小5体育「体つくり運動(体の動きを高める運動)」指導のポイント

関連タグ

執筆/北海道公立小学校教諭・山﨑稔英
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹、北海道公立小学校校長・大牧眞一

小5体育「体つくり運動(体の動きを高める運動)」指導のポイント

授業づくりのポイント

高学年の体つくり運動は、「体ほぐしの運動」と「体の動きを高める運動」で構成され、運動の楽しさや喜びを味わうとともに、中学年までに身に付けた体の基本的な動きを基に、様々な体の動きを高めるための運動です。

特に、高学年の「体の動きを高める運動」は、直接的に体力の向上を目指すものとし、子供一人一人が運動の楽しさを味わいながら、自己の体力に応じた課題をもち、「体の柔らかさ」「巧みな動き」「力強い動き」「動きを持続する能力」を高めるための運動を行うこととしています。

今回は、発達の段階を考慮し、重点を置いて指導することとしている「体の柔らかさ」と「巧みな動き」を高める運動を取り扱います。体の柔らかさを高める運動では、伸びが実感できるように数値化をして学習カードに記録します。巧みな動きを高める運動では、運動を工夫する視点を明確にすることで、楽しみながら自分に合った運動にすることを大事にします。

また、子供が目標をもつためには、自分の体力の実態を知ることが効果的です。体育の授業や日々の運動遊びの様子などを学習カードに記入し、自分の体力の実態を把握できるようにします。

単元計画

単元計画

楽しもう「目標をもって取り組み記録を伸ばそう」

体の柔らかさを高める運動

徒手での運動

徒手での運動

息を吐きながら取り組むと記録が伸びます。

用具などを用いた運動

ボールを上や下から渡します。上下・左右を交互に行っても楽しいです。

ボールを上や下から渡します。上下・左右を交互に行っても楽しいです。

ボール渡し、リレー形式で取り組むと楽しく柔軟性を高めることができます。

イラストのようにボールを渡し、リレー形式で取り組むと、楽しく柔軟性を高めることができます。

走り高跳び用の支柱とゴム紐を使うと簡単に行うことができます。

走り高跳び用の支柱とゴム紐を使うと簡単に行うことができます。

床板の間の数や行った回数、クリアできた高さを毎回記録することで、意欲が高まります。

楽しもう「運動を工夫して匠になろう」

巧みな動きを高める運動

8の字跳び

8の字跳び
「かぶりなわ」
「むかえなわ」

長なわとボールを使った運動

長なわとボールを使った運動

長なわと短なわを使った運動

長なわと短なわを使った運動

長なわの跳び方を工夫する運動

長なわの跳び方を工夫する運動

長なわとフープを使った運動

長なわとフープを使った運動

もっと楽しもう「運動を工夫してもっと巧みになろう」

単元の後半は、運動を工夫する視点(人数、回数、距離、時間、姿勢、用具、方向などを変化させる)を子供と確認し、巧みな動きを高める工夫を促します。

また、工夫した運動が自分に合っているかを判断できるよう、例えば10回できたら合格という基準を設けます。そうすることで、子供は、10回できなさそうな場合は運動を易しくし、10回以上できればもっと運動を難しくします。

振り返りの活動では、学習カードを活用して自分の伸びをレーダーチャートに表していきます。レーダーチャートを使うと自分の伸びが可視化されるので、意欲やその後の運動の質の高まりが期待できます。

課題を見付ける活動について

課題を見付ける活動について①
矢印
課題を見付ける活動について②

課題を見付ける活動では、なわの中に入る人数を1人から2人に変化させます。1人の時と比べて運動が難しくなっていることを実感させ、「もっと巧みさを高めるために運動を工夫したい。」という思いを引き出します。

運動を工夫する際には、人数や回数などの他にも、「リズム」「タイミング」「バランス」に着目できるようにすることで、動きのコツに意識が向かい、課題解決を目指す学習になります。

運動を工夫する例

用具の数を増やす

用具の数を増やす

人数を増やす

人数を増やす

跳び方を工夫する

跳び方を工夫する

主体的に学ぶ態度を育む学習カードの例

主体的に学ぶ態度を育む学習カードの例

体育授業や運動遊び等での様子をカードに記入し、自分の体の柔らかさなど体力の実態をつかみます。

今の自分の巧みな動きメーター

レーダーチャートを使用して毎時間記録することで、伸びが可視化されるので、意欲や運動の質が高まります。

イラスト/栗原清

『教育技術 小五小六』2021年4/5月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号