• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

教室が荒れる原因わかっていますか?

2019/11/13

一学期は問題がなかったのに、なぜか二学期以降に学級づくりが困難になってきた……そんな経験はありませんか? ここでは、とくに小学校一年生のクラスについて、なぜ二学期以降に荒れやすくなるのか? 子どもたちの指導にどんな困難が生じやすいのか? 小一担任経験者の先生方に伺いました。

ルールが守れない子が出てくる

【関連記事】 とにかくすぐに解決策を知りたい人はこちらの記事をチェック!→ 11月の荒れに効く4粒の特効薬

学校に慣れ、生活習慣や学習習慣が緩む

学校生活にも慣れ、大きな行事も乗り越えたという気の緩みから、「ルールを守らない」「先生や友達の話を聞かない」「宿題をしない」「ノートを丁寧に書かない」など、一学期にできていたこともきちんとやろうとしない、いわゆる「手を抜く」「ダレる」子が増えてきます。

保護者のサポートに差が出てくる

入学当初は保護者も一生懸命、子どもをサポートしてくれますが、二学期後半になると、子どもや学校に無関心になる保護者も増えてきます。荒れる子の保護者はほとんど、無関心・放置型。宿題をしない子には、家庭との連携が必要ですが、連絡してもそのまま放置する保護者も多く、本人も甘えてしまうため改善が難しい。子どもが言うことを聞かないからと、子どもの代わりに宿題を自分でやってしまう保護者も・・・。

一学期のルールの不徹底が露呈する

一学期や二学期の休み明けに、学級のルールを徹底できていない場合、後半になってクラスが荒れてしまいます。発言の仕方や発表の聞き方、時間の守り方など、「いまはまだこのレベルでもよいか」と、指導を徹底させずに曖昧にしてきたツケが回るバターンです。結局そのまま進級し、2年生でさらにクラスが荒れてしまい、学年で再生プログラムを取り入れ立て直すことになったクラスもありました。

子どもたちと信頼関係を築けず学級崩壊も

子どもたちを一方的に叱ってばかりいると、「先生は怒ってばかりいる」「特定の子どもばかり叱る」「女子の味方ばかりする」など、不信感を与え、学校は楽しくないという雰囲気をつくってしまうこともあります。信頼関係を築けないと、子どもたちは先生の言うことを聞かなくなり、学級崩壊につながることも少なくありません。

自己主張が強くなり、トラブルが増える

学校や学級のクラスの雰囲気にも慣れて、安心してみんなの前で自分の意見を言えるようになる反面、自分の意見を通そうとしたり、感情を抑えられないなど、自己主張も強くなり、友達同士のトラブルになることも多くなります。

【関連記事】感情を抑えられない子の対応に困っている先生への解決策の詳しい内容はこちら→暴言を吐く子、暴れる子へのケア

勉強についていけない子が授業の邪魔をする

勉強についていけない子が邪魔をする

二学期以降は、学習内容が少しずつ複雑になり、覚えることも増えてくるので、「学力差」が出てくる時期です。最近は放課後、子どもを学校に残して指導することができず、また、休み時間に指導したくても、低学年は休み時間に思い切り遊んで気持ちを発散させることも重要なので、授業についていけない子のフォローが難しいと感じます。そのため、学力差が出る→勉強がわからない子は授業がつまらない→授業の邪魔をする→みんなも集中できなくなるという負の連鎖が起きてしまいます。

行事が多く、気持ちを切り替えられない

二学期は、学習発表会や校外学習など、大きな行事や活動が集中するので、子どもたちの気持ちも浮ついてしまい、なかなか学習モードに切り替えられない子どもが多く、指導に苦労します。

小一プロブレムが二学期に顕在化する

授業中に座っていられないなど、落ち着きのない状態が続く、いわゆる「小一プロブレム」が、この時期になって目立つようになることもあります。一日中好きなことができていた保育園・幼稚園時代と違い、小学校に入ると、やりたいことができない「我慢の時間」が多くなります。一学期や夏休み明けは、新しい環境という新鮮さもあり、興奮状態で紛らわすことのできたそのストレスが、二学期後半になって爆発してしまうのです。

そして、先生ご自身もストレスがたまる時期でもあることを忘れてはいけません。

【関連記事】イライラが溜まってきたなと感じた時に役立つ具体策はこちら→イライラ教師のアンガーマネジメント

「荒れ」は起きている問題行動だけに目が向きがちですが、どうしてその行動が起こっているのか、その原因を認識することで、根本的な解決策が見えて来るのです。

・「荒れ」は突然始まらない。前学期のツケである可能性が。
・家庭環境や学力の「格差」による子どものフォローを忘れずに。
・教師のイライラは事態を悪化させる。アンガーマネジメントの意識を

取材・文/出浦文絵 イラスト/藤井昌子

『小一教育技術』2016年11月号より

★小学館『みんなの教育技術』Webサイトでは小学校の先生に役立つ情報を毎日発信中★ぜひお気に入り登録して最新記事をチェックしてください!
↓↓↓
『みんなの教育技術』トップへ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連する記事

『クラス運営のヒント』の記事一覧

朝の会の「日直クイズ」が子供の話す力・聞く力を養う【動画】

日直の子供に「簡単なクイズ」をやってもらうだけで、毎朝の学級の雰囲気が変わります! どの子にも回ってくる日直という仕事を使って、「話す・聞く」のトレーニングを学…

発表に挑戦できる学級の雰囲気づくり5ステップ【動画】

クラスの子供たちが積極的に発表するためには、子供が「発表するのは心地よい」と思う雰囲気が教室にあることが大切。そうなるために、教師はどのように導いてあげればよい…

休校あけの学級開きを盛り上げるびっくりマジック!【動画】

休校あけの学級開き、久しぶりに会えた子供たちに、先生からのとっておきのマジックで楽しんでもらいましょう!教育技術動画に初登場の土作彰先生が、学級開きを盛り上げる…

教室でソーシャルディスタンスを守って遊べるゲーム3つ【動画】

世界中でソーシャルディスタンスが問題になっています。人との間に距離をとることは学校の中では難しいところです。教育技術本誌でもおなじみの小学校教諭・佐々木陽子先生…

授業の流れを止めずに”聞く雰囲気”をつくれる「いい耳メーター」とは?【動画】

子供たちがざわついて、教師の話を聞いてくれないことはよくありますね。そんなとき、流れを止めずに学級全体の「聞く雰囲気」を自然につくれるアイテムがあります。それが…

起爆剤になるか!自由参加の異学年交流活動【5年3組学級経営物語4】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。児童会活動で提案した異学年交流活動にコンセンサスがとれず、まずは学級独自の自由参加活動とし…

メールと動画で子供との心の距離を縮めるアイデア【動画】

コロナ休校が長引く中、公立校ではなかなかオンライン授業を進めにくい実情があります。でも学級担任としては、子供たちとの心のつながりを保ちたいもの。小学校教諭・佐々…

子どもの意欲が高まる「自習の練習」の効用とは

自分のクラスを自習にさせることは意外と多いものです。校内の研究授業の参観、断れない研修会、急な体調不良などなど。自習体制にするのは、担任の先生としては不安なこと…

ミッションは草の根異学年交流!【5年3組学級経営物語3】

通称「トライだ先生」こと、2年目教師・渡来勉先生の学級経営ストーリー。今回は、思いやりの心や参画意識等を育む異学年交流をテーマにしたお話が展開されます。

子供たちの自己肯定感が育つ ライフスキルの本

日本の子供たちは、世界に比べて自己肯定感が低いと言われています。しかし、これからの世の中を生きていくために伸ばしていかなければならない、重要な能力です。「自己肯…

もっと見る