小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア①

特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア
小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア バナー

文部科学省教科調査官の監修による、小5体育科の授業案です。1人1台端末を活用した活動のアイデアも紹介します。今回は「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」の単元を扱います。

執筆/京都市公立小学校教諭・北田朋也
監修/国立教育政策研究所教育課程調査官・塩見英樹
   京都市教育委員会体育健康教育室首席指導主事 ・山口淳

単元名

グーンと伸びて、ゆったり泳ごう!

「年間計画表」はこちら

単元目標

●知識及び技能
クロール、平泳ぎ及び安全確保につながる運動の行い方を理解するとともに、手や足の動きに呼吸を合わせて続けて長く泳いだり、背浮きや浮き沈みをしながら続けて長く浮いたりすることができるようにする。
●思考力、判断力、表現力等
自己の能力に適した課題の解決のしかたや記録への挑戦のしかたを工夫するとともに、自己や仲間の考えたことを他者に伝えることができるようにする。
●学びに向かう力、人間性等
水泳運動に積極的に取り組み、約束を守り助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたり、水泳運動の心得を守って安全に気を配ったりすることができるようにする。

授業づくりのポイント

高学年の水泳運動は、「クロール」「平泳ぎ」及び「安全確保につながる運動」で構成され、続けて長く泳いだり、泳ぐ距離や浮いている時間を伸ばしたり、記録を達成したりする楽しさや喜びを味わうことができる運動です。

低学年の水遊びと中学年の水泳運動の学習をふまえ、高学年では水泳運動の楽しさや喜びを味わい、その行い方を理解するとともに、手と足の動かし方や呼吸動作などの基本的な技能を身に付けるようにし、中学校の水泳の学習につなげていくことが求められます。

また、水泳運動を楽しく行うために、自己やグループの課題を見付け、その解決のための活動を工夫するとともに、約束を守り、助け合って運動をしたり、仲間の考えや取組を認めたり、水泳運動の心得を守って安全に気を配ったりすることなどをできるようにすることが大切です。

〈水泳運動における新型コロナウイルス感染症対策〉
*地域の感染状況により、以下の配慮の例が考えられます。
・活動中(更衣時を含む)は不必要に大声を出さないようにする。
・集合・整列時は子供どうしの適切な間隔を確保するようにする。
・プールや更衣室に一斉に大人数が入らないようにする。
・更衣室や屋内プールにおいては、換気設備を適切に運転する。
・近接する活動を行う場合は、特定のペアで短時間で行うようにする。
・用具やタオル・ゴーグルなどの共有を避ける。
・見学者にも感染対策および熱中症対策を講じる。 等

単元計画(例)

小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア
単元

楽しく運動をしよう

運動との出合い

学習を始める前に

水泳運動に積極的に取り組むために、学習を始める前に、以下の準備をしておくことや導入を工夫することなどが考えられます。
・事前のアンケートを基に、用具や場の使い方を考えたり、バディの組み方を決めたりします。
・学習カードや掲示物、名前を記したマグネットやホワイトボードなどを用意します。


事前のアンケート、学習カード、掲示物
※まとめてダウンロードはこちら

クリックすると、「事前のアンケート」「学習カード」「掲示物」が6点表示されます。

準備運動

・プールサイドなどに準備運動(ストレッチ体操など)の手順を掲示しておきます。

小5体育「水泳運動」 イラスト

①くっしん


②しんきゃく


③アキレスけん


※まとめてダウンロードはこちら

水慣れの例

・水慣れの活動内容を掲示しておき、準備運動を済ませた子供から順に水慣れを行うようにします。

小5体育「水泳運動」 イラスト
小5体育「水泳運動」 図
小5体育「水泳運動」 イラスト

安全確保につながる運動

・背浮きや浮き沈みをしながら、タイミングよく呼吸をしたり、手や足を動かしたりして、続けて長く浮くことができるようにします。
・ある程度のまとまった時間を設定して指導したり、短い時間で単元を通して継続して指導したりするなどの工夫をしましょう。

①補助具を使った背浮き

小5体育「水泳運動」 イラスト

②背浮き

小5体育「水泳運動」 イラスト
小5体育「水泳運動」 イラスト

③浮き沈み

小5体育「水泳運動」 イラスト
小5体育「水泳運動」 イラスト

自己の能力に適した泳ぎ方(クロール・平泳ぎ)に挑戦しよう

自己の課題をもち、それに合った練習ができるよう、場の設定や用具を工夫します。子供の実態に合わせて、ビート板などの補助具を使った泳ぎ方も含めて段階的に指導します(学習カード参照)。学習カードは、ラミネート加工してプールサイドに置いたり、拡大して掲示したりして、いつでも活用できるようにします。

学習の場のイメージ

小5体育「水泳運動」 イラスト

●クロール

小5体育「水泳運動」 イラスト

●平泳ぎ

小5体育「水泳運動」 イラスト

ペアでの練習例

小5体育「水泳運動」 イラスト

ペアでの練習例①

小5体育「水泳運動」 イラスト

・ペアでの練習例②

小5体育「水泳運動」 イラスト

・ペアでの練習例③

小5体育「水泳運動」 イラスト

〈呼吸法の指導について〉

クロールや平泳ぎの手と足の動かし方はできているものの、呼吸動作でつまずく子供が多く見られます。

子供の様子を観察してつまずきの原因を把握し、課題に応じた練習の場やしかたを個別に助言するなどの指導が考えられます。以下、クロールの呼吸の段階的な指導の一例を示します。

①ボビングを連続して行い、水中で鼻と口から息を吐き、水面上で「パッ」と声を出した後、すぐに大きく息を吸うことを繰り返す。

小5体育「水泳運動」 イラスト
小5体育「水泳運動」 イラスト

②プールの壁に両手を当てて立ち、前傾姿勢で両腕の間の水面に顔を付けて水中で息を吐き、顔を前に上げて息を吸うことを繰り返す。

小5体育「水泳運動」 イラスト

③片手を壁に当てて②を行い、顔を横に向けて息を吸う。

小5体育「水泳運動」 イラスト

④③を歩きながら行い、慣れてくれば片方の手の動作を付ける(ビート板を持って行うと腕を伸ばすことを意識しやすい)。

小5体育「水泳運動」 イラスト

⑤ビート板を持ってキックをして進み、片方の手の動作を付けて息つぎをする(顔を上げすぎないようにするために、耳を腕に付けることを意識して行うようにする。仲間に手を引いてもらって行うことも考えられます)。

小5体育「水泳運動」 イラスト

⑥⑤に両手の動作を付け、左右どちらかの手のかきの際に息つぎをする。

小5体育「水泳運動」 イラスト

⑦ビート板なしで行う。(足腰が沈む子供には、腰に補助具を付けることも考えられます。)

小5体育「水泳運動」 イラスト

1 人 1 台端末を活用した指導アイデア

・防水ケースに入れたタブレットを使って動画を撮り合って、泳ぎを確認します。

・手本となる動画を見ることで、自己やバディの課題に気付いたり、課題の解決方法を考えたりできるようにします。

・手のかき方・手と足のタイミング・呼吸のしかたなど、自己やバディの動きを録画しておき、確認できるようにします。

・授業のふり返りは、各自のタブレットなどを使って入力し、その時間に撮影した動画とともに保存・提出できるよう設定しておくと、子供は毎時の学習の足跡を確認でき、教師も子供の学習状況を見とりやすく、評価にも活用することができます。

小5体育「水泳運動(クロール・平泳ぎ・安全確保につながる運動)」指導アイデア②
「工夫してもっと楽しく運動をしよう」はこちら

イラスト/佐藤雅枝

【関連記事】
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデアシリーズはこちら!
・小1生活「あきを さがそう」指導アイデア
・小1 国語科「くじらぐも」板書例&全時間の指導アイデア
・小2生活「うごくうごく わたしのおもちゃ」指導アイデア
・小5 国語科「たずねびと」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「利用案内を読もう」全時間の板書&指導アイデア
・小6 国語科「いちばん大事なものは」板書例&全時間の指導アイデア
・小6 国語科「熟語の成り立ち」全時間の板書&指導アイデア
・小4理科「雨水のゆくえ」指導アイデア
・小4理科「とじこめた空気や水」指導アイデア
・小3理科「音のふしぎ」指導アイデア
>>もっと見る

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
特集
【文部科学省教科調査官監修】1人1台端末時代の教科指導ヒントとアイデア

授業改善の記事一覧

雑誌最新号