小6社会「天皇中心の国づくり」指導アイデア

関連タグ

執筆/埼玉県川口市教育委員会文化財課主査・井出祐史
編集委員/文部科学省教科調査官・小倉勝登

目標

世の中の様子、人物の働きや代表的な文化遺産などに着目して、遺跡や文化財、地図や年表などの資料で調べ、大陸文化の摂取や大化の改新、大仏造営の様子を手掛かりに、天皇を中心とした政治が確立されたことを理解できるようにする。

学習の流れ (6時間扱い)

問題をつくる(2時間)

○ 聖徳太子がめざした国づくりについて話し合う。
○ 聖徳太子が亡くなった後の国づくりについて話し合い、予想をもとに学習問題をつくり、学習計画を立てる。

〈学習問題〉
聖徳太子が亡くなったあと、だれがどのような国づくりをめざしたのだろう。

追究する(3時間)

○ 大化の改新の後、中大兄皇子や中臣鎌足によって天皇中心の新しい国づくりが行われたことについて調べる。
○ 大仏づくりの様子から、聖武天皇の願いや天皇を中心とする政治が全国に及んだことについて調べる。
○ 遣唐使や正倉院の宝物、鑑真の来日などから大陸との交流について世界地図などを活用して調べる。

まとめる(1時間)

○ これまでに調べてきたことをもとに、学習問題の結論について話し合う。

学習問題の結論について話し合う

導入の工夫

聖徳太子がめざした国づくりについて話し合い、聖徳太子が亡くなった後、国づくりがどのように行われたのか予想することで学習問題をつくるようにします。

1時間目

聖徳太子は、どのような国づくりをめざしたのでしょう。

この頃の国内外の世の中の様子や聖徳太子の業績、年表や世界地図などをもとに、話し合い、板書に整理します。

聖徳太子の業績・年表

2時間目

予想や調べたことをもとに学習問題をつくり、学習計画を立てます。

聖徳太子が生きている間に、めざす国づくりはできたのですか。

完成する前に亡くなってしまったのだよね。その後、どうなったのだろう。

年表の続きを調べると、その後に受けついだ人がいるみたいだよ。

学習問題
聖徳太子が亡くなったあと、だれがどのような国づくりをめざしたのだろう。

問題をつくる(2 /6時間)

聖徳太子が亡くなった後の国づくりについて話し合い、予想をもとに学習問題をつくり、学習計画を立てます。

まとめる(6 /6時間)

これまでに調べてきたことをもとに、学習問題の結論について話し合い、自分の考えを文章にまとめます。

発問の工夫

年表の中に、聖徳太子のめざした国づくり、中大兄皇子や中臣鎌足のめざした国づくり、聖武天皇の国づくりについて位置づけ、それをもとに学習問題の結論について考えられるようにします。

それぞれどのような国づくりをめざしたのか、これまでの学習をもとにまとめてみましょう。

聖徳太子にまつわる年表

聖徳太子は、法隆寺を建てたり、遣隋使を派遣したりして政治の仕組みを隋から取り入れて、天皇中心の国づくりをめざしました。

中大兄皇子や中臣鎌足は大化の改新で天皇中心の国をめざして改革したよ。年号もできたね。

大仏づくりの様子から、聖武天皇のときは、天皇を中心とする政治が全国に及んだことがわかりました。

ここでは、調べてきた大陸文化の摂取、大化の改新、大仏造営をもとに、聖徳太子から聖武天皇のそれぞれの業績を通して、天皇を中心とした政治が確立されていったことを、最後は自分の言葉でまとめさせることが大切です。

単元づくりのポイント

この単元は、大陸文化の摂取、大化の改新、大仏造営の様子の三つの事象を取り上げ、調べまとめることを通して、天皇を中心とした政治が確立されたことを理解できるようにします。そこで、この三つの事象のつながりを意識した単元展開にすることが大切です。

また、ここでは大陸文化の摂取などを扱うときに世界地図などを活用して、当時の世界との関わりにも目を向け、我が国の歴史を広い視野から捉えるように配慮することも大切です。


イラスト/横井智美、栗原清

『教育技術 小五小六』2020年7/8月号より

学校の先生に役立つ情報を毎日配信中!

クリックして最新記事をチェック!
関連タグ

授業改善の記事一覧

雑誌最新号