• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【笑顔の学級経営】叱らなくていい9の技術

2019/4/17

あなたはいつも、しかめっ面教師でいたいですか?それとも・・・いつも笑顔の教師でいたいですか?子どもを叱る回数を減らすにはどうしたらよいか、兵庫県芦屋市立公立小学校校長・俵原正仁先生お話を伺いました。

笑顔の教師&しかめっ面の教師のイラスト
笑顔かしかめっ面か・・・

「叱らない」のではなく、「叱る必要がない」状況をつくる

世の中には、1年間、自分のクラスの子どもたちを叱ったことが1回もないという先生が存在します。
「教育の仙人」の異名を持つ、我が師匠がそうでした。ただし、この言葉を額面通りに受け取ってはいけません。この話、実は続きがあります。

「叱る必要がないのでな」

つまり、叱る必要がないくらい子どもたちを育てていたということです。この域に達するには、果てしない教師修業が必要ですが、教師があることを意識すれば、叱る回数を減らすことは可能です。
そのあることを「叱らなくていい9の技術(プラス1)」にまとめました。教育の仙人への第一歩を踏み出しましょう。

1:ストレートに伝える

先生「静かにしなさい」「いつまでしゃべってるの!」 ⇒ 先生「おしゃべりはやめましょう」「今、しゃべりません」

授業が始まったのに、子どもたちがなかなか静かにならない。
「静かにしなさい!」
「いつまでしゃべっているの!」
ついイラッとして声を荒げてしまいがち。あるあるですよね。
ところが、喧騒状態に担任の大きな声をプラスするだけで、教室はなかなか静かにならず、担任の怒りのボルテージがさらに上がる。これも、あるあるです。
実は、低学年の子どもたちにとって、担任のこれらの言葉は、単なる文句にしか聞こえていないのです。
では、どうすればよいのか? 子どもたちにしてほしい行動がある時には、それをストレートに言うと効果があります。今すべきことを伝えると、子どもたちはその通りにしようとするのです。
つまり、「静かにしなさい!」「いつまでしゃべっているの!」と言うのではなく、「今、しゃべりません」と、望ましい行動を伝えればよいというわけです。
このことを意識するだけで、子どもたちを「叱る」という行為は激減するはずです。

意識すべきことは、もう一つあります。高学年の担任が多かった教師が陥りやすい失敗です。次のような聞き方をしてしまうことがあります。
「今、何の時間ですか?」
授業中だから静かにしなければいけない・・・ということに、子ども自身が気付いて行動を変えてほしいという思いからですが、これで静かになることはまずありません。
「はい、授業中です」
と笑顔で答えられて、さらに教師のイライラを増やすという事態に陥ります。遠回しな言い方は、年齢が一桁の子どもには通じにくいものです。

疑問文にせず、こちらが「してほしいこと」をストレートに伝えることが、大切なのです。

2:普通の言い方で繰り返す

望ましい行動をストレートに伝えても、子どもたちの行動がすぐに変わらないこともあります。
そんな時、教師は、無意識のうちに怒り口調になってしまいがちです。でも、ちょっと待ってください。ここで怒り口調で叱ってしまえば、元の木阿弥。

「普通の言い方」で繰り返し言うほうが、その通りのことをするものです。

3:気になる子どもの近くに立つ

気になる子どもの近くに立つ

なんとか、子どもたちも静かになり、国語の授業が始まりました。
「よが あけました」
「よが あけました」

教師の範読に続いて、子どもたちが元気よく音読をします。
授業の滑り出しとしては上々です。
でも、あなたは見つけてしまいます。教室の後ろのほうの席の飯塚くんが音読もせずに、鉛筆のキャップを指にはめて遊んでいるのを。
そこで、あなたは一喝!
「飯塚くん、指のキャップを外しなさい!」
あなたの大きな声に驚いた飯塚くんは、慌ててキャップを外します。でも、よい雰囲気で音読をしていたクラスの雰囲気はどこへやら・・・。重苦しい空気が流れます。この場合、教師のちょっとした行動で、大きな声を出す必要はなくなります。

近くに立つ。

飯塚くんの横に立てばよかったのです。普通、教師が自分のすぐ横に立てば、手遊びはしません。それでも、まだ手遊びをしているようなら、机をトントンとたたけばよいのです。これだけのことで、大きな声を出さずにすみ、クラスの雰囲気が悪くなることがなくなるのです。

4:時間を区切る

国語の授業も15分経過。
子どもたちの集中力もそろそろ切れてくる頃です。
「低学年の間に、学習規律をきちんと身に付けさせておかないと、高学年になってから苦労するわよ」
という話を聞いていたあなたは、姿勢が崩れ始めている子に注意します。
「三上さん、足のかかとは床に着いていますか?」
「金丸さん、話している人のほうを見ましょうね」
学習規律をしっかり身に付けさせることは大切です。しかし、15分も過ぎれば集中力がなくなっても当然です。と言うのも、小学校低学年くらいまでの子どもは、15分が集中力を維持できる限界だと言われているからです。子ども向けのアニメなどが一話10分ほどで作られているのも、こういった理由からだそうです。だから、授業も45分ぶっ続けで行うのではなく、10分から15分のユニットで組むようにすべきなのです。もちろん、あなたの授業がアニメよりも面白ければ、その必要はありませんが・・・。

5:立ち歩かせる

「飯塚くん、席に座りなさい!」
しばらく手遊びもしないで、おとなしく授業に参加していた飯塚くんが、今度は自分の席を離れてうろうろし始めました。
さすがにこれをスルーすることはできません。・・・ということで、再びあなたの怒りは爆発。
「飯塚くん、座りなさい!! 」
でも、これもちょっと発想を変えれば、飯塚くんにこのような言葉を浴びせることはなくなります。「授業は座って受けるもの」という発想を変えるのです。

例えば、「いろいろなお友達のところに行って、思うことを話し合ってみましょう」などと提案してみるのです。これでウロウロする飯塚くんを叱ることはなくなるはずです。

6:叱るのではなく、教える

担任から見て、注意したくなる子どもたちの行動も、実は、故意ではなく過失であることがほとんどです。だって、この世に生を受けてまだ10年もたっていないんですよ。大人のように行動できなくても当たり前です。そう思うだけで、子どもへの対応も変わってくるはずです。
掃除の時間、ほうきを振り回している子がいたら、「危ない!」と叱るのではなく、「周りの子にけがをさせてしまうから、ほうきを振り回してはいけません」と教えてあげればよいのです。自分がすべきことを教えてあげれば、その通りのことができます。

7:いさぎよく諦める

男の子を制する者は低学年を制す・・・と言われます。授業中ウロウロするのもほうきを振り回すのもたいていは男の子。同性である私は、ウロウロしたくなる気持ちも、ほうきを振り回す楽しさもよく分かるのですが、女性の先生にはそのことが今一つ実感できないようです。

このことへの対処法はただ一つです。「そういうのが男の子」だと諦める(笑)。こんなことをするのが男の子、そう思うだけでずいぶん楽になります。悟りを開いた気持ちで、そのありのままを認めながら、その一つ一つを注意していきましょう。

8:赤ちゃん、おじいちゃんになった姿を想像する

クラスの子どもたちが何か問題行動を起こして、怒りが爆発しそうになった時、次のように想像すると怒りが治まります。

「その子の2歳の姿を想像する。または、80歳の姿を想像する」

目の前で悪態をついているやんちゃBOYの赤ちゃんやおじいちゃんの姿を想像するのです。子どもたちをかわいく見える秘伝の技です。

9:教師が笑う

笑いながら、叱ることはできません。何よりも「笑顔の教師が笑顔の子どもを育てる」のです。とりあえず、笑いましょう。これこそが、最強のスキルです。

プラス1
叱るべき時は叱る

先の仙人の話を額面通りにとって、叱らなくなった先生のクラスは、見事に崩れていきました。叱らなくていい技術を駆使した上で、叱るべき時は、しっかりと叱ってください。

イラスト/若泉さな絵
『教育技術 小一小二』2019年4月号より

関連する記事

クラス記事一覧

子供同士のトラブル時の保護者対応ポイント

新学習指導要領で取り上げられたガイダンス機能の充実。子供が自らの考え方や学び方を主体的に確立していくことの支援を強化する目的があります。ここでは、子供同士がトラ…

子どもに助言をするとき、気を付けておくべきこととは?

学級経営・特別活動を長年、研究・実践してきた稲垣孝章先生が、教育現場で見て気になったことについて、ズバリと切り込みます。今回は、子どもへ助言をする上で心にとめて…

気になる子の月経や生理、どう支援する?~発達障害と思春期の子供の性

発達障害が気になる子の生理を理解して支援したいけれど、性の話は難しい。小学校高学年は思春期の入り口です。女性は男性に比べて、ホルモンの変化をきっかけとした 月経…

4年3組学級経営物語(13)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。自分磨きの夏季休業を終え、ひと回り成長した渡来先生! 久しぶりの教室で、学級目標…

やってみよう!学級会の基本とコツ

子供たちが主体となって、議題について話し合い、折り合いをつけて意見をまとめたり、解決方法を決定していく・・・そんな学級会ができるようになるため、教師はどんな指導…

子供の心を伸ばす特別活動「キャリア教育」

二学期は成長の時期です。一学期のうちに固まってきた、それぞれの集団が十分に活動するときです。昨年度と同じ活動をするにしても、「何をするか」ではなく「どのようにす…

4年3組学級経営物語(12)

4年3組担任の新任教師・渡来勉先生……通称「トライだ先生」の学級経営ストーリー。ダレている子、心が疲れた子、自信のない子…、先生はだれ一人見過ごさない。元気を出…

カリキュラム・マネジメントの観点で二学期を見通そう

二学期を充実した学期にするために、学習や行事を通して、子供たちに高学年としての力を付けていきたいものです。ここでは、カリキュラム・マネジメントに則した一覧の作成…

気になる子をセンスよく支援 トラブル対処編

日頃から教室で不適切な行動や事件が起こらないように気を付けていても、実際はトラブルが起こることもあります。今回は、トラブル対処法のヒントを解説します。正しい知識…

9月の「荒れない」学級づくり ~ケース別対応策~

夏休み明けは、生活リズムや学習習慣が崩れ、クラスが荒れやすいと言われます。ここでクラスをしっかり整えておくために、この時期にありがちな不安について、ケース別に対…

もっと見る