学校行事で代表挨拶!緊張する子供を勇気付ける方法【動画】

連載
となりの陽子先生:現場で口頭伝承される技をミニ動画でみんなにシェア
関連タグ

東京都公立小学校教諭

佐々木陽子

学芸会や学習発表会、始業式に卒業式⋯代表に選ばれて大勢の前で話をするとき、子供はとても緊張します! そんなとき、小学校の担任教師がしてあげられることはなんでしょうか? おなじみ佐々木陽子先生が、簡単で効果的に子供を勇気付けられる「魔法のアイテム」を紹介します。

ドキドキ緊張している子供に先生からのプレゼント♪

学校行事で各学年から代表児童を選出して、大勢の前でお話をしてもらう、という機会があると思います。

始めの挨拶は1年生、終わりの挨拶は6年生、という学校行事の代表挨拶や、学期の始め、終わり、学芸会、学習発表会、音楽会⋯いろいろありますが、そんなとき、子供たちはとっても緊張します!

それはそうですよね。
教室だけではなく、広い体育館や校庭で全校のみなさんにお話を聞いてもらう、という場を設定してもらって話すので、それはもう、ドキドキです!

そういうときに担任教師ができること、それは「お守り」を用意することです!

この「お守り」をプレゼントするだけで、子供はとても安心して大勢の前でお話をすることができます。

おまもり

「お守り」の作り方

作り方は簡単! まず、折り紙を用意します。

1. 伝えたい内容が書いてある原稿用紙を縮小コピーして、折り紙の裏に貼ります。

裏には子供が伝えたいなようを書いた原稿容姿を縮小コピーして貼る

2. その折り紙を外おもてに半分に折り、それをコンパクトな三つ折りにします。

さらに三つ折り

3. 「わ」を下にして上の角の2か所を斜めに折るだけで、お守りの形になります。

角2か所を折り曲げる

3. 「おまもり」と書いたシールを貼れば完成です。

おまもりにしか見えない!

忘れたときにはその『おまもり』を開いて、見ながら読んでいいよ」ということにしておけば、子供も安心できます。これを渡すことによって、子供は勇気づけられて堂々と発表ができます!

内容を忘れたときはおまもりを開いて読んでいいよ!

安心材料を用意してあげましょう!

子供たちは事前にたくさん練習をするのですが、それでも緊張してしまうものです。

それに備えて、ポケットサイズの「お守り」を用意しましょう!!

中には原稿が貼ってあり、子供たちも安心して堂々と舞台の上で発表できますので、ぜひ、渡してあげてくださいね。

ぜひ渡してあげましょう!

先生の愛情が詰まった「お守り」で勇気100倍! しかも、中身はカンニングペーパー!? 困ったときは見てもいい⋯逃げ場が用意されているとき、私たちは心配を乗り越えて強くなれるのかもしれませんね。簡単に作れるので、みなさんもクラスの子供たちにプレゼントしてみませんか?


佐々木陽子先生
佐々木陽子先生

小学校教諭。著書に『クラスがまとまる!小学1年生学級づくりのコツ』(ナツメ社)、『子どもの心をガッチリつかむ!とっておきの教室トーク&学級経営ネタ60』(明治図書出版)ほか。一児の母。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

学校行事のアイディアの記事一覧

雑誌最新号