小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小1体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」の単元を扱います。

執筆/東京都公立小学校主任教諭・諏訪卓也
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   東京都教育庁指導部主任指導主事・美越英宣

単元名

ぴょんぴょんランドであそぼう

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
跳の運動遊びの行い方を知るとともに、前方や上方に跳んだり、連続して跳んだりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
跳ぶ簡単な遊び方を工夫するとともに、考えたことを友達に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
跳の運動遊びに進んで取り組み、順番やきまりを守り誰とでも仲よく運動をしたり、勝敗を受け入れたり、場の安全に気を付けたりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

跳の運動遊びは、助走を付けて片足で踏み切り、前方や上方に跳んだり、片足や両足で連続して跳んだりするなかで、跳の運動遊びの楽しさ、心地よさを引き出す指導を大切にします。

順番やきまりを守り誰とでも仲よく運動遊びに取り組めるようにするとともに、体力や技能の程度にかかわらず競争に勝つことができるなど、活動の仕方や場を工夫します。

また、ただ跳ぶだけの活動にならないように、易しい運動遊びを通して運動の楽しさに触れることができるようにすることが大切です。そして、子供が場を選び、友達のよい動きを見付けたり、考えたりしたことを友達に伝えるようにします。

感染症対策
地域の感染状況に応じて、用具の共用をする場合は、少人数での活動とするとともに、使用前後の手洗いを徹底するようにしましょう。
場の設定では、密を避けて活動できるようにし、順番を待つ際にも子供どうしが一定の距離を保てるよう、マーカーを置くなどの工夫をしましょう。

単元計画(例)

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア 単元

知って楽しむ

いろいろな跳び方を楽しもう(第1時・第2時)

第1時・第2時では、いろいろな跳び方に取り組むなかで、助走を付けて片足で踏み切り、前方や上方に跳んだり、片足や両足で連続して跳んだりする動きに取り組める場を設定します。単元を通して、主運動につながる運動遊びを行い、片足跳びや連続跳びの感覚を養うようにします。

ここでは、片足踏切、両足踏切、前向き、連続など、いろいろな跳び方に取り組みます。きまりを守り、友達と仲よく学習ができるよう、場の安全に気を付けることも大切です。

 

●主運動につながる運動遊びの行い方の例

スキップ&ギャロップ
・スキップやギャロップの動きに取り組む。
・友達と競走することもできる。

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア イラスト

体じゃんけん
・友達と声を合わせてその場で弾みながら、足でじゃんけんをする。
・「じゃん」(両足跳び)、「けん」(両足跳び)、「ぽん」(全身でじゃんけん)で行う。

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア イラスト

どちらが先に進めるかな
・じゃんけんの結果で進める歩数を決めて、2人(3人)でじゃんけんをする。じゃんけんの結果に応じて、大股で連続して跳んで進む。

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア イラスト

何歩で行けるかな
・何歩でゴールにたどり着けるか数える。
・友達と競争することもできる。

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア イラスト

  

●幅跳び遊びの行い方の例

川跳び遊びの場
・徐々に幅が広くなる2つの線を引いて、川をつくる。
・自分が跳び越えられそうな幅の場所を選び、助走を付けて片足で踏み切って跳ぶ。
・左右どちらの足でも踏み切るようにする。
・上手に跳ぶことのできない子供には、足を置く位置の目印として輪を置き、リズミカルに跳ぶことができる場を設定するなどの配慮をする。

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア イラスト

くねくねした川の場
・個に応じた幅を見付けて跳ぶ。

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア イラスト

 

●ケンパー跳び遊びの行い方の例

1つの輪がまっすぐに並んだ場
・片足や両足で連続して前方へ跳ぶ。
・左右の足でバランスよく跳ぶ。

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア イラスト

1つ・2つの輪がまっすぐに並んだ場
・簡単なリズムで跳べる置き方から、置き方を変えて違うリズムで跳ぶ。

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア イラスト

途中の輪が離れた場所にある場
・離れた場所の前の輪で強く踏み切って、次の輪に着地できるように跳ぶ。
・上手に跳ぶことのできない子供には、輪の色を変えるなどして、足を置く順番やリズムが分かるようにするなどの配慮をする。

小1体育「走・跳の運動遊び(跳の運動遊び)」指導アイデア イラスト

1つの輪が左右にずれながら並んだ場
・ケン・ケンやグー・グー・ケン・グーなどで、左右の斜め前に向かって続けて跳んで遊ぶ。

 

小1体育「器械・器具を使っての運動遊び(マット運動)」指導アイデア②
「工夫して楽しむ」はこちら

イラスト/みながわこう

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小3 国語科「これがわたしのお気に入り」板書例&全時間の指導アイデア
・小1 国語科「いいこといっぱい、一年生」板書例&全時間の指導アイデア
・小5外国語 Unit 8「Who is your hero? あこがれの人について発表しよう」指導アイデア②
・小6外国語 Unit 8「My Future, My Dream」の指導アイデア②
・小5外国語 Unit 8「Who is your hero? あこがれの人について発表しよう」指導アイデア①
・小6外国語 Unit 8「My Future, My Dream」の指導アイデア①
・小3 国語科「わたしたちの学校じまん」全時間の板書&指導アイデア
・小4外国語活動 Unit 9「This is my day.」指導アイデア
・小3外国語活動 Unit 9「Who are you?」指導アイデア
・小1体育「体つくりの運動遊び(多様な動きをつくる運動遊び)」指導アイデア①
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号