小6国語「柿山伏」指導アイデア

教材名:「柿山伏」光村図書

指導事項:〔知識及び技能〕(3)ア・イ 〔思考力、判断力、表現力等〕C(1)エ
言語活動:イ

執筆/神奈川県公立小学校教諭・阿部真央
編集委員/文部科学省教科調査官・大塚健太郎、神奈川県公立小学校校長・丹羽正昇

単元で付けたい資質・能力

①身に付けたい資質・能力

狂言を真似て音読することを通して、「柿山伏」の面白さに気付いたり、狂言特有の言い回し、言葉の響きやリズムに親しんだりしていきます。また、登場人物の人物像を捉え、昔の人の感じ方についても考えを深めていき、狂言や古典への興味・関心を高めることを目指しています。

人物像を捉えるためには、音読を繰り返して内容を理解すること、作品の全体から登場人物の行動や会話などの複数の叙述を関連付けて読むことが大切です。また、視聴覚資料を用いることで狂言特有の言い回しや動きなどの面白さにも気付くことができるので、教科書と併せて効果的に活用しましょう。

②言語活動とその特徴

本単元では、「言葉の響きやリズムに親しみながら人物像を考えて読み、狂言の面白さを伝え合う」という言語活動を位置付けます。言葉の響きやリズムに親しむために、音読を繰り返してやりとりの面白さを感じたり、自分達が普段使っている言葉と比較したりすることが大切です。

また、人物像を捉えるために、登場人物の会話や行動に着目し、作品全体を読むことが大切です。そこから、登場人物の面白さに気付くことができ、さらに、『「柿山伏」について』などの古典について解説した文章と本文を重ねて読むことで、昔の人の感じ方などを知り、今と昔を比較したり登場人物の行動の背景を具体的に考えたりすることにもつながります。「柿山伏」を通して、狂言の世界を楽しみ、古典への興味・関心を高めていきましょう。

単元の展開(4時間扱い)

主な学習活動

第一次(1時)

①「古典芸能の世界」での学習を想起し、狂言について知っていることを確認する。映像資料や絵本を用いて、狂言の作品について簡単に知る。
・「狂言 柿山伏」の映像を視聴し、面白いと感じたことを伝え合い、狂言への関心を高め、学習課題を設定し、学習計画を立てる。

②グループで目的や条件などを具体化し、話合いの計画を立て、自分の考えを整理する。

【単元】音読を通して、狂言の面白さをたくさん見つけ、伝え合おう。

第二次(2・3時)

②「狂言 柿山伏」を音読し、言葉や内容の面白さについて話し合う。
→アイデア1 主体的な学び

③『「柿山伏」について』を読み、狂言や「柿山伏」への理解を深め、山伏と柿主の人物像について話し合う。
→アイデア2 対話的な学び
・話し合った人物像を音読に生かす。

第三次(4時)

④グループごとに音読を見せ合い、感想を伝え合う。
・狂言の面白さを伝え合う。

→アイデア3 深い学び

アイデア1 自分で声に出して読むことで面白さに気付く

主体的な学び

山伏と柿主になりきって、動きや声の出し方を真似して音読します。音読することで、分からなかった言葉について確かめ、内容の理解を深めたり、言葉の響きや内容の面白さに気付いたりすることが大切です。

山伏の「えいえい、やっとな。」のところは、最初の方に何度も出てくるし、リズムが良くてすぐに覚えたよ。この言葉で、柿をねらって石を投げたことが分かるし、言い方を変えると重い石を持っている感じも伝わるね。

とびの真似をする二人のやりとりが好きだな。だんだんテンポが速くなっていって、ついに山伏が木から落ちてしまうところが面白いと思ったよ。楽しかったから、もっと真似してもう一回読んでみよう。

また、自分で音読することで「柿山伏」の言葉と現在の言葉の違いに気付くことができます。

狂言では、からすの鳴き声を「こかあ」と表現しているけど、からすは「かあ」と鳴くイメージがあるな。さるも「きゃあ」ではなく、ぼくが山伏だったら「ウッキー」と言うよ。昔と今では、動物の鳴き声の表現の仕方も少し違いがあって面白いな。

音読を通して言葉の違いに気付いている児童の発言を紹介したり、どうしてこの場面を選んだのかなどを尋ねたりすることで、児童が感じている狂言の面白さを言語化できるようにしていきましょう。

◯◯さんが、今と昔では、動物の鳴き声の表現の仕方が違うと言っていたよ。みんなはどう思ったかな。他に、今と昔の言葉の違いを感じた人はいるかな。

【ここで気付く狂言の面白さ】
・言葉 ・動き ・内容 ・独特な声の出し方 ・やりとりのリズムやテンポ

アイデア2 人物像を捉えることを通して面白さに気付く

対話的な学び

「柿山伏」と『「柿山伏」について』を重ねて読むことで、狂言で伝えたいことや時代背景などを知ることができます。狂言のことに赤線、時代のことに青線を引くなどすると、児童が情報を整理しやすくなります。知ったことと人物像を関連させて考えることで、行動の背景を具体的に考え、昔の人の感じ方を知ることにもつながっていきます。

また、対話の視点を明確にすることで、複数の叙述や、作品と解説の文を関連させて人物像を捉えたり、一人では気付くことができなかった叙述や人物像に気付いたりすることができます。

【対話の視点例】
①人物像の根拠となる叙述(会話や行動など、複数見つけよう)
②『「柿山伏」について』を読む前後での捉えの変化(今と昔の違い、狂言で伝えようとしていることをもとに人物像を捉え直そう)
③①と②を踏まえての人物像の捉え

柿を食べられただけでこんなにからかってこらしめるなんて、柿主は意地悪な人だなと思った。でも、狂言が生まれた時代のことを知って、僕が考えていたよりも、柿はもっと大切なものだということが分かった。柿主は毎日見に行くくらい大切な柿を食べられたのに、最後に山伏を捕まえないなんて優しい人だと思ったよ。

最初に出てきたときに、山伏は服装もすごいし、話し方もなんだかえらそうな感じがした。でも、そんな人が動物の真似をしていて面白かったな。私も悪いことをしたらごまかしたいと思うけれど、動物の真似をすることはしないと思うから、言われた通りに真似した山伏は素直な人だと思う。昔も今も悪いことをして、なんとかごまかしたいという気持ちは一緒だね。

【ここで気付く狂言の面白さ】
・登場人物 ・昔の人の感じ方

アイデア3 一人一人が感じた狂言の面白さを共有する

深い学び
深い学び

これまでの音読や人物像を捉える学習から、自分が発見した狂言の面白さを視点ごとにまとめます。それぞれがまとめた面白さを、友達と共有することで、新たな狂言の面白さに気付いたり古典への興味・関心を高めたりすることができます。

視点を具体的に示すことで、自分がどこを面白いと思ったのかを言葉として認識しやすくなります。また、共有することで、自分とは違った見方の面白さを知ることができます。

6年〇組が発見した狂言の面白さのポイント
・言葉
・動き
・内容
・独特な声の出し方
・やりとりのリズムやテンポ
・登場人物
・昔の人の感じ方

言葉が面白いと感じたよ。昔の言葉だと思って最初は難しく感じたけれど、話の流れで意味を想像すると話の内容が分かってきた。あと、「やい、やい……」「あ痛あ痛……」など同じ言葉を続けて言うところも多くあって、言葉のリズムがよいと思ったよ。

私は、登場人物が面白いと思ったな。「柿山伏」では、えらそうな人が悪さをごまかすために、必死に動物の真似をしていたけれど、ごまかしたいなという気持ちは、昔の人も今の人にもあると思う。その気持ちを伝える登場人物の魅力が狂言の面白さだと感じたよ。

ぼくは、ストーリーが面白いと感じたよ。『「柿山伏」について』で、「見る人々がそれぞれ、自分のこととして考えるとよいのです。」と書かれていたよね。「柿山伏」でも、ごまかしたい心や自分を強く見せたい心など、誰でももっている心を表現しているからこそ、自分のこととして考えられるんだと思ったよ。他の狂言の作品ももっと知りたいな。

【振り返り】

友達と狂言の面白さを伝え合い、狂言にはたくさんの面白さがあるからこそ、今まで人々を楽しませて、受けつがれてきたのだと思った。ぼくは、狂言の面白さは、昔の人の感じ方を知ることができることだと思う。山伏の「ごまかそうとする心」は、ぼくにもある。今も昔も変わらない人間の心だと思った。「柿山伏」では、その心を責めたり、追いつめたりせず、面白くこらしめているところがよい。だからこそ、昔から多くの人が笑って楽しんで見ることができたのだと思う。

イラスト/横井智美

『教育技術 小五小六』2021年12/1月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!

最新情報をプッシュ通知で配信中です。

授業改善の記事一覧

雑誌最新号