱の練習に入りましょう。2つの曲を同時に歌って重なりを楽しむパートナーソングや、前半部分と後半部分を重ねて楽しむパートナーソングのような形式の曲は、二部合唱の導入としておすすめです。重なり方を子どもたちに説明した後、学級を2つに分け、旋律を重ねて歌ってみましょう。歌い出しがうまく入れなかったり、もう一方のグループにつられたり、つられないようにすると大声になってしまったり・・・ということもあるでしょう。そこで、先生と子どもたちとに分かれ、再度挑戦します。「先生の声を聴きながら、歌うことはできるかな」と声かけをします。先生と上手に合わせることができるようになってきたら、少しずつ先生グループの人数を増やしていきます(同時に先生は音量を下げていきましょう)。最終的に、先生が歌わなくてもできるようになると、成就感が味わえます。

執筆・大阪府大阪市立公立小学校教頭 今村友美
『小四教育技術』2016年6月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

授業記事一覧

小学4年体育『キャッチソフトバレーボール』指導のポイント

四年生の体育でのネット型ゲームの紹介です。ネット型ゲームは、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、得点を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動です…

2019/12/8

1年体育(鬼遊び)「にげろ! おいかけろ!! わくわく どきどき おにあそび」

小学1年生の体育での鬼遊びを紹介します。鬼遊びは、一定の区域で逃げたり追いかけたり、相手の陣地を取り合ったりしながら勝敗を競い合うゲームです。区域や用具などを工…

2019/12/7

小学校低学年のぬりえ|クリスマス【プリントOK】

12月はツリーやサンタをモチーフとしたクリスマスの時期にぴったりなぬり絵です。 ぬり絵があると、ちょっとした隙間時間も私語の時間にせずにすみますし、クラス全体の…

遊びながら漢字テストで100点を取る方法【プリントつき】

一年生の漢字は全員が満点を取れなくてはなりません。「集めて、遊んで、使ってみて」学年のまとめに向けて楽しく漢字を習得させる工夫を白川静漢字教育賞受賞者の栗林育雄…

【ぬまっち流】道徳はニュースから「なぜ?」を引き出す
道徳はニュースから「なぜ?」を引き出すのがよい理由

ユニークな実践で知られるカリスマ教師、「ぬまっち」こと沼田晶弘先生が、実際に起こるニュースを題材に「なぜ?」を突き詰める力を養う実践を紹介します。道徳の教科書か…

寒さに勝つ体育授業「いろいろおにごっこ」3つの解決ポイント

小学校の冬。それは、難しくなってくる勉強、日々厳しくなる寒さ・・・クラスにうっすらと鬱々とした空気がただよってくる時期。そこで、それを打破するのが、楽しい体育の…

スモールステップ+ほめる指導ですべての子がなわとびできる

埼玉県なわとび協会事務局長の戸田克先生が監修した、なわとびハウツー学習漫画が出ました。ドラえもんがキャラクターとして使われた子ども向けの本ですが、指導者が読んで…

3年体育(ネット型ゲーム)心をつなごう!キャッチソフトバレーボール

小学3年生の体育「ネット型ゲーム」は、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、自陣から相手コートに向けてボールを返して、得点を競い合うという運動特性があり…

2019/12/3

音楽評価|担任のモヤモヤに専科が答えます!

編集部に届いたお便りで、「女性というだけで音楽を担当することが多いのですが、専門外のため、特に、創意工夫の評価がイマイチ分かりません。」というご意見をいただきま…

リズムなわとびで学級づくり
動画付き!リズムなわとびで学級づくり

冬場の体力づくりに適した「なわとび」と、表現活動の「ダンス」を組み合わせたリズムなわとびは、仲間と協力して練習し、完成度を高めていくことで、学級づくりにもつなげ…

もっと見る