小6理科「生物どうしの関わり」指導アイデア

関連タグ

執筆/福岡県公立小学校教諭・倉富麻衣子
編集委員/文部科学省教科調査官・鳴川哲也、福岡県公立小学校校長・田村嘉浩

単元のねらい

生物と水、空気及び食べ物との関わりに着目して、それらを多面的に調べる活動を通して、生物と持続可能な環境との関わりについて理解を図り、観察、実験などに関する技能を身に付けるとともに、主により妥当な考えをつくりだす力や生命を尊重する態度、主体的に問題解決しようとする態度を育成する。

単元の流れ(四次 総時数 6時間)

第一次 単元を通した問題づくり(1時間)

① 人や動物、植物が生きていくために必要なものは何かを話し合い、単元を通した問題を設定する。

●生物が生きていくために必要なものは
食べ物に着目した生物同士の関わり、生物と水及び空気との関わりについて多面的に調べる。

第二次 食べ物を通した生物どうしの関わり(2時間)

① 食べ物から生物同士の関係を調べる。
② メダカの食べ物を調べる。

メダカの食べ物を調べる

●「食う食われる」という関係
池や川などの水を採取し、顕微鏡などを使って、水中の小さな生物を観察したり、それらをメダカが食べていることを観察したりする。

第三次 空気を通した生物どうしの関わり(2時間)

① 植物が出し入れする気体を調べ、生物は、空気とどのように関わっているかを考える。

●「共通性・多様性」の視点
植物と動物を比較することで、どちらも呼吸をしている、水が必要である等の共通性に気付いたり、植物が出した酸素によって動物は呼吸ができるなどの生物と水及び空気との関わりについて調べたりする。

第四次 水と生物との関わり(1時間)

① 生物は水とどのように関わっているのかを調べ、人と環境との関わりについて考える。

単元の導入

地球で生物が生きていけるのはどうして?

地球

地球には、空気や水がある。生物が生きている。

月

月には、空気も水もない。生物もいない。

人や動植物が生きていくのに必要なものを考える

水は、人や動物、植物にとって、どうして必要なのかな。

人や動物は、呼吸をして生きているけれど、どうして酸素はなくならないのかな。

水、空気、食べ物がなくなると、生物は生きていけない。

人や動物は、どんな食べ物を食べているのかな。

学習問題
食べ物、空気、水を通して、生物は、どのように関わり合っているのだろうか。

活動アイデア

人や動物の呼吸、植物の発芽や成長など既習内容と十分に関連を図ることで、子供が自ら問題をもち、予想や仮説をたてて、植物が出し入れする気体について調べる活動を通して、生物と空気との関わりについて、より妥当な考えをつくりだすといった資質・能力を育成します。

授業の展開例 三次 空気を通した生物どうしの関わり

問題
植物は、空気とどのように関わっているのだろうか。

予想

植物が、二酸化炭素を取り入れて、酸素を出していると思う。
地球温暖化を防止するのに、木を植えたりするから。

植物の成長には、日光が必要だったから、酸素を出すのにも日光が必要かもしれない。

植物は、動物みたいに、呼吸をしていないと思う。

ものの燃焼、呼吸があるにもかかわらず、酸素がなくならないのはどうしてか話し合い、問題を見いだすことができるようにする。

酸素が何故なくならないのか考える

解決方法の立案

〇植物に袋をかけて、中の気体の変化を調べたらどうかな。気体検知管を使おう。
〇日光も関係しているかもしれないから、日光ありと日光なしで比べてみよう。

観察、実験

日光あり、なしで気体がどう変化するか調べる

指導のポイント

① 植物(ホウセンカ)に袋をかぶせる。
② 袋の中に息を吹き込む。
③ 酸素と二酸化炭素の濃度を気体検知管で調べる。
④ 日光あり(日なた)と日光なし(箱をかぶせる)で調べる。
⑤ 1時間後に再度、酸素と二酸化炭素の濃度を調べる。

注意:酸素用検知管は熱くなるので、冷めるまで触らない。

個人でノートに結果を記録後、各班の結果を黒板に一覧掲示して、全体の結果から考察できるようにします。

日光ありでの各班の実験結果

結果

日光あり・なしでの実験結果

考察

〇予想と違って、日光なしでは酸素が減って二酸化炭素が増えたので、植物も呼吸をしていると考えられる。
〇予想と同じで、日光ありでは酸素が増えて二酸化炭素が減ったので、植物は日光が当たると二酸化炭素を取り入れて酸素を出していると考えられる。

結論

植物も動物と同じように、呼吸で酸素を取り入れ、二酸化炭素を出す。植物は日光が当たると、二酸化炭素を取り入れて、酸素を出す。

植物は、日光が当たっているときも、呼吸をしているが、本実験では検証できないので、植物が一日中、呼吸をしていることについては助言する。


イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2020年9月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号