小6 国語科「熟語の成り立ち」全時間の板書&指導アイデア

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

文部科学省教科調査官の監修のもと、小6国語科「熟語の成り立ち」(光村図書)の全時間の板書例、教師の発問例、予想される子供の発言、1人1台端末活用のポイント等を示した授業実践例を紹介します。

小六 国語科 教材名:熟語の成り立ち(光村図書・国語 六)

監修/文部科学省教科調査官・大塚健太郎
編集委員/山梨大学大学院准教授・茅野政徳
執筆/長野県駒ケ根市立中沢小学校・原 猛

1. 単元で身に付けたい資質・能力

本単元では、これまでに学習してきた漢字二字の熟語に加えて、漢字三字や四字以上の熟語について、その構成を考えます。漢字三字以上の熟語は、その組み合わせ方によって、

①「一字語+二字語」という組み合わせから成る熟語
②「二字語+一字語」という組み合わせから成る熟語
③「一字語+一字語+一字語」という組み合わせから成る熟語

に分類できます。漢字四字以上の熟語も、基本的にはこれらの組み合わせ方の延長か、「二字+二字」、または「二字+三字」のように、二字熟語と三字熟語の組み合わせになっていることが多いです。

本単元では、熟語がこのような構成でできていることを知ることで、熟語を構造的に認識する力を身に付けるとともに、言葉の理解を促します。また熟語を構造的に認識することで、日常生活の中で熟語の意味を理解したり、効果的に使用したりする力を伸ばすことも期待できます。

2. 単元の評価規準

3. 言語活動とその特徴

学習指導要領には、高学年の「知識及び技能」として、「語句と語句との関係、語句の構成や変化に ついて理解し、語彙を豊かにすること」と示されています。
「語句と語句との関係」とは類義語や対義語、上位語・下位語などのことで、「このような語句と語句との関係を理解することは、語感を高めたり、言葉の使い方に対する感覚を豊かにしたりすることにもつながる」とされています。
また、「語彙を豊かにする」とは、「自分の語彙を量と質の両面から充実させること」ともあります。つまり知っている熟語の数を増やすだけでなく、その熟語の構成や語同士の関係、成り立ち等を理解することで、熟語の意味や使い方に対する認識が深まり、話や文章の中で使いこなせる語句が増える、ということです。

本単元では、上記の「知識及び技能」を主体的に身に付けることができるように、いくつかの語を組み合わせて熟語をつくったり、身の回りにある熟語を取り上げ、それを構成する語句に分解したりする言語活動を設定しました。具体的には、児童は4年生「熟語の意味」の学習で、「熟語」という概念や、訓読みを手掛かりにすることで熟語の意味を考えられること、さらに

似た意味を持つ漢字の組み合わせ
② 反対の意味を持つ漢字の組み合わせ
上の漢字が、下の漢字を修飾する関係にある組み合わせ
④「~を」「~に」に当たる意味の漢字が下に来る組み合わせ

という二字熟語の構成について学習しています。そこで、この既習事項を基にした「合体熟語クイズ」「分解熟語クイズ」を、言語活動として考えました。

「合体熟語クイズ」は、「高」「学年」、「運動」「会」、「衣」「食」「住」など、三字熟語を分解した語をカードに書いておき、それらを組み合わせて三字熟語を完成させます。そして完成した熟語を二字熟語の構成を手掛かりに分類します。

「分解熟語クイズ」は、三字熟語や四字以上の熟語の構成を学習した後に行います。
身の回りや教科書などから四字以上の熟語を選び、「交通安全教室」→「交通」「安全」「教室」、「児童会活動」→「児童」「会」「活動」のように、語の区切り方を答えるクイズをつくって出題します。

これらの言語活動を通じて熟語を語構成の視点から理解できるよう促すことで、熟語の意味や使い方に対する認識を深め、話や文章の中で使いこなせる語句が増えていくことを目指しています。

4. 指導のアイデア

〈主体的な学び〉 クイズを楽しみながら熟語の成り立ちへの関心を高める

主体的な学びを生み出すために、本単元では「クイズを通して熟語の成り立ちを考えること」「既習の学習内容を振り返ること」を意識します。
児童はこれまで生活の中で数多くの熟語に触れてきています。しかし、それらの構成を意識することはあまりなかったのではないでしょうか。そこで「合体熟語クイズ」では、学校生活や教科学習で使われている熟語をできるだけ取り上げるようにします。
例えば「運動会」「円周率」など、馴染みのある熟語が、その成り立ちによって3パターンに分類できると分かることで、身の回りの熟語に対して関心をもち、様々な熟語の分類を進んで考えようとする姿が期待できます。

「合体熟語クイズ」で完成させた熟語を分類する場面では、最初に確認した二字熟語の分類パターンを手掛かりに考えるよう促します。それによって、「似た種類の漢字が組み合わさっている」ことや、「何字と何字に分かれる」というポイントに気付きやすくなるでしょう。

〈対話的な学び〉 熟語の構成を協働して考えたり、クイズを出し合ったりする

本単元では対話的な学びの場面として、1時間目の「合体熟語クイズ」で三字熟語をつくったり、完成した熟語を分類したりする活動に協働して取り組みます。
協働して取り組むことで自分一人では気付けなかった組み合わせに気付けたり、様々な視点から分類パターンを考えたりすることが期待できます。
また2時間目の「分解熟語クイズ」では、自分が考えたクイズを友だちと出し合います。自分が考えたクイズを友だちに解いてもらうことは、活動に対する意欲の高まりが期待できますし、対話的な学びによって、より多くの熟語に触れながら熟語の構成を理解していくことも期待できます。

〈深い学び〉 熟語を語構成の視点から捉えることで、熟語の意味への理解を深める

学習指導要領では「深い学び」の視点として、「各教科の特質に応じた物事を捉える視点や考え方で ある「見方・考え方」を、習得・活用・探求という学びの過程で働かせることを通じて、より質の高い深い学びにつなげることが重要である」と書かれています。本単元でいえば、熟語を語構成の視点から捉えることが「見方・考え方」の一端であると考えます。
2時間目の「分解熟語クイズ」では、これまで何気なく使っていた熟語を、例えば「二等辺三角形」を「二(つの)」「等辺(辺が等しい)」「三角(角が3つの)」「形」のように、その成り立ちから捉えようとすることで、熟語の意味をより深く理解できることを目指しています。

5. 1人1台端末活用の位置付けと指導のポイント

(1)カードに書かれた語を組み合わせて三字熟語をつくる「合体熟語クイズ」を行う

熟語を分解した語を組み合わせて三字熟語をつくる際に、ホワイトボードアプリ等でワークシートを作成しておけば端末上で容易に操作できますし、ワークシートをグループで共有すれば、複数の児童が同時に複数の付箋を操作したり、完成した熟語を協働して分類したりすることもできます。
また、グループの考えを全体で共有することも容易です。分類する際には、熟語を線で囲んだり気付いたことを書き込んだりしながら、三字熟語の分類パターンを考えていくとよいでしょう。

(2)身の回りから四字以上の熟語をさがし「分解熟語クイズ」を考えて出題する

身の回りや教科書などから四字以上の熟語を探して語の構成をクイズにする際には、ホワイトボードアプリやワープロアプリを用いることで児童同士の共有が容易になります。
例えば、自分が考えた問題を友達に提示して画面上に答えを書き込んでもらったり、画像投影装置を使って一人の児童が考えた問題を全体で一斉に共有したりすることもできます。さらに一人で問題を考えることが困難な場合は、クイズ作成用のワークシートをグループで共有し、協働してクイズを考えることもできます。

6. 単元の展開(2時間扱い)

 単元名:~熟語博士になろう~ 合体熟語クイズ・分解熟語クイズをつくろう

【主な学習活動】
1時2時
① 4年生で学習した二字熟語の構成を振り返る
②「合体熟語クイズ」で三字熟語をつくり、できた熟語の構成を考えて分類する〈 端末活用(1)
③ 漢字二字・三字の熟語の成り立ちを基に、四字以上の熟語の構成を考える
④ 身の回りから四字以上の熟語をさがし、「分解熟語クイズ」をつくる〈 端末活用(2)

全時間の板書例と指導アイデア

【1時間目の板書例 】

1時間目の板書例

1時間目では、4年生で学習した二字熟語の構成を基にして三字熟語の成り立ちを考えます。
最初に熟語の概念や二字熟語の構成を想起します。クイズ形式にして実際に漢字を組み合わせながら構成を確認する活動も考えられますが、「合体熟語クイズ」の時間を十分に確保するため、ここでは教師の質問に答えながら整理していきます。四つの分類とそれぞれの熟語を例示しておくことで、その後の「合体熟語クイズ」で既習事項を基に考えられるようにします。

4年生で「熟語」を学習しましたね。「熟語」とはどういうものだったか、覚えていますか?

二字以上の漢字が組み合わさってできた言葉のことです。

二字熟語は組み合わせ方によって四つのグループに分けられました。どんなグループだったでしょう?

似た意味の漢字の組み合わせです。

例えばどんな熟語ですか?

「森林」や「進行」です。

反対の意味の漢字の組み合わせです。例えば「大小」とか、「上下」とか。

上の漢字が下の漢字を修飾するものがあります。例えば「木刀」とか。

「前進」もそうですね。もう一つはどんな組み合わせでしたか?

「登山」で「山に登る」とか、「読書」で「本を読む」みたいな熟語です。

下の漢字が「~に」「~を」となっているものでしたね。

合体熟語クイズ」の例

「合体熟語クイズ」の例

漢字の書かれたカードを組み合わせて三字熟語をつくりましょう。2枚組み合わせてできる熟語と、3枚組み合わせてできる熟語があります。

「運動」と「会」を合わせると「運動会」になるね。「円周率」もそうだ。「入学式」も。

3枚組み合わせる熟語は、「市」と「町」と「村」で「市町村」かな。「衣食住」もそうだね。

「高学年」「未完成」「不可能」って熟語もできたよ。

今度は完成した三字熟語をいくつかのグループに分けます。「どうやって組み合わせたか」に注目して考えましょう。

「衣食住」「松竹梅」「市町村」は三つの漢字でできているね。3枚のカードを組み合わせたから。

「不可能」と「未完成」って似てるね。どっちも「~できない」とか「~ない」という意味だね。「高学年」も一字の漢字を上につけるから、同じグループじゃないかな。

「運動会」「円周率」「入学式」は、漢字二字のカードが上にきて、下に一字のカードがくるね。

対話的な学びのために〈端末活用の方法と効果〉

「合体熟語クイズ」では、熟語を分解した語を書いたワークシートを用意しておき、端末でグループごとに共有できるようにしておきます。一度に複数の児童が操作できますし、完成した三字熟語を分類する活動においても、協働して分類することができます。分類パターンの名称(一字ずつグループなど)を自分たちで考えるのもよいでしょう。

評価について

本時は、〔主体的に学習に取り組む態度〕を評価項目としています。熟語をつくる活動で、既習事項を基に考えたり、友達と協働したりしながら進んで熟語をつくろうとする姿、熟語の組み合わせ方を手掛かりに成り立ちのパターンを見つけようとする姿、このような姿をBの状況と判断します。


【2時間目の板書例 】

2時間目の板書例

2時間目は前時に学習した三字熟語の構成を基にして四字以上の熟語の構成を考えます。
四字以上の熟語も、多くが二字・三字熟語の成り立ちと同じ構成で組み合わされています。
「春夏秋冬」「都道府県」のように、同じグループに属する漢字一字の集まりのもの、「体育集会」「読書週間」のように、二字の熟語が二つ並んだもの、「軽自動車」「立候補者」のように、一字と三字を組み合わせたものなどがあります。
漢字五字以上の熟語も二字と三字の組み合わせなど、1時間目までに学習した熟語の構成で説明することができます。なお、「軽自動車」を「軽」「自動」「車」と分けたり、「図書委員会」を「図書」「委員」「会」と分けたりする児童もいるでしょう。そのような発想も許容しながら熟語がどのように成り立っているのかを考えることが大切です。

ここでは最初に四字熟語を例示し、それらがどのように成り立っているか(どこで区切れるか)を分類することで構成を理解できるようにします。それぞれのグループに分類したら、同様の構成で成り立っている四字熟語を探すことで、構成への理解がより深まるでしょう。

「熟語分解クイズ」では、教科書や辞書から4字以上の熟語を探し、どんな構成になっているかをクイズにします。ワークシートを端末上で操作することで、完成したクイズを友達に端末上で答えてもらうこともできますし、画像投影装置を使えば、一人の児童が考えた問題を全体で共有して答えることもできます。またワークシートをグループで共有し、協働してクイズを考えることもできます。

三字熟語は組み合わせ方によって三つのグループに分けられましたね、どんなグループでしたか?

一字ずつの漢字が三つの組み合わせです。

「一字と二字」という組み合わせと、「二字と一字」という組み合わせもありました。

それを思い出しながら考えてみましょう。「春夏秋冬」これは、どんな組み合わせだと思いますか?

「春」と「夏」と「秋」と「冬」と、一つずつの漢字が組み合わさっています。

二字熟語と三字熟語の組み合わせを基にすると、四字熟語もグループ分けできそうですね。それでは「読書週間」これは、どんな組み合わせですか?

「読書」と「週間」、二字ずつの漢字だ!

「紙飛行機」「立候補者」はどうですか?「図書委員会」は五字熟語ですが、分けられますか?

どの熟語も「一字+三字」「三字+一字」「二字+三字」のように、いくつかの漢字や熟語を組み合わせてできているね。

今グループ分けした四字熟語と、それぞれ同じグループの熟語を探してみましょう。

「春夏秋冬」と「都道府県」は、同じグループだと思うな。

「二字+三字」なら、「給食委員会」とか「児童会選挙」も同じだね。

「分解熟語クイズ」の例

「分解熟語クイズ」の例

「分解熟語クイズ」をします。教科書や辞書を見て、四字以上の熟語を探しましょう。
探したら、その熟語がどんな組み合わせになっているかを考えて、組み合わせを答えるクイズをつくりましょう。例えば「交通安全教室」なら、「交通」「安全」「教室」のようにつくります。
他の教科の教科書で探してもかまいません。

「臨時列車」は「臨時」と「列車」に分けられるね。

国語の教科書に「宇宙飛行士」とか、「鳥獣人物戯画」があったよ。これも熟語かな。

社会の教科書に「安土桃山時代」ってあったよ。これは二字ずつに分けられるね。

算数で使った「直角二等辺三角形」も熟語だね。「直角」「二」「等辺」「三角」「形」って分けると、意味がよく分かるね。

評価について

本時は、〔知識・技能〕を評価項目とします。「分解熟語クイズ」をつくる活動で、二字熟語や三字熟語の構成を理解し、それを基にして四字以上の熟語の構成を考えている姿、熟語を語構成の視点から捉えて意味を深く理解している姿、このような姿をBの状況と判断します。

イラスト/横井智美

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1生活「あきを さがそう」指導アイデア
・小1 国語科「くじらぐも」板書例&全時間の指導アイデア
・小2生活「うごくうごく わたしのおもちゃ」指導アイデア
・小5 国語科「たずねびと」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「利用案内を読もう」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「いちばん大事なものは」板書例&全時間の指導アイデア
・小6 国語科「熟語の成り立ち」全時間の板書&指導アイデア
・小4理科「雨水のゆくえ」指導アイデア
・小4理科「とじこめた空気や水」指導アイデア
・小3理科「音のふしぎ」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号