• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

気になる子も安心できる水泳指導の方法とは?

2019/6/6

一年生も、そろそろ学校環境にも慣れ、夏を目前に元気いっぱいのことでしょう。まもなく始まる水泳指導や、夏休みの個人懇談で気をつける点について、岡山県公立小学校教諭 南惠介先生にお話を伺いながら、一緒に考えていきたいと思います。

支援が必要な子どもに対して、正しい知識と子どもを見る目で、支援のセンスを磨いていきましょう。問いに対する答えを自分で考えながら、読み進めてみてください。

Q 水泳指導が始まります。どんなことに気をつければよいでしょうか?

水泳指導
安心させる指導を イラスト/大橋明子

Point1 変化を予告する

水泳指導で一番気をつけたいのは、いままでと場所と方法が変わるということです。いきなり水泳指導を始めるのではなく、事前にどこでするのかを伝えたり、場合によっては、下見に行くことも必要です。また、水泳の前後の子どもたちの動きをイメージしておくこともよいでしょう。子どもたちは、多くの場合が幼稚園や保育園で「集団でプールに入る」ことは経験しています。ただし、場所や着替えの仕方、時間の長さなどは違います。

とくに「気になる子」にとっては、「場所が変わる=知らないところ=怖いかもしれない」と考える傾向にあるので気を付けたいところです。

よって、着替えや移動、タオルの置き場所、体操の仕方、並び方、シャワーの浴び方など、水泳指導の前後の動きをイメージし、数字を使って順番をつけ、簡潔、かつ丁寧に伝えましょう。

あわせてプール指導そのものも、内容を毎回変えるのではなく、せめてスタートは同じにしておくとよいでしょう。「毎回○○遊びから始まる」だけでも安心感が違います。ここでも図やイラストなどを使って伝えていくとよいですね。

水泳イメージ
撮影/大庭正美

Point2 過敏さは不安の表れ

低学年のお子さんでシャワーのときに、「痛い、痛い」と泣き叫ぶお子さんはいませんか? 

「過敏さ」は、「気になる子」の特性です。シャワーに限らず、靴下をすぐ脱いでしまう子、耳をすぐふさぐ子も「過敏さ」の表れだと考えられます。

そういう場合は、まず「安心」であることを示す、つまり「見通し」をもたせることが大切になってきます。そして、苦手なことに対しては「ちょっとずつ慣れさせていく」ことが大切です。

とくに、水泳指導が始まるころは、水が冷たく、それだけで「怖い」と感じるお子さんも多いのです。あらかじめペットボトルに水を入れておいたものや、ホースにたまった温かい水をかけて、その代用としたりするなどして、寒い時期をやりすごして様子を見るということも考えられるでしょう。

ただ、ここでは指導と書きましたが、実際は「遊び」の延長からスタートすればよいのです。水泳に限りませんが、低学年の体育は「~遊び」と書かれています。子どもたちが安全で安心して活動し、そして結果的に学べる「場」の設定こそが大切です。

『小一教育技術』2017年7/8月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

授業記事一覧

心も体もポカポカに!寒い時期の体育「準備運動」の工夫2つ

体育の準備体操は、子どもの心と体をウォーミングアップする重要な活動。少し寒くなってきたこの時期、体育の学習のはじめに「今日の体育は楽しそうだな」「早くやってみた…

2019/12/16

クラス全員がわかる国語の授業をしていますか?
小学1年国語:話す聞く読む書く「4つの格差」を正す授業の工夫

小学校就学前の学習量には個人差があるものの、学校で「教えられていない子」が、「できない子」になるのはおかしいですよね。いますでに格差があるとしたら、どう是正して…

2019/12/14

音楽体育|ミニゲームで授業の空気を変える!

ちょっとしたゲームを取り入れれば、ダレてきた授業の雰囲気を一気に払拭できます! 音楽と体育の授業で使える楽しいミニゲームの紹介です。

小学5年6年「道徳科の授業レポート」スペシャル授業動画【教育技術小五小六1月号購入者特典PR】

道徳、5年教材『新聞投書記事「まっすぐな少年は大リーグに」』の授業実践と、6年教材『日本一短い「家族」への手紙』の授業実践の動画です。導入から終末までの授業の組…

小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業
小六算数 「つまり」や「だったら」が生まれる授業とは

凄腕実践者・前田正秀先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、算数の授業実践例の中で、実際に機能させるための様々な工…

2019/12/12

小学6年算数『量の単位(2)』教科指導のヒントとアイデア

量の単位について、1㎡と1㎤の実際の大きさを見せるなどの実感を伴った活動を導入として、単に暗記するのではなく、それぞれの接頭語は十進法を基につくられていることや…

2019/12/11

小学6年算数『量の単位(1)』教科指導のヒントとアイデア

「1か月に使う水の量」を表す単位であるkLの読み方を予想する活動を通して、これまでに学習した量の単位の仕組みを統合的に捉え、基本単位前につく「k(キロ)」などの…

2019/12/10

外国語アクティビティで使える「15分でできる英語ゲーム」2種

小学校五年生の外国語アクティビティのアイディア。ここでは、繰り返し英語表現を使えるように、身近な食べ物や形を用いたり、コミュニケーションを楽しめるようにすごろく…

【小六国語】リフレクションを促す6ステップとそれを学びのルーティンにする工夫
小学6年国語『海の命』生徒の深い学びを促す工夫と仕掛け

凄腕実践者・松山康成先生が、「子供自身のリフレクション」により深い学びが生まれる条件について考察。さらに、6年国語『海の命』の授業実践例の中で、実際に機能させる…

2019/12/9

4年体育 キャッチソフトバレーボール

四年生の体育でのネット型ゲームの紹介です。ネット型ゲームは、ネットで区切られたコートの中で攻防を組み立て、得点を競い合う楽しさや喜びを味わうことのできる運動です…

2019/12/8

もっと見る