小6国語「問題を解決するために話し合おう」指導アイデア

関連タグ

教材名:「問題を解決するために話し合おう」 東京書籍

指導事項:A話すこと・聞くこと イ、エ、オ

執筆/新潟県公立小学校教諭・名塚裕樹
編集委員/文部科学省教科調査官・菊池英慈、新潟県公立小学校教諭・井上幸信

小6国語「問題を解決するために話し合おう」指導アイデア

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

本単元で育みたい資質・能力は、大きく分けて二つあります。一つは「自分の意見を明確に伝えるために話す」ことで、もう一つは「相手の意図を考えながら聞く」ことです。

新学習指導要領では、「話の内容が明確になるように、事実と感想、意見とを区別するなど、話の構成を考えること」「話し手の目的や自分が聞こうとする意図に応じて、話の内容を捉え、話し手の考えと比較しながら、自分の考えをまとめること」に相当します。

②言語活動とその特徴

本単元では、学級の実際の問題点を議題として、話し合うことをお勧めします。教科書では、「どうすれば六年生がもっと学校図書館を利用するようになるのか」を議題としていますが、それが学級の子供たちにとって、必要感のある議題であるとは限りません。学級の実際の課題、つまり子供たちの実生活の中の議題を扱うことで、主体的に話合いに取り組む姿勢が生まれます。

ただし、あまりにも切実な問題は、話合いの学習の議題にはそぐいません。「発言を増やすためにはどうしたらよいか」のような、その議題を話し合い、その結果を実行することで、学級をレベルアップできるような問題が適当でしょう。

単元の展開(3時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)
①学級を「もう一つレベルアップする」には、どのような課題をクリアする必要があるかを考え、話合いを通して解決策を決め、実践することを伝える。
・学級の課題を出し合い、その中から話合いを通して具体的な解決策として決められそうなものを選ぶ。
→アイデア1

【学習課題】発言がたくさん出る学級になるには、どうしたらよいか。

・教科書の話合いの例を読み、話合いのポイントを押さえる。


第二次(2~3時)
②少人数でプレ話合い活動を行う。
→アイデア2
・教科書と同じ「どうすれば六年生がもっと学校図書館を利用するようになるのか」を議題に、話し合いをする。
※時間があれば、メンバーを変えながら複数回行う。
・終了後、活動を振り返って、話合い活動のポイントを確認する。

③学級の課題について話し合いを行う。
→アイデア3
・6~8人程度のグループで話合い活動を行う。
※時間を区切って2、3回行い、司会を経験できる子をできるだけ多くする。
・それぞれの話合いの結論を全体で集約し、実際に取り組むことを確認する。

アイデア1

「学級をもう一つレベルアップする」ための議題を設定する

「学級をもう一つレベルアップする」ための議題を設定する

子供たちが「主体的」に学ぶ授業にするためには、取り組む課題が自分たちの生活に結び付くものであることが大切です。ですから、実際に自分たちの学級の「解決したい問題」について、話し合う活動とすることがポイントになります。

ただし、人間関係など、切実な問題は国語での話合い活動の学習のテーマには向きません。そこで「学級をもう一つレベルアップする」ための課題を考えます。今より「もう一つ」というスモールステップ的な設定が大切です。

今はできていないが、実現したい。ひと工夫すれば実現できそう。そんな課題を設定することをお勧めします。

全員での話合いだと、話す人が決まっちゃうよね。

班での話合いだと、みんないっぱい話すのにね。

「発言がたくさん出る学級になるには、どうしたらよいか」を話し合おう。

課題を決めるときに出てきたレベルアップしたい理由が、「議題提案の理由」になります。

アイデア2

少人数でプレ話合い活動を行う

話合いを通して「発言がたくさん出る学級になるにはどうしたらよいか」を解決する方法を見いだすことは、言語活動のゴールです。しかし、これは国語の授業ですから、そのゴールにたどり着くまでに、言葉の力をしっかり育てなければいけません。

「課題を解決するための《話し合い方》を身に付けよう」と投げかけ、4人程度のグループで話合いの練習をします。ここでの議題は、教科書の話合い例にある「どうすれば六年生がもっと学校図書館を利用するようになるのか」がお勧めです。

なぜなら、「議題提案の理由」が示されているからです。議題だけでは、話合いが空転します。理由がはっきりしていることで、課題の解決に向けた、地に足の着いた話合い活動ができます。

短時間で、班での話合いをします。その後、教科書を参考に話合いの振り返りをし、グループのメンバーを入れ替えます。同じメンバーで話し合うと、話合いの中身が、どうしても同じようなものになります。司会や提案者の練習にはなりますが、話し合う練習にはなりません。

できるだけ多くの子供が、司会や提案者を経験できるように調整しながら、メンバーを替えたグループで、繰り返し話合いの練習をします。

アイデア3

学級の課題について話し合う

学級の課題について、アイデア2の練習よりは、やや多い人数で話し合います。学級全体で話し合うと、どうしても発言の機会が減ります。グループにすることで、一人ひとりの発言の機会を増やします。話合いは、メンバーを入れ替えながら複数回行うことが望ましいでしょう。司会や提案者を経験できる子供が増えるからです。

話合いを通して出てきた解決策は、その都度、黒板に書いたりホワイトボードや画用紙にまとめたりして残しておきます。授業の最後にそれらをまとめて、学級を「もう一つレベルアップする」方法を決めます(時数が取れる場合は、学級全体での話合いにするとよいでしょう)。

まず、少人数で話して、自分の考えに自信をもてるようにすればよいと思います。

これからは、ペアや班で話してから、学級全員で話すことにしましょう。

大切なのは、話合いの結果を(短期間でも)実行することです。話合いの成果が具体化する経験は、これ以降の話合い活動への主体的な参加にもつながります。

イラスト/畠山きょうこ 横井智美

『教育技術 小五小六』2019年7/8月号より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

授業の工夫の記事一覧

雑誌最新号