• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【指導計画】4年体育 体つくり運動(多様な動きをつくる運動–移動・力試し・組み合わせ)

2019/8/7

執筆/山口県周南市立岐山小学校教諭 池永亜由美
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官 高田 彬成
山口県岩国市立東小学校教頭 前川 孝

授業づくりのポイント

「体つくり運動」は、体を動かす楽しさや心地よさを味わいながら、体の基本的な動きを培うことのできる運動です。「体ほぐしの運動」では、誰もが楽しめる手軽な運動を行うことにより、自分の心と体の関係に気付いたり、仲間と交流したりすることがねらいです。「多様な動きをつくる運動」では、体のバランスをとる運動・体を移動する運動・用具を操作する運動・力試しの運動といった、さまざまな運動につながる、体の基本的な動きを培うことがねらいです。

そのためには、子供が運動することに意欲をもち、活発に動くことが大切です。場を工夫したり、子供自らが動き方を選んだり工夫したりしながら運動できるようにしていきましょう。そうすることで、子供が楽しく、意欲的に運動に取り組み、結果的に動きのレパートリーが増え、動きの質を高めて、さまざまな動きが身に付くようになっていきます。夏休み明けのこの時期に体つくり運動を行い、体を動かすことの心地よさや仲間と交流することの楽しさに触れることで、心と体をリセットし、学校生活の楽しさを感じることができるでしょう。

単元計画例(全6時)

(1 ~ 4時間目は教師側が動きを紹介し、5・6時間目は子供が自分たちで動きを考えるという行い方を想定しています)

単元計画例
クリックすると別ウィンドウで開きます

苦手な子へは…

・動き方がわからない子供には、友達の動きの真似をして体を動かし、少しずつ運動に加わることができるようにしましょう。

・友達とかかわり合うことが苦手な子供には、意欲的な子供とペアやグループを組み、一緒にさまざまな運動に挑戦できるようにしましょう。

・運動への興味や関心がもてない子供には、易しい運動を提示したり、BGM を使ったりするなどの工夫をして、少しでも自分から運動に取り組もうとする姿をしっかりとほめましょう。

運動を楽しもう

導入では、「体ほぐしの運動」をして、心と体の両面で運動の準備を行いましょう。「体ほぐしの運動」では、「多様な動きをつくる運動」にかかわる動きを行うとよいでしょう。

前半は、教師の例示した動きを一斉に行ってみます。いろいろな動きに取り組む楽しさを味わいながら、基本的な動きが身に付くようにします。後半は、経験した運動を姿勢・人数・方向などの条件を変えることで、楽しさを味わえるようにします。工夫の視点を与えると子供自身でいろいろな工夫を見付けていくので、まずは教師から工夫した動きをいくつか提示しましょう。

体を移動する運動

ゲーム化をする際、「速くゴールしたほうが勝ち」とすると、どうしても動きが雑になってしまいます。動きの質を高めるためには、「ボールを落とさずゴールしたほうが勝ち」など、速さ以外の要素で勝敗を決めるとよいでしょう。

《言葉がけの例》
・どんなことに気を付けたらうまくできたかな。
・今度は後ろ向きに進んでみよう。
・どんな工夫をしたら、もっと楽しくなるかな。

【基本の動き】

・ボールを棒に乗せて移動する

ボールを棒に乗せて移動する

・いろいろなコースを走る

いろいろなコースを走る

【工夫した動き】

・運ぶボールを小さくする

運ぶボールを小さくする

・いろいろなコースを姿勢を変えて移動する

いろいろなコースを姿勢を変えて移動する

苦手な子へは…

・ 登る・下りるが苦手な子へは、肋木などに目印を付けて段階的に挑戦できるようにしたり、下りやすいように下にマットを敷いたりしましょう。

・ 歩いたり走ったりが苦手な子にはゆっくりと移動したり広い場所で行ったり、また、物を運ぶ場合には落としにくいものにしたりするなど、易しい条件を提示しましょう。

力試しの運動

教師からさまざまな動きを提案しましょう。また、力を入れるだけでなく、相手に合わせて力を抜く(加減する)ことも必要です。どんな場面で力を抜くとよいかを子供が考えながら行えるようにしましょう。

《言葉がけの例》
・体のどこに力を入れたらよいかな。
・どんなときに力を抜いたらよいかな。
・ 同じ動きでも、もっと楽しくなるにはどうしたらよいかな。

【基本の動き】

・ペアで綱引き

ペアで綱引き

・おんぶして運ぶ

おんぶして運ぶ

【工夫した動き】

・グループどうしで綱引き

グループどうしで綱引き

・じゃんけんおんぶゲーム

じゃんけんおんぶゲーム

苦手な子へは…

・ 人を押したり引いたりする動きが苦手な子には、ひざを曲げて腰を低くした安定した姿勢で行えるように、マットを敷くなどの配慮をしましょう。

・ 人を運んだり支えたりする動きが苦手な子には、補助をしたり、手のひらでしっかり地面や床を押し付けたりしてできるよう、手の向きやひじの伸ばし方を伝えたりしましょう。

1 / 2 ページ

関連する記事

授業記事一覧

小一算数 ペアワークで「子どもが教える」ことで定着する

学習の定着率を上げるためには「他の人に教える」ことが一番。(アメリカ国立訓練研究所が発表している「ラーニングピラミッド」という学習定着率を表す資料の中にあります…

小六の道徳とオリジナル教材「道しるべ」

山形県のある小学校で行われた佐藤幸司先生による六年生の道徳授業を紹介します。独自教材を使ったオリジナルの道徳授業には、学級経営にも生かせるヒントがたくさんありま…

2019/11/11

【ぬまっち流】海外への興味を駆り立てる!英語の実践アイディア

アメリカの大学院への留学経験がある、沼田晶弘先生(ぬまっち先生)に英語(外国語)と海外文化への興味を引き出す授業についてを教えていただきました。後編は、海外文化…

【指導計画】5年体育(器械運動)大きく・美しいマット運動!

マット運動は、技のポイントが明確であるため、掲示物や学習カードを工夫し、子供どうしが課題解決に向けて学び合う活動を充実させます。中学年までに取り組んできた、基本…

2019/11/2

【構造的板書】 算数「図形の面積」「プリント学習の時間」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の算数の「図形の面積」をテーマにして、 樋口万太郎先生(京都…

作文マイスター
言葉に敏感になり楽しく挑める作文の指導【ぬまっち流】

斬新な授業で、子どものやる気をグングン引き出すカリスマ教師「ぬまっち」こと、沼田晶弘先生が、低学年の自主性を育む実践を紹介します。今回は「作文マイスター」を育て…

2019/10/28

【先生のための学校】漢字つぶやき学習法

漢字学習を孤独な、個別な取り組みから、みんなで楽しくできる教室文化にするために、「漢字カルタ」の取り組みや『つぶやき漢字ドリル』の 取り組みを提案してきたのです…

2019/10/27

図形感覚と創造力を鍛える自由課題『大きさの異なるマスを作ろう』

準備やマル付けがいらない、ちょっとした空き時間にも使える課題。算数ノートのマス目を利用したアイディアをご紹介します。マス目に4個の点を打ち、それを結んで大きさの…

2019/10/27

【構造的板書】 国語「大造じいさんとガン」 「注文の多い料理店」

スッキリした分かりやすい構成で、子どもたちに伝わりやすい板書の書き方を目指す本シリーズ。今回は、小五の国語の「大造じいさんとガン」「注文の多い料理店」をテーマに…

英語の実践アイディア前編
【ぬまっち流】英語の実践アイディア~前編~

日本に住みながら小学生が外国人と英語でコミュニケーションをとることは、簡単なことではありません。そんな環境の中で、英語や海外文化への興味を引き出すためにはどのよ…

もっと見る