• 勉強マーク小学館ロゴ
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

【指導計画】4年体育 体つくり運動(多様な動きをつくる運動–移動・力試し・組み合わせ)

2019/8/7

執筆/山口県周南市立岐山小学校教諭 池永亜由美
編集委員/国立教育政策研究所教育課程調査官 高田 彬成
山口県岩国市立東小学校教頭 前川 孝

授業づくりのポイント

「体つくり運動」は、体を動かす楽しさや心地よさを味わいながら、体の基本的な動きを培うことのできる運動です。「体ほぐしの運動」では、誰もが楽しめる手軽な運動を行うことにより、自分の心と体の関係に気付いたり、仲間と交流したりすることがねらいです。「多様な動きをつくる運動」では、体のバランスをとる運動・体を移動する運動・用具を操作する運動・力試しの運動といった、さまざまな運動につながる、体の基本的な動きを培うことがねらいです。

そのためには、子供が運動することに意欲をもち、活発に動くことが大切です。場を工夫したり、子供自らが動き方を選んだり工夫したりしながら運動できるようにしていきましょう。そうすることで、子供が楽しく、意欲的に運動に取り組み、結果的に動きのレパートリーが増え、動きの質を高めて、さまざまな動きが身に付くようになっていきます。夏休み明けのこの時期に体つくり運動を行い、体を動かすことの心地よさや仲間と交流することの楽しさに触れることで、心と体をリセットし、学校生活の楽しさを感じることができるでしょう。

単元計画例(全6時)

(1 ~ 4時間目は教師側が動きを紹介し、5・6時間目は子供が自分たちで動きを考えるという行い方を想定しています)

単元計画例
クリックすると別ウィンドウで開きます

苦手な子へは…

・動き方がわからない子供には、友達の動きの真似をして体を動かし、少しずつ運動に加わることができるようにしましょう。

・友達とかかわり合うことが苦手な子供には、意欲的な子供とペアやグループを組み、一緒にさまざまな運動に挑戦できるようにしましょう。

・運動への興味や関心がもてない子供には、易しい運動を提示したり、BGM を使ったりするなどの工夫をして、少しでも自分から運動に取り組もうとする姿をしっかりとほめましょう。

運動を楽しもう

導入では、「体ほぐしの運動」をして、心と体の両面で運動の準備を行いましょう。「体ほぐしの運動」では、「多様な動きをつくる運動」にかかわる動きを行うとよいでしょう。

前半は、教師の例示した動きを一斉に行ってみます。いろいろな動きに取り組む楽しさを味わいながら、基本的な動きが身に付くようにします。後半は、経験した運動を姿勢・人数・方向などの条件を変えることで、楽しさを味わえるようにします。工夫の視点を与えると子供自身でいろいろな工夫を見付けていくので、まずは教師から工夫した動きをいくつか提示しましょう。

体を移動する運動

ゲーム化をする際、「速くゴールしたほうが勝ち」とすると、どうしても動きが雑になってしまいます。動きの質を高めるためには、「ボールを落とさずゴールしたほうが勝ち」など、速さ以外の要素で勝敗を決めるとよいでしょう。

《言葉がけの例》
・どんなことに気を付けたらうまくできたかな。
・今度は後ろ向きに進んでみよう。
・どんな工夫をしたら、もっと楽しくなるかな。

【基本の動き】

・ボールを棒に乗せて移動する

ボールを棒に乗せて移動する

・いろいろなコースを走る

いろいろなコースを走る

【工夫した動き】

・運ぶボールを小さくする

運ぶボールを小さくする

・いろいろなコースを姿勢を変えて移動する

いろいろなコースを姿勢を変えて移動する

苦手な子へは…

・ 登る・下りるが苦手な子へは、肋木などに目印を付けて段階的に挑戦できるようにしたり、下りやすいように下にマットを敷いたりしましょう。

・ 歩いたり走ったりが苦手な子にはゆっくりと移動したり広い場所で行ったり、また、物を運ぶ場合には落としにくいものにしたりするなど、易しい条件を提示しましょう。

力試しの運動

教師からさまざまな動きを提案しましょう。また、力を入れるだけでなく、相手に合わせて力を抜く(加減する)ことも必要です。どんな場面で力を抜くとよいかを子供が考えながら行えるようにしましょう。

《言葉がけの例》
・体のどこに力を入れたらよいかな。
・どんなときに力を抜いたらよいかな。
・ 同じ動きでも、もっと楽しくなるにはどうしたらよいかな。

【基本の動き】

・ペアで綱引き

ペアで綱引き

・おんぶして運ぶ

おんぶして運ぶ

【工夫した動き】

・グループどうしで綱引き

グループどうしで綱引き

・じゃんけんおんぶゲーム

じゃんけんおんぶゲーム

苦手な子へは…

・ 人を押したり引いたりする動きが苦手な子には、ひざを曲げて腰を低くした安定した姿勢で行えるように、マットを敷くなどの配慮をしましょう。

・ 人を運んだり支えたりする動きが苦手な子には、補助をしたり、手のひらでしっかり地面や床を押し付けたりしてできるよう、手の向きやひじの伸ばし方を伝えたりしましょう。

1 / 2 ページ

関連する記事

授業記事一覧

【指導計画】5年体育 表現運動「対決だ!激しい攻防・追いつ追われつ」

表現運動は、自己の心身を解き放し、リズムやイメージの世界に没入して、なりきって踊ることが楽しい運動であり、互いのよさを生かし合って仲間と交流し、踊る楽しさや喜び…

2019/8/18

視写を生かしたシンプルな国語授業で語彙力、文法力を伸ばす

体全体で文の内容を読み、それを書き写しながら意味を理解していくこと。それが視写です。視写にしっかり取り組めば、子どものやる気と集中力が高まったり、先生にとっては…

『ドラえもん』で授業を! 漫画を教材として活用しよう

「漫画は授業の教材として魅力がある」――そう語るのは、漫画を活用した授業実践で注目され、「学年別ドラえもん名作選」の監修者でもある、早稲田大学系属早稲田実業学校…

2019/8/15

【指導計画】5年国語 多様な情報を読み取り、自分の考えを深めよう

本単元では、自然保護のあり方に対して課題意識をもち、意見文にまとめていきます。意見文は、自分の立場を明確にしたあと、その立場から調べたことや考えたことを読み手に…

2019/8/13

くり~ごんぎつねが猟師にとどけたもの
【指導計画】4年国語「ごんぎつね」読んで考えたことを話し合おう

4年生国語「ごんぎつね」の指導計画です。叙述を根拠に話し合うことで、作品に対する理解を深めることができるようにします。また、読後の感想をまとめ、話し合うことで、…

2019/8/11

【指導計画】6年理科「月と太陽」

新・学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」に完全対応。6年生理科「月と太陽」をテーマに、生活経験を本単元で育んだ見方・考え方を働かせて関連付けて考えられるよ…

2019/8/8

【指導計画】4年体育 体つくり運動(多様な動きをつくる運動–移動・力試し・組み合わせ)

「体つくり運動」は、体を動かす楽しさや心地よさを味わいながら、体の基本的な動きを培うことのできる運動です。「体ほぐしの運動」では、誰もが楽しめる手軽な運動を行う…

2019/8/7

「対話的な学び」が深まる学校にするため管理職がすべきこと

ここ十年で間違いなく増えてきた、生徒たちの対話によって学びを深めていく方法。しかし、本当に効果的な対話になっているのか、それとも単なる会話に終わっているのか、指…

【指導計画】3年体育 みんなで Run! Run! Run! ~かけっこ&リレー~(走の運動)

走の運動は、かけっこ・リレー・小型ハードル走で構成されています。本単元では、意欲的に学習に取り組めるような活動の場を用意して、いろいろな競走を経験するようにして…

2019/8/5

【指導計画】1年算数「10より大きいかず」

「10より大きい数」の単元では、10 のまとまりに着目して、20 個より少ないブロックの数え方について考える活動を通して、「10 のまとまりといくつ」に分けて数…

2019/8/3

もっと見る