小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア②

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小6体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「器械運動(跳び箱運動)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校教諭・青戸香朱美
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   品川区教育委員会統括指導主事 ・唐澤好彦

単元名

マイゴールをめざして

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
跳び箱運動の行い方を理解するとともに、切り返し系や回転系の基本的な技を安定して行ったり、その発展技を行ったりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題の解決の仕方や技の組み合わせ方を工夫するとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
跳び箱運動に積極的に取り組み、約束を守り助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や器械・器具の安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

器械運動は、技に挑戦し、その技ができる楽しさや喜びを味わうことのできる運動です。また、より困難な条件の下でできるようになったり、より雄大で美しい動きができるようになったりする楽しさや喜びも味わうことができます。

跳び箱運動では、切り返し系や回転系などの技を安定して行うとともに、その発展技に取り組み、自己の能力に適した技をできるようにすることが課題となります。

日常生活では通常行われにくい動きを含んだ運動であるため、すべての子供が跳び箱運動の楽しさや喜びを味わうことができるよう、技の習得に必要な感覚を身に付けることができる感覚つくりの運動や、恐怖心を取り除く易しい条件や場を用意して取り組めるようにしていきます。その上で、自己の能力に適した課題を見付け、その課題の解決の仕方を考えたり、練習の場や段階を選んだりすることができるようにすることが大切です。

また、運動を楽しく行うために、一人一人が自己の課題の解決のために積極的に取り組み、約束を守り助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたり、場や器械・器具の安全に気を配ったりすることができるようにすることも大事なポイントです。

〈感染症対策〉
授業を行う際には、地域の感染状況に応じて、以下の新型コロナウイルス感染症対策を講じましょう。
・子供たちに授業前後の手洗いを徹底する。
・決まったペアやグループで活動する。
・見る位置や待つ位置をあらかじめ決めておくなど、順番を待つ間に密集・密接することがないようにする。
・活動中、不必要に大声を出さないようにする。
・集合、整列時は子供どうしの適切な間隔を確保する。 など

単元計画(例)

小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデ 単元

工夫してもっと楽しく運動をしよう!

できる技を増やして楽しさを広げよう

グループで学習を進め、気付いたことや技のポイントを伝え合いながら、自己の能力に適した課題の解決の仕方を考えたり、課題に応じた練習の場や段階を選んだりして運動に取り組みます。

また、ペアやグループで演技に取り組み、できるようになった技を見合って、お互いの伸びを確認します。

 

練習や場の工夫(例)
見付けた課題の解決の仕方を考え、課題に応じた練習の場や段階を選んで学習を進められるようにします。師範の動画を活用し、比較することで課題を見付けることも考えられます。

小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデ イラスト

 
学習資料
※ダウンロードはこちら

 

学習カードの活用

子供が撮影した自己の動きを添付した学習カードを作成し、教師に提出することで、その後の指導に生かすことができます。撮った動画を比較することで子供の動きの変容を見取ることができます。

小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデ イラスト

 
学習カード(学習カードの例)
※ダウンロードはこちら

 


ペアやグループで取り組む

できるようになった技でペアやグループで演技に取り組み、楽しさを広げていきます。

・そろって跳べる場
仲間とタイミングを合わせて跳ぶ。

小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデ イラスト

・両方向から跳べる場
仲間と連続してリズムよく跳ぶ。

小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデ イラスト

教師の言葉がけ(子供の自己決定を促す)

小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデ イラスト
小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデ イラスト
小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデ イラスト

 

指導のワンポイント!
跳び箱運動の安全な指導(学校体育実技指導資料集 第10集 器械運動指導の手引(文部科学省)参考)

小学校では、報告されている学校管理下の障害発生件数において、跳び箱が多くなっていることから、以下の点に配慮して指導するようにしていきます。
①跳び箱運動で要求される動きや感覚を高める
マット運動で回転感覚を高めたり、馬跳びやうさぎ跳びなどの切り返し系の技に類似した運動を十分に行ったりします。
②安全な場づくりを心がける
落下の心配がある台上前転の指導では、跳び箱の両側にマットを敷いたり、補助の仲間を配置したりして安全な場づくりを行います。着地に柔らかいマットを準備しておくことも、子供が安心して取り組むことに役立ちます。
③決して無理をさせない
低い跳び箱が易しい条件とは限りません。また、高さばかりを追求する授業は危険につながります。跳び箱運動では、技能にあった高さを選び、余裕と雄大さを感じさせる技の実施をめざしていきます。
④授業で取り上げる技の順番への配慮
同じ授業内で回転系と切り返し系の両方を指導する場合、回転系を先に取り上げると、切り返し系の学習の際に回転感覚が残っていて事故につながることがあります。両方取り上げる場合は、切り返し系を先に取り上げるようにします。

 

 

小6体育「器械運動(跳び箱運動)」指導アイデア①
「楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/みながわこう

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小5外国語 Unit 8「Who is your hero? あこがれの人について発表しよう」指導アイデア①
・小6外国語 Unit 8「My Future, My Dream」の指導アイデア①
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア①
・小6体育「陸上運動(ハードル走)」指導アイデア②
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア①
・小2体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット使った運動遊び)」指導アイデア②
・小3体育「走・跳の運動(幅跳び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号