• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【おもしろ授業アイディア】理科 生物や実験器具に興味を広げる活動

2019/8/31

理科室

夏休み明けの子供たちの興味を引くこと間違いなしの、理科の授業アイディアを紹介します。

監修/兵庫県姫路市立城東小学校教諭 横田直人

チョウの体パズルで遊ぼう[小三]

二学期最初の単元は「昆虫のかんさつ」です。さまざまな昆虫の体を観察する学習を通して、一学期に学習したチョウの体と似ているところを見付けながら、昆虫の頭・胸・腹に関する理解を深めます。

そして、この学習の土台となる「チョウの体」を想起させるために、「チョウの体はどんな部分に分かれていましたか?」「チョウの足はどこに付いていましたか?」と子供たちに問う展開が多いと思います。

しかし、本単元は一学期単元「チョウを育てよう」からつながる単元であるため、導入とはいえ既習知識の活用を設定したいところです。

チョウの体パズル
クリックすると別ウィンドウで開きます

そこで考えたのが、「チョウの体パズル」です。グループで話し合いながらチョウの体のパーツをつなげて、チョウの体を完成させていきます。夏休み明けの子供たちに実際にさせてみると、案外昆虫の体の仕組みを忘れており、腹から足が6本飛び出しているグループも見られることがあります。

この活動を通して、「チョウの体は頭・胸・腹に分かれていること」「胸に6本の足が付いていること」について楽しみながら理解を深めることができます。

理科室借り物ゲーム[小四]

四年生の二学期といえば、いよいよ理科室での学習が始まる時期です。

理科室にはさまざまな単元で活用する器具があります。これらの器具に親しむゲームを紹介します。

【用意するもの】

・材質カード

・各器具の用途カード

カード

材質カードの例

●ガラスでできている:ビーカー、フラスコ、試験管、ろうとなど

●木でできている:ろうと台、試験管ばさみ、試験管立て、木づちなど

●金属でできている:スタンド、金属球膨張器、金網、三脚など

各器具の用途カードの例

●測るもの:メスシリンダー、ビーカー、上皿天秤、電子天秤など

●入れもの:ビーカー、各種フラスコ、ペトリ皿、試験管など

●支えるもの:スタンド、フレキシブルスタンド、試験管立てなど

●温めるもの:ガスコンロ、ガスバーナー、アルコールランプなど

●大きく見るもの:顕微鏡、双眼顕微鏡、解剖顕微鏡、ルーペなど

【進め方】
◦ 各グループに、カードを配る。
◦ カードに書かれた器具を理科室の中から探して取りにいく。必ず歩いて取りにいく。
◦ 持ってきた器具が合っていれば一つ1点とする。
◦ 一つの器具を持ってきたら次の子と交替する。
◦ グループの中では教え合ってOK。

この活動を行うことによって、理科室の器具に関する知識が身に付くとともに、ていねいに器具を扱おうとする態度も育てることができます。

また、グループの中での教え合いを認めることで、対話を通して器具に対する発見も生まれてきます。さらに、子供たちにクイズを考えさせるのもよいでしょう。

『教育技術小三小四』2019年9月号

関連する記事

授業記事一覧

保護者の心をがっちり!授業参観の魅せるテクニック

授業参観で通常の授業を行うだけでは、手を挙げて発言する積極的な子どもの活躍しか見せることができません。保護者が見たい我が子の姿を見せられる、保護者からの信頼を得…

探求心・課題解決能力が育つ! 新学習指導要領時代の「海洋教育」とは

海洋教育は、新学習指導要領の解説でも取りあげられていて、学校教育として積極的に取り組むことが求められているのです。また、教科横断的な学習により、アクティブ・ラー…

【教育技術小五小六11月号購入者特典】「道徳の授業レポート」授業動画(PR)

『教育技術小五小六』11月号本誌に掲載されている、「小五小六の道徳科 授業レポート」特集の関連動画です。
本誌パスワードの入力で、5年教材『はじまり そして未…

【指導計画】1年算数 「たしざん」(2)

10 のまとまりに着目し、繰り上がりのある加法の計算の仕方を筋道立て説明することができるようにします。

2019/10/14

版画で心の世界を表す、図画工作科の授業

これまで子供たちは、低学年や中学年で「版に表す」学びを経験してきました。それをさらに発展させた表現方法に取り組む図画工作の活動を紹介します。

2019/10/14

【指導計画】1年算数 「たしざん」(1)

数のまとまりに着目し、具体物の操作や図に表して考える活動を通して、加法の計算の仕方の理解を考えることができるようにする。

2019/10/13

【指導計画】3年体育 器械運動(跳び箱運動)「跳び箱を跳んで、回って、楽しもう!」

中学年の跳び箱運動では、低学年で身に付けてきた動きと運動感覚をもとに、基本的な支持跳び越し技(切り返し系、回転系)に取り組み、それぞれの自己の能力に適した技を習…

2019/10/11

【体育】授業&活動ネタ特盛りコレクション

二学期前半には、教師と子どもたちの関係、子ども同士の関係をもう一度繫ぎ直し、「もっと学びたい!」という意欲をかきたてる授業や活動づくりが必要です。ここでは、1年…

二学期後半に見直そう! ノートの型を使った理科の授業づくり

二学期に入り、今年度もいよいよ後半です。年度はじめに描いた理科の「授業づくり」について、このタイミングでしっかり見直して修正し、子供たちを積み残しなく高学年へと…

思考ツールで子供の議論が動きだし、授業が面白くなる!

授業でもよく使われるKJ法(付箋に書いた意見をグルーピングして議論をまとめる手法)などの思考ツールについて、「日本の子供は、自分の意見が言えないのではなく、自分…

もっと見る