• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【指導計画】5年国語 多様な情報を読み取り、自分の考えを深めよう

2019/8/13

執筆/沖縄県那覇市立安謝小学校教諭・石川紀恵
編集委員/国立教育政策研究所 教育課程調査官・菊池英慈、那覇教育事務所指導主事・上里 亮

単元で付けたい資質・能力

①言語活動とその特徴

本単元では、自然保護のあり方に対して課題意識をもち、意見文にまとめるとい
う言語活動を位置付けます。意見文は、自分の立場を明確にしたあと、その立場から調べたことや考えたことを読み手に納得してもらえるよう記述を進めていく特徴を持っています。そのために、本単元では、まず、世界遺産白神山地に関わるさまざまな資料やデータを読み取り、根拠をもとに自然保護のあり方についての自分の立場を決定します。より説得力のある意見文を書こうとする能動性が交流への意欲となり、異なった立場の他者との意見交換により自らの考えを広げたり深めたりできると考えます。そして、その考えが明確に表れるよう、根拠となる資料やデータを引用したり、表現や構成の工夫をしたりして意見文を書くことができるようにします。

②言語活動を通して付ける資質・能力

読むことについては、目的に応じて必要な情報を見付ける力や、文章を読んで理解したことに基づき自分の考えをまとめる力、交流を通し考えを広げたり深めたりする力を育成します。また、書くことについては、根拠となる情報を関係付け、引用したり構成を工夫したりして書く力を育成します。

③指導のポイント

・課題意識、目的意識を高めるために、
意見文は、自分の立場を明確にしたあと、その立場から調べたことや考えたことを読み手に納得してもらえるよう記述を進めていく特徴を持っています。 際のポイントを明確に示すことは大切です。ここでは、自然保護に向けて二つの立場を示し、自分は
どの立場なのかを意識しながら情報収集を行うよう指導します。また、第一次で
意見文の例を提示してゴールを示すことで、目的意識を高めます。

・自分の考えの根拠となる情報を選んだり、それを基に考えをまとめたりする場
面では、ペアや小グループによる話し合いで互いに質問したり、考えを述べ合っ
たりして、「考え」と「根拠」の整合性の確認や、反対の立場からの意見を予想するなどの活動を行うと、意見文を書くときに役立ちます。

指導事項:五・六年 Bアイエ Cウオカ 伝国イ(キ) 言語活動:B⑵ア

単元の展開(10時間扱い)

★はその時間の終わりに立場を決めて示します。

クリックすると別ウィンドウで開きます

アイディア❶ 課題意識や目的意識を持って読もう《主体的な学び》

第一次では、子供が「なぜ世界遺産になったの?」や「二つの考えのどちらがよいのだろう」などの課題意識を持つこと、そして「何のために読むのか」という目的意識を持つことが大切になります。第1時の導入で、子供たちが自然と触れ合って楽しかった経験や、人間によって自然が破壊されたり汚されたりしている例などを挙げ、自然保護のあり方として、「人間を自然に近付けないで守る」「人間が自然と関わり合いながら守る」の二つのうち、自分ならどの考えがよいと思うか課題意識をもたせます。これから読んでいく白神山地についてのさまざまな資料が、それを考えていく手がかりとなることを意識させます。

【第1時板書例】

板書例

自然教室の山登りのとき、空気がさわやかだったよ。自然
とふれ合えるのはいいね。

でも、この海岸の写真を見ると、人間が自然を汚しているよ。

白神山地は、世界遺産としてどのような価値があるのかな。

白神山地では、何か特別な自然保護の仕方があるのかな?

疑問を解決するために、二つの文章を読んでみましょう。

【第2時】

「説得力のある意見文」とはどのような文なのか? 教科書にあるモデル文の書きぶりを子供たちと分析することで、二次の学習への見通しを持たせます。

ただ意見を言うのではなく、自分の考えのもとになる根拠資料もあげているね。ぼくも、自分の考えがはっきりと伝わるように、資料から引用することも意識しておきたいな。

〇説得力のある意見文にするには?

①説得力のある文章の構成
・「意見」を最初に書く。(始め)
・「意見」を最後にも繰り返して書く。

②「意見」に合った「根拠」を示す。【根拠の書き表し方】
・根拠となる事例をなど整理して書く。(一つめの理由は)
・資料から適切なところを引用し、引用したところは、「 」で示す。

③「意見」と「根拠」を分けて書く。
・〜ということから(根拠)、…と思います(意見)。

④反対の立場からの意見も書き、それについて考えを述べている。
・もちろん……も大事です。しかし、…ことはできません(反論)。

子供たちに「なぜ」「どうして」という問いを持たせたり、立場を決めさせたりすることで、課題意識を持ち学習を進めていけるようにしましょう。また、単元のゴールの意見文例を第一次で示し、「説得力のある意見文にするためにどのような点に気を付けるのか」をしっかりと捉えさせることで、目的意識を持って、主体的に二次の学習を進めていくことができます。
さらに、白神山地や他の自然保護のあり方についての関連図書を用意し、子供たちの探求意欲をかき立てる場の工夫をすることも、考えを広げ、深めさせる手立てとなります。

1 / 2 ページ

関連する記事

授業記事一覧

小一算数 ペアワークで「子どもが教える」ことで定着する

学習の定着率を上げるためには「他の人に教える」ことが一番。(アメリカ国立訓練研究所が発表している「ラーニングピラミッド」という学習定着率を表す資料の中にあります…

小六の道徳とオリジナル教材「道しるべ」

山形県のある小学校で行われた佐藤幸司先生による六年生の道徳授業を紹介します。独自教材を使ったオリジナルの道徳授業には、学級経営にも生かせるヒントがたくさんありま…

2019/11/11

【ぬまっち流】海外への興味を駆り立てる!英語の実践アイディア

アメリカの大学院への留学経験がある、沼田晶弘先生(ぬまっち先生)に英語(外国語)と海外文化への興味を引き出す授業についてを教えていただきました。後編は、海外文化…

【指導計画】5年体育(器械運動)大きく・美しいマット運動!

マット運動は、技のポイントが明確であるため、掲示物や学習カードを工夫し、子供どうしが課題解決に向けて学び合う活動を充実させます。中学年までに取り組んできた、基本…

2019/11/2

【構造的板書】 算数「図形の面積」「プリント学習の時間」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の算数の「図形の面積」をテーマにして、 樋口万太郎先生(京都…

作文マイスター
言葉に敏感になり楽しく挑める作文の指導【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。今回は「作文マイスター」を育て…

2019/10/28

【先生のための学校】漢字つぶやき学習法

漢字学習を孤独な、個別な取り組みから、みんなで楽しくできる教室文化にするために、「漢字カルタ」の取り組みや『つぶやき漢字ドリル』の 取り組みを提案してきたのです…

2019/10/27

図形感覚と創造力を鍛える自由課題『大きさの異なるマスを作ろう』

準備やマル付けがいらない、ちょっとした空き時間にも使える課題。算数ノートのマス目を利用したアイディアをご紹介します。マス目に4個の点を打ち、それを結んで大きさの…

2019/10/27

【構造的板書】 国語「大造じいさんとガン」 「注文の多い料理店」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「大造じいさんとガン」「注文の多い料理店」をテーマに…

英語の実践アイディア前編
【ぬまっち流】英語の実践アイディア~前編~

日本に住みながら小学生が外国人と英語でコミュニケーションをとることは、簡単なことではありません。そんな環境の中で、英語や海外文化への興味を引き出すためにはどのよ…

もっと見る