「反抗期」という大人目線言葉にサヨナラしよう【セミナーリポート】

連載
沼田晶弘の「教えて、ぬまっち!」【毎週土曜10時更新】
関連タグ

国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭

沼田晶弘

「ダンシング掃除」や「勝手に観光大使」などのユニークな方法で子供たちの「やる気」を引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生。今回は、先日行われたオンラインセミナー(2021年3月30日実施)で盛り上がった話題をリポート。「子供が『反抗期 』 で困っている」という先生や保護者に、ぬまっち流アドバイスをもらいました。

ぬまっち連載
撮影/下重修

「反抗期」は大人目線の言葉。「自己主張期」だと考えよう

時々保護者から「うちの子、反抗期なんです」という相談を受けることがある。でもそもそも「反抗期」って誰が名付けたのだろう? 考えてみると、とても理不尽なワードだよね。

子供は母親から生まれ、家族と一緒に生活しながら、家族と同じ文化で育つ。
しかし少しずつ成長しながら、いろいろな価値観に触れたり、さまざまな人に出会うことで、自分なりに考えるようになり、家族の価値観からはみ出すようなことを言ったり、したりするようになる。

例えば、いままでは家族や先生の言うことを素直に聞いていた子供が、

「それは嫌だ」

「お母さんの考えはボクとは違う」

「先生の意見を押し付けないで」

などと、突然反論したり、否定してきたりすると、びっくりしてしまうことはあるだろう。

でも、それが「反抗している」と受け取るのは、あくまで親目線であり、教師目線。子供は反抗しているつもりは一切なく、自己主張しているだけなんだよね。

自分の意見を主張しているだけなのに、「反抗的だ」と言われるから、子供は自分が理解されていないと思い、そこからはリアルな反発心が生まれ、喧嘩になる。だからボクは、「反抗期」と呼ぶことはやめたほうがいいと思っている。

「イヤイヤ期」ではなく「オレオレ期」

これはイヤイヤ期も同じ。

2歳くらいになると、赤ちゃんは不快なことが少しずつはっきりしてきて、嫌だ、嫌だと言えるようになる。

これは、自分の好きなこと、嫌なことをわかってきた証拠で、成長の証。確かに世話をする側は困ったなと思うことはあるけれど、それは親側の意見。

赤ちゃんにとっては、自己主張ができるようになった大切な成長期。つまり、イヤイヤ期ではなく、「オレオレ期」だと思えばいい。

海外の人から「日本人は自己主張できない」と言われる理由もここにある気がする。2歳で自己主張をすればイヤイヤ期と言われ、10歳で自己主張すれば、反抗期と言われ、自己主張することは悪いことのように扱われ、同調するように求められる。それなのに、大人になって急に自己主張しろと言われても、なかなか難しいよね。

自己主張期を受け入れると、子供とディスカッションを楽しめる

まず、「反抗期」「イヤイヤ期」をもっとポジティブなワードに置き換えて、マインドセットを変えることが大事だと思っている。そして、「そろそろ自己主張期のころだな」と心の準備をしていればいい。そうすれば、もし子供が自己主張してきても、「ついに自己主張期がきた!! いらっしゃい!」と受け入れやすくなる。

でも、自己主張期が来たからと言って、すべて子供の言うことを聞けばいいわけではないし、ほめる必要もない。

大人として、自分もしっかり自己主張すればいいだけ

嫌だ、違うと言われたからと言って、言われた通りにすればいいわけではなく、「お父さんはこう思うからこうしたほうがいいと思う」「お母さんはこういう理由があって、こうしてほしいと思っている」とお互いの主張を出し合い、ディスカッションをしてほしい。

子供に服従するのではなく、子供を服従させるのでもなく、大人も「オレオレ返し」をして話し合い、お互いの理解を深めていくとよいと思う。

子供の主張を受け止め、大人の主張も伝えることが大事

大事なのは、反抗していると決めつけるのではなく、成長だと認め、主張を受け止めること。

そして、お互いの自己主張を受け止め、素敵なオレオレ返しをし合うことでディスカッションも有意義で楽ししいものになるはずだ。

「素敵なオレオレ返し」をするために、受け答えの姿勢やかける言葉も、ちょっと工夫してみるのもいいよね。

同じ服を着たがる子供には、「なるほど、スティーブ・ジョブズだね」

なかなかご飯を食べない人には「お、グルメ予備群だな」

生意気なことをいう子には「おー、そこついてくるか!」

など、いろんな言い方を考えるのもおもしろい。

自己主張期は訪れるべくして訪れるのだから、学校でも教師がマインドセットを変えないと、つらくなるのは教師のほう。子供はどんどん賢くなるので、自分を理解してくれないと思う教師に対しては、攻撃力が高まるだけだ。

クラスをつくるときに、子供の主張もしっかり聞くし、こちらの主張もしっかり伝えるという姿勢をもつことは、時期を問わず必要なことだと思うよ。

  • ↑メールアドレスだけで、カンタンに投稿できます。
  • いただいた内容を一部引用、要約してサイトに掲載させていただくことがあります。
沼田晶弘先生
沼田晶弘先生

沼田晶弘(ぬまたあきひろ)●1975年東京都生まれ。国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭。東京学芸大学教育学部卒業後、アメリカ・インディアナ州立ボールステイト大学大学院にて修士課程を修了。2006年から現職。著書に『板書で分かる世界一のクラスの作り方 ぬまっちの1年生奮闘記 』(中央公論新社)他。 沼田先生のオンラインサロンはこちら>> https://lounge.dmm.com/detail/2955/

取材・構成・文/出浦文絵

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
連載
沼田晶弘の「教えて、ぬまっち!」【毎週土曜10時更新】
関連タグ

国立大学法人東京学芸大学附属世田谷小学校教諭

沼田晶弘

クラス運営のヒントの記事一覧

雑誌最新号